転職回数

面接で「転職回数が多いようですが~」と聞いてくる質問意図と回答例

転職の面接では、転職回数が多い人に対してのみ問われる質問があります。

転職回数が多いようですが、何か理由はありますか?
転職回数が多いようですが、当社もすぐに辞めるのではないですか?

転職回数が多い人にとっては最も嫌な質問かと思いますが、その道を歩んできたのは自分自身の判断です。ここは、しっかりとその事実を受け止め「採用側が納得する答え」を示さなくてはなりません。

採用側が納得する答えを提示できないと、「この人は採用してもどうせすぐに辞めるだろう」と思われて終わりです。その意味で、この質問は「合否をも左右する重要な質問」ですから、企業側の質問意図をしっかりと把握し、適切な答えを準備しておきましょう。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業側はこの質問の回答に何を期待しているのでしょうか。
まずは、企業側の質問意図を把握しましょう。

  • 転職を重ねてしまった理由を正直に聞かせて欲しい
  • その上で、当社での仕事に対する確固たる決意をアピールして欲しい
  • またすぐに辞めるような人物でないかを探りたい

転職回数が多いことは、ごまかしようがありません。今までの退職理由が全て「会社が倒産した為」といったやむを得ない事情であれば問題ありませんが、恐らくそんなことはないはずです。

だからこそここは、転職回数の多さについてその要因を正直に伝えた上で、反省の弁を述べるなどして誠実さを伝えることが大切になります。その上で、志望動機や仕事への想いを熱く語り、「御社は絶対に辞めない!」という覚悟を宣言する必要があります。

正直

「正直に答えると不採用になってしまう・・・」

この質問はこのように誤解されていることが多く、嘘やごまかしで回答する人が後を絶ちませんが・・・はっきり言います、100%バレます!で、嘘を付く人を採用したいと思う企業は存在しませんから、まず間違いなく不採用となります。

大丈夫!
正直に話して「反省の弁」と「今後の熱意」を伝えましょう。

転職を何回も繰り返す人が「面接で相手を納得させられる理由」を持っていることは稀です。これは、採用側も至極承知しているので、下手な嘘やごまかしは通用しません。話の整合性、話し方、態度で嘘は絶対に見破られます。

ここは考え方を変えましょう。面接に呼ばれたということは、あなたに見るべきところがあるということです。なので、「過去のことは反省し、今後は御社に貢献する(辞めない)」をアピールすれば問題ないんです。

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」について見ておきましょう。

「今までの会社はブラック企業で、残業が月に〇〇時間もあって~」
 
「会社の方針に納得がいかず~」
 
「上司とそりが合わなかったので~」
 
「辞める辞めないは、御社の職場環境や仕事内容によるかと思います。」

ブラック企業だから、会社が、上司がなど、「転職回数が多くなった原因は自分にはない」といった他責の回答は絶対にいけません。転職理由が「他責」であること自体の心象が最悪ですし、「そもそもあなたにも原因があるのでは?」と思われておしまいです。

また、最後の回答例のように、「またすぐに辞めてしまうのでは?」と思われるような回答も避けなければなりません。採用する側からすると、怖くて雇えません。

OK回答例

この質問の回答としてはどんな内容が適切なんでしょうか。
OK回答例からそのポイントを探りましょう。

<OK回答例1>
新卒就活時は大手企業ばかり受けて全滅し、最後は働ければどこでもいいという感じで、最初の会社に入りました。しかし、やりたい仕事でもなく適正も無かったので、すぐに辞めてしまいました。
その後も、何をやりたいか、何がむいているかを真剣に考えることなく、入っては辞めるということを繰り返してしまいました。これは誰のせいでもなく、自身の甘い考えが原因であり、猛省しています。
今は、大学で学んていた会計学を活かした仕事でキャリアを全うすると決め、今回の失業期間を利用して、職業訓練のFP・会計マスター科を受講し、簿記とFPの資格も取得しました。年齢的にも今回をラストチャンスと捉えており、御社での仕事に全力で臨む覚悟です。
 
<OK回答例2>
20代で4社目ですから、そのように思われても当然だと思います。過去の転職の多さに関しては自覚しており、いくら言い訳しても意味が無いことも承知しております。
今までは、少しでも気にくわないことがあると、次を探せばいいやという安易な考えで転職を繰り返していました。
しかし、30代を目前に控えた今、新たな仕事に就くことが非常に厳しいことを痛感しており、いつまでもこんな考えが通用しないことを自覚しております。今回の転職を最後とし、自分に甘えることなく邁進していく覚悟です。
もし、御社で働かせていただけるのであれば、働くことができる有難さを深く噛み締めながら、懸命に仕事に打ち込む決意でおります。

 
この回答例が示す通り、転職回数が多くなった要因と反省の弁を述べ、今後の覚悟を語ることが正しい回答となります。嘘やごまかしを語るよりも、この方が何倍も好印象となります。

また、嘘やごまかしで逃れようとすると、面接が「嘘を隠す面接」になってしまうので非常にしんどいです。私も3度転職しましたが、常に「嘘を隠す面接」をやっており、嘘がバレないか、嫌な部分を突っ込まれないか、そんな事ばかり気にしてしまい、肝心な部分が抜け落ちていましたね。

当然、結果は連戦連敗です。
あなたも絶対に同じ過ちを犯さないようにして下さい。

自分の不利な部分は素直に認め、「前向きな面接」を行って下さい。
その方が、あなたにとって100%プラスとなります。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. ハタラクティブ

    エージェント

    ハタラクティブは「ニート」の就職もサポートしてくるのか?
  2. いい就職ドットコム

    エージェント

    いい就職ドットコムの「評判」から利用メリットを探る!
  3. 確率

    職業

    声優の「成功率」は3000分の1にも満たないという話です…
  4. ビジネスクエスチョン

    転職活動

    一度落ちた会社に「再応募」することは可能なのか?【転職編】
  5. めりでり

    職業

    幼稚園教諭免許状「一種と二種の違い」と「メリット・デメリット」に迫る!
  6. 閃き

    面接

    面接回数が「多い」ことは会社と求職者の双方にメリットが!
  7. 転職求人探す

    初めての転職, 転職活動

    転職の求人の探し方「6選」特徴とメリット・デメリット
  8. マイナビジョブ20s

    エージェント

    マイナビジョブ20’sの登録方法とその後の流れを解説