退職届

退職届を提出するタイミング(時間)は金曜日の夕方がベスト!?

円満退職するためには、退職届を出すタイミングというのも重要です。

最も揉め事が起きにくい理想のタイミングは、「金曜日の夕方(休日の前日)」に提出することです。これは、翌日が休みであり、その日はすぐに帰れる日時であることがポイントです。土日が仕事の人は、このポイントを満たしている日を選べばOKです。

あなたが退職届を出すことについて、上司が既に予想していることもありますが、多くの場合はそうではないはずです。突然辞めると言われれば、大なり小なり驚くはずです。すると、どんなことが予想されるかというと、「この忙しい時期に何を考えているんだ」と叱責を受けたり、「理由を聞こう」「考え直してみてはどうか」と慰留される可能性があるわけです。

仮に、月曜日に退職届を出したとしたら、それから毎日金曜日まで、休む間もなく慰留される可能性があります。そんなことになれば、その週はかなり悲惨な週になってしまうでしょう。

しかし、金曜日の夕方に切り出せば、翌日から休みを挟むので、当面はしつこく追及されることを避けられます。また、部下から突然退職届を出されて冷静さを失った上司も、週末の休みを挟めば冷静さを取り戻すはずです。結果、月曜日にはかなり冷静な話し合いができるでしょう。

 

休日前の提出には注意点も

金曜日の夕方(休日前)に退職届を出すことには、一つの懸念事項があります。それは、「飲みにでもいって話をしないか」と誘われる可能性があることです。この誘いに乗って上司に付き合ってしまうと、夜通しかけて慰留されるなんてことにもなりかねません。

お世話になった上司からの誘いならば「断るのは失礼だ」と思われるかもしれませんが、やはり、退職届を提出した日にお酒の席で話をするのは避けた方が無難です。ここは、「お話しは休日明けにお願いします」と丁寧に断ることをおすすめします。

お酒を飲むことで気持ちが高ぶり、熱い話を聞かされることで「やっぱり退職せずに頑張ります!」なんてことにならない為でもあります。

慰留には裏の意図が見え隠れすることも

上司の中には、本当に慰留したいから引き留めようとしているのではなく、「なんとかギリギリまで働かせよう」「今抜けられると自分が困るから」という思惑で難しいことを言ってくる人もいます。なので、どんなに慰留されようと「退職の意思は絶対に曲げない」という気持ちでいることが大切です。

結局、一度退職の意思を示してしまうと、慰留されて残ったとしても、昇進や昇給に影響を及ぼしてしまうことがあります。要は、「またいつか辞めるとも言いだしかねない」なんて目を向けられるものなんですね。また、転職先が決まっている状態であるならば、今の会社よりも、次の会社に迷惑をかけないことを優先すべきです。

結局、会社を辞める時に大切なのことは、「ルールを守ること」「感情的にならないこと」「意思を貫くこと」「残りの期間、可能な限りベストを尽くすこと」にあります。休日前などのタイミングにこだわり過ぎず、会社の規定通り前もって提出することも大切です。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 嘘

    職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  2. 転職中小企業出身

    転職の現実, 転職活動

    転職における中小企業出身者の強みと弱み
  3. 転職会社選び恋

    企業選び, 転職の考え方

    転職の会社選びは「恋」に似ている!?だから注意が必要!
  4. 転職するべきか迷ったら

    転職の現実, 転職の考え方

    転職するべきか迷った時の転職理由別の判断基準
  5. 30代の転職

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  6. 経歴書

    職務経歴書

    職務経歴書の「逆編年体」は読みづらくてマイナスに!?
  7. 転勤

    面接

    転職面接「転勤は可能ですか?」の質問に対するOK・NG回答例
  8. 経歴職歴

    面接

    転職面接「経歴(職歴)」の回答例と重要な訴求ポイント