まるばつ

履歴書には「書くべきこと」と「書いてはいけないこと」がある!

履歴書を作成する際に気を付けたいのが、履歴書には「書くべきこと(省略してはいけないこと)」と「書いてはいけないこと(書く必要のないこと)」があるということです。

履歴書(職務経歴書)とは何を伝えるべき書類なのか?

ここをしっかりと理解しておかないと、「履歴書だけで不採用・・・」なんてことにもなり兼ねません。あなたの作成する書類に誤りがないかを確認してみて下さい。

書くべきことを省略するのはNG

履歴書の各項目を素直に埋めていけば「書くべきこと」が漏れることはないのですが、中には勝手な解釈をして書くべきことを省略してしまう人がいます。

その代表例が次の2つです。

  • 年齢
  • 学歴

年齢に関しては、欧米で教育を受けた人(特に女性)なんかに多いのですが、年齢をあえて書かない選択をする人がいます。「年齢で差別されたくない」「年齢は関係がないはず」という思いからでしょうが、現実問題として、多くの採用の現場では年齢も一つの判断基準になっています。

もちろん、学歴や職歴から大まかに「年齢」は推測できますが、あえて履歴書に年齢を書かないタイプの人は、採用側にいらぬ手間をかけさせています。採用側としては、その時点で「付き合いづらい人物かもしれないな」と警戒心を持ってしまうのです。

学歴に関しても書かない人がいます。これは、「仕事の実績で評価して欲しい」「中途採用に学歴は関係ないはず」という考えからなのかもしれませんが、これも採用側を困らせています。こうした考え方は確かに一理ありますが、いずれも人物評価としてマイナスに働いているというのが実情です。

履歴書に「年齢」や「学歴」を書くのは当たり前のこととして認識されています。そのため、当たり前のことをあえてやらないタイプの人に対して、企業は警戒心を抱いてしまうのです。省略することがプラスに働くことはないので、内定獲得を第一に考えならば省略しないことです。

 

書く必要のないことを書くのもNG

履歴書(職務経歴書)作成の大原則は「選考に関係のないことは書かない」ということにあります。

それにも関わらず、書く必要のないことを書いてしまい、自ら評価を下げてしまう人もいます。「評価につながるか分からないけど、書いておいて損はないだろう」という誤った考えを持っていることが原因です。

その代表例をいくつかご紹介します。

  • 家族(家系)自慢
  • 高学歴自慢
  • 会社自慢

採用側からすると、配偶者や扶養家族の有無は、転勤可否や勤務時間などにつながる情報なので押さえておきたいところです。でも、それ以上の個人情報は選考時点では必要ありません。たとえば、家族の名前や職業は選考に関係のない情報です。

ところが、求職者の中には「息子が有名中学に通っている」「うちは〇〇家の末裔である」といった家族(家系)自慢をする人もいます。本人からすれば誇らしいことかもしれませんが、他人の目から見れば無用な情報でしかありません。こうしたアピールは逆効果なので絶対にやめましょう。

次に、高学歴や会社の自慢ですが、これは無意識のうちにやってしまっていることがあるので注意が必要です。

たとえば、高学歴な人であればある程、職務経歴書の目立つ場所に、自分の学歴を書く傾向があります。また、「一部上場の業界最大手グループの〇〇社に勤務。グループ社員総数は◇◇万人、連結売上〇兆円」というように、企業の業績を延々と書いている人もいます。

「私は一流難関大学に入れるくらいの頭脳を持っている」「自分は業界最大手の会社に入社できたほど優秀だ」と自慢したいのでしょうが、こうしたアピールも全くの逆効果です。採用側はとても冷めた目で見ている!ということを知っておいて下さい。

家族(家系)、高学歴、会社など、アピールするものを間違ってしまうと、「この人はこれしかアピールすることがないんだな」と思われて終わりです。履歴書(職務経歴書)は何を伝えるべき書類なのか、ということをしっかりと考えて作成するようにしましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  2. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  3. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  4. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  5. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  6. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  7. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  8. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。