転職の人間関係

転職先で人間関係に失敗しない為の4つの行動指針

働く上で人間関係は極めて重要だ!

人間関係の良し悪しは仕事のやり易さに影響しますが、何よりも「心に与える影響が大きい」からこそ重要なんですね。心が充実していれば、少しくらい仕事が厳しくてもやっていけるもので、逆に心が沈んでいると、どんな仕事をしていても充実感を得ることはできません。

だからこそ、人間関係は働く上で極めて重要なんですね。
そして、これを分かっているからこそ悩むんだと思います。

  • 転職したいけど、転職先の人間関係が不安で動けない
  • 転職したいけど、人間関係が良好な今の職場を捨てるのはもったいない
  • 人間関係の改善を目指して転職を考えているが、転職先でも同じ問題を抱えないか心配

状況は違えど、「転職先の人間関係に不安を抱いており、それが解決できれば転職したい」という想いは同じです。ただ、残念ながら入社前にこの問題を根本的に解決できる方法はありません。何故なら、人間関係は「入社して実際に働いてみないと分からない」の代表例のようなものだからです。

また、人は常に入れ替わるので、今は良くても、未来がどうなるかは分かりませんよね。それ故に、面接では聞くべきではないですし、聞いても「人間関係は良くありません」と回答する面接官も存在しません。

つまり、一つの事実を言うと「人間関係は心配しても仕方のないもの」でもあるんですね。だからこそ転職者がすべきことは「心配すること」ではなく、「人間関係を良い方向へと導く(悪化させない)行動をすること」なんです。

ここでは、そんな「良い人間関係を築く上で大切な4つの行動指針」を示します。

 

1.謙虚な姿勢で臨む

転職すると、あなたは年齢や経験に関わらず「新人」となるので、転職先では全ての人が先輩となります。それ故に、配属先の同僚や上司が年下であっても、全ての人に謙虚な姿勢で接することを心掛けましょう。敬語やこちらからの挨拶しかり、謙虚な姿勢で素直に教えを請える人は好感を持たれます。

逆に、この社会人としての常識を守れない人は、人間性を疑われてしまいます。

これが原因で入社初期に関係を悪化させてしまうと、仕事などあらゆる面に悪影響を及ぼします。良質な人間関係を築く上でも「謙虚な姿勢」を大切にしましょう。ある程度の年齢を重ねている人や部下を率いて働いてきた人は特に注意したい部分です。

2.受け入れる心を持つ

会社が変われば、仕事のやり方、慣習、風土も当然変わりますから、入社直後は「その会社の全て」をそのまま受け入れましょう。

また、仕事の範囲や役割も変わりますから、想定外の仕事や雑用であっても「自分の仕事ではない」「そんな事もしなければならないのか」と考えず、すぐには貢献できない自分の役割だと認識して素直な心でこなすことです。

改善提案や変化は、ある程度仕事を覚え、同僚と関係を構築した後に行うのがベストです。優れたキャリアを持ちながらも、この様な姿勢で仕事に取り組める人の評価は上々です。

3.前の会社と比較しない

前の会社と比較しての発言(「前の会社はこうだった」「まだこんな古いシステム(やり方)を使ってるんだ」など)にも気を付けましょう。転職先への不満と取れる発言を繰り返すと、壁を作られる原因になります。上記と同様、まずは受け入れることです。

また、転職することは「前の会社の全てを捨てて、新しい会社で再出発すること」を意味します。そこに前の会社との比較を出しても意味はありませんし、既存社員からすると「じゃ、なぜ転職してきたんだ」と思ってしまいます。あなたも、会社を比較して批判するために転職したわけではないでしょうから、批判的発言には注意しましょう。

ただ、経験してきたことを転職先で活かすことは大切ですから、改善できる点があれば、それができる環境(立場・期間)を経てから提案しましょう。まずは、周囲が自分を受け入れ、信頼を寄せてもらえるように行動することが大切です。

変革を期待されて入社したとしても、急ぎ過ぎないことです。

4.仕事ができる人を目指して行動する

会社というものは「仕事を通して成果を出し、その見返りとしてお金を稼ぐ場所」ですから、「仕事ができない人」というレッテルを貼られると、これもまた人間関係を悪化させる原因になります。

例えば「冷たくあしらわれる」「丁寧に教えてくれない、」「きつく当たられる」などが起こり得ます。これも人間性の問題ですが、往々にしてよくあることです。

転職者を迎える側というのは、「どんな人なんだろう」と人間性を気にしているのと同時に、「どれくらい仕事ができるのだろう」と仕事力にも注目しています。そんな中で、仕事を覚えない、積極的に取り組まない、遅い、同じミスを連発するという事が多いと、「仕事ができない人」というレッテルを貼られます。

これが現実ですから、入社直後は特に仕事に対して全力で取り組まなければなりません。仕事においても「ファーストインプレッション(会社でいうと最初の3ヶ月程度)」はとてつもなく重要で、入社直後は、新しい環境・人・仕事に慣れるだけでも大変な時期ですが、今後の為に一層の努力が求められる時期でもあります。

仕事ができる人を獲得する為に、入社してからしばらくの間は、次のことを意識して仕事に取り組みましょう。

  • 教えられたことはその日の内に習得する(帰宅後に復習する)
  • 一度教わった業務に対しては自発的に取り組む(積極性)
  • 不明点は自分から積極的にどんどん聞く(早期戦力化を目指す)
  • 全ての業務をスピードを意識して行う

会社は学校ではないので、成果を出さなくてはなりません。その為、成果を出せる(仕事できる)人と成果を出せない(仕事ができない)人に対する扱いに違いが出るのはある意味当然でもあります。実力主義の会社はこの傾向が強いですし、プロスポーツの世界を見ると分かりますよね。

この「仕事の取り組み方(できる・できない)が人間関係に影響を及ぼしていること」は自分では気付きにくいものです。でも、これが社会の現実ですから、自分の仕事の取り組み方に問題がないかを確認しながら働きましょう。

 

 

最後に!

転職先の人間関係に不安を抱いているならば、解決できないことを心配をするよりも、この4つの行動指針通りに行動することを誓って下さい。そうすれば、人間関係が悪い方向に進むことはないでしょう。

人間関係は、他人が作るだけではなく、あなたもその要因である!

この事実をしっかりと頭に入れておきましょう。
人間関係が悪いところに入ったとしても、あなたがそれを変えることも可能なんですよ。

自信を持った行動で臨めば、人間関係は自然と上手くいきます。

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. DODA

    エージェント

    DODAが「面談してくれない(面談なし)」たった一つの大きな理由!
  2. ヘッドハンティング

    転職の考え方

    ヘッドハント転職とは?意味を知らずして成功は得られない!
  3. リクナビNEXT

    転職サイト

    リクナビNEXTの口コミ評価(特徴、メリット、デメリット)を探る!
  4. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントの登録方法とその後のサービスの流れ
  5. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントは再利用が可能なのか調査してみました!
  6. 働く女性

    女性の転職

    30代女性が事務職への転職でアピールすべき「安心・安定感」とは?
  7. OK

    エージェント

    転職エージェント土日対応一覧表!
  8. ミイダスマーク

    転職サイト

    MIIDAS(ミーダス)の登録方法(画像付)解説