リクナビネクスト「応募歓迎」の真意と内定の得やすさを考察!

リクナビネクストに追加された「応募しませんか?/面接に来ませんか?(応募歓迎)」という新機能。

転職者にとって価値のあるものなんでしょうか。

「応募歓迎経由で応募したら、選考が有利に進むの?」
「通常応募よりも内定が得やすいの?」

このページを見て頂いているということは、あなたもこの種の疑問を抱えているのではないでしょうか。

解決しましょう!

応募歓迎からの応募にメリットはなし!?

ここは先に結論をお伝えします。

応募歓迎経由の応募に、選考が有利に進んだり、内定が得やすいといったメリットは一切ありません!

残念ながらこれが嘘偽りのない真実で、応募歓迎経由で応募しても、通常応募と同じく普通に選考が行われるだけです。採用の本質を考えると、応募歓迎という新機能から応募してくれたからといって、便宜を図ることは絶対にありません。

A「応募歓迎経由で応募してきたまずまずの人」
B「通常応募経由で応募してきた優秀な人」

たとえば、上記A,Bの候補者がいたとした場合、企業は100%「B」を採用します。
これが採用の本質であって、企業からすると当たり前のことです。

それ故に、応募歓迎経由の応募に特別な効力はありません。

気付き

じゃ、なんでこんな機能が追加されたのか?
これも簡単で、より多くの応募者を求人掲載企業に送るためです。

リクナビネクストからすると、求人を掲載してくれた企業に応募が集まらず、「この転職サイトは使えない!」と判断されることは避けなければなりません。何故なら、他の転職サイトに乗り換えられると、売上が減少してしまうからです。要は、転職サイト側の都合も見え隠れしているわけです。

元々、リクナビネクストにはオファー機能が存在しますが、恐らく効果が薄くなってきたんでしょう。だから、新鮮味を出すために新たに「応募歓迎」を導入したんだと思います。だって、名称が異なるだけで、オファー機能と何ら変わりありませんからね。

もう一つ、今の転職市場は採用側にとっても厳しい面があり、単に求人を出して待っているだけでは、ほとんど応募が集まらないといった事情もあります。特に、知名度の低い企業はこの傾向が強いです。だから、企業側からアクションを起こして応募を募ることができる機能でもあるんですね。

ここまでくれば何となくは見えてきたかと思いますが、応募歓迎は「転職者の為の機能というよりも、どちらかというと企業側(転職サイト側)の為の機能」なんですね。

これが真意となります。

 

企業の担当者はレジュメを見て送っているのか?

私は内部の人間ではないので推測になりますが、以下のように考えます。

  • 応募しませんか ⇒ 自動マッチング・自動送信
  • 面接に来ませんか ⇒ 企業の担当者がレジュメを見て送信

オファー機能で例えると「応募しませんか = 興味通知オファー」「面接に来ませんか = プライベートオファー」に該当すると思われるので、恐らくこの認識で間違いはないでしょう。

つまり、本当の意味で応募を歓迎されているのは「面接に来ませんか?」だけであり、「応募しませんか?」に関しては、「あなたは応募条件を満たしているので、応募を検討しませんか」という単なる求人案内ですね。

メリットはなくても価値はある!

これまでの内容を踏まえると、一見、価値の無いように感じる「応募歓迎」ですが、実はそんなこともありません。何故なら、この機能は、内定獲得において重要な「企業とのマッチングが成立していること」を知らせてくれるものだからです。

基本的に転職は「企業の求める経験・スキル ≦ あなたの持つ経験・スキル」が成立して初めて採用が考えられます。つまり、自分の市場価値と企業の求める基準のマッチングが必要不可欠なんですね。でも、自身の市場価値を正確に把握するのは難しいことですし、求人情報から企業の求める人物像を読み解くのも簡単ではありません。

だから、マッチングの成立を知らせてくれる機能には価値があるんです。

特に、「面接に来ませんか(応募歓迎)」に関しては、企業の担当者があなたのレジュメを確認した上での送信なので、企業の採用基準を十分に満たしていることを意味します。つまり、内定を獲得できる可能性は大いにあるということです。

応募歓迎は転職者にとっても一定の価値が存在する機能なので、一つの出会いだと考えて検討してみるのも手です。ただ、選考が有利になる等のメリットは無いので、応募歓迎企業を特別視する必要はありません。

いつも通りの基準で企業研究を行い、応募を検討して下さい!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  2. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  3. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  4. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  5. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  6. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  7. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  8. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット