転職面接壁

転職面接の「壁にぶつかったことは?どう乗り越えましたか?」の回答例

仕事をしている以上、誰もが何らかの「壁(困難)」にぶつかった経験をお持ちかと思います。面接においては、以下の類いの文言で「どんな壁にぶつかり ⇒ どう行動したか」といったことが探られます。

  • 今まで壁にぶつかった経験はありますか?また、その壁をどう乗り越えましたか?
  • 仕事で上手くいかなかった経験はありますか?その際、どう行動しましたか?
  • 仕事上で困難を乗り越えた経験があったら教えて下さい!

この質問は出現頻度が非常に高く、回答如何で評価が大きく分かれる良問です。

なぜ企業がこの種の質問を多用するかというと、この質問の答えには「応募者の人と成り」が如実に表れるからです。そう、要するに「あなたは本当はどんな人物なのか(どんな考えを持っているのか)」が探られているわけです。

一般論として「困難な状況に追い込まれると本性が出る」「ピンチな時ほどその人がよく分かる」なんてことがよく言われますよね。正にこの「仕事バージョン」なのがこの質問なのであって、如何に重要かは理解いただけると思います。

そのため、面接に臨むにあたっては、企業の質問意図を理解した上で「自身の価値を高めるような回答」を準備しておく必要があります。

ここでは、そんな重要項目である「壁(困難)」に関する質問について、「企業側の質問意図」「NG回答例」「OK回答例」を交え詳しく解説していきます。あなたの回答を支えるヒントになれば幸いです。

 


 

企業の質問意図 ~ここが知りたいポイント~

企業はこの質問の回答から何を探ろうとしているのでしょうか? 適切な回答を準備するため、まずは「企業の質問意図」を把握しましょう。

<企業の質問意図>

  • 応募者の人と成り、考え方、仕事に対する姿勢のホントを探りたい
  • 壁(困難)の内容と共に、乗り越えた経験から何を得たのかを具体的に聞かせて欲しい
  • 壁(困難)にぶつかった経験はない、乗り越えられなかった(逃げた・避けた)は論外

 
冒頭でお伝えした通り「応募者の本質」を探る意図があると同時に、企業側は壁(困難)を乗り越えた経験が「現在のあなたの考え方や働き方にどう影響を与えているのか」「今後の仕事にどう活きてくるのか」を知りたいと考えています。

そのため、企業の意図を無視した「特にそのような経験はありません」「何事も順調にこなしてきました」「乗り越えられませんでした」という類いの回答は論外になります。仕事をしている以上、何かしらの壁にぶつかった経験は誰もが持っているはずです。

企業は何も映画や小説ばりの「大きな苦難からの大逆転劇」を求めているわけではありません。ここは話の大小を気にせず、「壁を乗り越えるための取り組み」や「地道な努力の積み重ね」を具体例とともに語るようにしましょう。

また、転職は「社会人経験を持つ人物」を募る場ですから、質問の文言に「仕事上で」「働く上で」といった指定がなかったとしても、仕事上のエピソードを語りましょう。転職の面接において、学生時代のことやプライベートな出来事を語っても効果は薄いです。

NG回答例

実際の面接でよくある「NG回答」について見ておきましょう。

「特に壁にぶつかった経験はありません。どんなことでも臨機応変に対応してきたと自負しています。」
 
「上手くいかなかったことはいくつかありましたが、その都度何とか乗り越えてきました。」
 
「私にとっては大学受験が一番の壁でした。うちは裕福な家庭ではなかったため~」

 
企業の質問意図を考えると、克服の経験を語らないのはNGです。「自分を客観視できていない」「ただの自信家」とマイナスに捉えられる可能性があります。実際にそうした人もいるでしょうが、ここは「面接の場」であることを理解し、適切な回答を準備しておくことです。

また、具体性に欠く「何とか乗り越えてきました」といった類の回答もNGで、企業側が知りたいポイントが入っていないので、あなたがどんな人物なのか評価できません。

最後の例文のように、学生時代のことをテーマとして話すのは必ずしもNGではありませんが、応募企業での仕事の貢献期待度に結び付けるには、丁寧かつ詳細な説明が必要になります。

採用側は「あなたが壁を乗り越えて得た経験や考えが、自社でどう活かせるのか」を見極めたいと考えています。この点を考慮すると、仕事以外のことを語るのは避けた方が無難でしょう。

 

OK回答例

この質問の回答としては、どんな内容が適切なんでしょうか。OK回答例からポイントを探りましょう。(ここでは「営業職 ⇒ 同業界の営業職」への転職を例にしています)

前職の営業での話になりますが、成績不振で辞めざるを得ない状況に追い込まれたことがあります。周りが着実に数字を伸ばす中、私は数字を出せず、この仕事に向いていないとまで考えていました。「数字を残せない人間は去れ」という社風であったのですが、これで本当に辞めて良いのか、転職先があるのか、こんな不安に襲われていたことを覚えています。
 
ただ、悩んでいても前に進めないので、あと半年だけ全力でやってみようと決心し、訪問件数は人の倍、テレアポも毎日200件を目標に設定しました。これを実践してもしばらくは数字に結び付かず、やっぱり駄目かと諦めかけたこともありました。しかし、その取り組みを始めて2ヶ月が経過した時点から、徐々に商談が増えていきました。
 
この経験から「これまでは量が足りなかったのだ」と反省し、その後は量をこなすことに注力し、今では〇〇部門で2年連続で表彰を受けるなど、誇れる実績を残せるまでになっています。

 
この回答例は、「仕事でどんな壁にぶつかり、それをどう乗り越えたのか」を具体的に分かりやすく語ることができています。

あなたが、面接官だと仮定した場合、この回答から何を感じるでしょうか。

「困難にぶつかっても逃げない」
「自ら目標を設定して前向きに取り組める」
「行動から学べる」
「結果を出せる」

こんな人と成りが連想でき、「この人であれば当社の営業でも成果を出してくれるだろう」という期待感を感じませんか? これが、この質問の目指すべきところです。

採用側があなたの話を聞いてどう感じるのか?

この点を意識して回答を準備しましょう!

この回答で期待感を抱かせることができれば、内定確率を高めることに繋がります。この質問はあなたの価値を底上げしてくれる良問なのです。上手く利用しない手はありません。

 

 

関連記事

転職サイトランキング