やりがい追求

やりがいを求めて給料を減らしてまで転職するのは正解なのか?

今の仕事はやりがいがない!
これからもずっと働くんだから、やりがいのある仕事をしたい!

昨今、転職理由の一つとして多いのが「やりがい」を求めることです。仕事に「やりがい」を求めることは何も悪いことではないですし、あった方が良いに決まっています。その結果、「やりがいがあるだろう仕事」や「やってみたかった仕事」を求めて転職します。

この転職の場合は「やりがい」を手に入れることが目的ですから、大概は給料が下がります。

ここで一つ、以下の疑問に答えて欲しいと思います。

給料を減らしてまでやりがいを追求する、本当にそれで良いんですか?

給料よりも大切なものがある!
お金だけが全てでなはい!
やりがいのある仕事に就いて給料を上げていけば良い!

これは間違いではありません。
でも、以下の二つの事実を詳しく知って、もう一度よく考えて欲しいんですね。

それは全て、将来的に後悔しないようにするためです。

 

1.仕事をすることの目的を再確認しよう!

何故、あなたは仕事をするのでしょうか?
働くことの目的とは何でしょうか?

この疑問についてよく考えて欲しいと思います。

そう、誰しもが「お金を稼ぐこと」が仕事する目的であって、決して「やりがいのある仕事をすること」が目的ではないはずです。強いては、その稼いだお金でより良い人生を設計することが目的かと思います。

  • 一定水準の生活すること
  • 遊ぶこと
  • 彼氏・彼女と楽しく過ごすこと
  • 結婚して家庭を築くこと
  • 子供を育てていくこと
  • 欲しい物を買うこと
  • 旅行すること
  • 趣味を楽しむこと
  • 将来に備えること

つまり、給料を減らすということは、お金を稼ぐ目的である「より良い人生を過ごすこと」に制限を加えることを意味するんですね。また、給料を減らす転職は、計画的に昇給していかないと「生涯年収」に大きな影響を及ぼします。

それでも問題ありませんか?
給料を減らす転職がもたらす影響まで考えていますか?
その転職は未来を見据えていますか?

例えば、「将来的に結婚して子供も作り、マイホームも欲しい!」と考えているとしましょう。ここで一つの事実をお伝えすると、結婚すると仕事に対する価値観は激変します。仕事のやりがい云々よりも、お金や家族と過ごせる時間が何よりも大切になります。

あなたがこの状況に直面した時、「あの時転職しなければ、もっと給料が多く、時間的にも余裕があったかもしれない・・・」と考えて後悔しませんか。いや、私は何よりもやりがい重視だから問題ない!と自信を持って言えますか?

未来を見据えず、一時の感情で転職することは危険をはらんでいる!

この事実をよく知っておいて欲しいと思います。

お金が全てではありません。
でも、お金はメチャクチャ大切です!

「だったら、やりがいを求めて転職するのは間違いなのか?」
「給料面を重視してやりがいのない仕事を続けるのが正解なのか?」

こんな疑問が頭をよぎりますよね。
是非、次の項目も読んで下さい。

 

2.やりがいは自分自身で見出すもので与えられるものではない!

これは勘違いしている人が多いので、しっかりと認識しておいて欲しいことです。

やりがいは会社や仕事に与えられるものではなく、自分自身で見出すものである!

これが正解です。

例えば、同じ仕事をしていても、「やりがいがあると感じる人」と「やりがいがないと感じる人」がいます。つまり、やりがいは「その仕事に対してどう考えるか」であって、自分次第ということが分かるかと思います。

また、あなたは「全ての人がやりがいを持って働いている仕事」「全ての人がやりがいを持って働いている会社」なんてものを聞いたことがありますか。

恐らく、聞いたことはないはずです。
何故なら、そんなものは存在しないからです!

転職して会社を変え、やりたかった仕事ができれば、初めは「やりがいがある」と感じるかもしれません。でもこれは、環境が変わったことによる高揚感、仕事を覚えていく喜び、新しい職場の仲間と密になっていく嬉しさなど、心の動きからきているだけです。

人はどんな環境でも慣れてきますから、次第にそれは薄れてきます。仕事も覚え、惰性でもこなせるようになります。そして、初めは感じていたはずの「やりがい」も薄れてきます。これは全ての仕事に当てはまります!

つまり、「転職という環境が変わることによってもたらされる(会社や仕事から与えられる)やりがいは長続きしない」ということなんです。

そんな状態でも仕事にやりがいを見出せるか。
結局それは「自分の考え方次第」なんですね。

あなたは、今の仕事に最初はやりがいや楽しさを覚えていませんでしたか?
または、少しはそう感じる部分はなかったですか?
でも、今は「やりがいがない」と感じている。
そうであるならば、転職しても同じことが起きます。
自分が変わらなければ、結局は何も変わりません。

また、人はその時の状況で「やりたいこと」「興味があること」がどんどん変わっていきます。つまり、「今、やりがいがある」と感じていることが、5年後・10年後も同じだとは限らないんです。また、仕事で昇給していきたいのならば、同じ仕事をずっと続けることもできません。

つまり、やりがいを追っていくと、一生転職を繰り返すことになります。

これが、やりがいのに関する事実です。

メッセージ

つまり、自分自身で見出す必要のある「やりがい」を求め、更に給料まで減らして転職すること。
これは、決して「正解だ!」「積極的にやりましょう!」とは言い難いことなんですね。

でも、これは一つの考え方であり、転職しない方が良いというわけではありません。
ただ、一度、深く考えて欲しいということです。

  • 給料が減ることによってどんな影響が出るのか考えていますか?
  • やりがいがあると思っている仕事、給料が上がる要素のある仕事ですか?
  • ライフスタイルや将来を考慮した上での給料減の転職ですか?
  • 今現在だけの一時的な感情に流されていませんか?
  • やりがいがあると思っている仕事、単に憧れだけでそう思っていませんか?
  • やりたい仕事ができれば、やりがいがあると思っていませんか?
  • 会社や仕事がやりがいを与えてくれると勘違いしていませんか?
  • やってみたらやりがいが無かった、そうなった時にどう行動するか決めていますか?

仕事、やりがい、人生、どれも複雑に絡まって難しいですよね。
だからこそ、本当に真剣に考えて後悔しない選択をして欲しいと思います。

転職とやりがいについては、「転職における”やりがい”について深く考えてみませんか」でも解説しています。興味のある方は参考までにご覧下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  2. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  3. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  4. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  5. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  6. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  7. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  8. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!