不採用?

転職の面接で入社日を聞かれない場合は不採用!?

転職面接では「入社日(入社可能時期)」について問われるのが一般的です。

「いつごろ入社できますか?」
「入社可能な時期を教えて下さい!」
「当社とご縁があった場合、いつから入社できますか?」

この質問は最終面接で問われることが多く、「聞かれたから内定確実!?」「聞かれなかったから不採用!?」と一喜一憂してしまう質問かと思います。

実際のところはどうなんでしょうか?

この点について解説していきます。

 

質問有無と合否の関係

ここは先に結論をお伝えします。

入社日の質問有無は合否と全く関係がありません!

これがこの疑問の答えです。

合否に関係がない3つの理由

ここでは、「入社日(入社可能時期)」の質問有無が合否に関係がない理由を解説します。

  1. 入社日を問わない企業も存在するから
  2. 転職市場には、この質問をする企業としない企業が存在します。
    それ故に「聞かれない = 不採用」は全く成り立ちません。

  3. 定型質問である可能性が高いから
  4. 面接には全ての候補者に聞く「定型質問」というものが存在します。そして、この「入社日(入社可能時期)」に関する質問は「定型質問」である可能性が極めて高いです。つまり、採用・不採用の基準で聞くのではく、誰にでも形式的に聞くということです。

  5. 別の意図が隠されているから
  6. この質問には、言葉通り「入社日(入社可能時期)を聞きたい」という意図もありますが、もう一つ別の意図が隠されています。それ故に、採用側の質問意図を無視した誤った回答をしてしまうと、不採用の原因となってしまうことも。(詳しくは「転職面接における入社可能日の質問意図と回答例」で解説しています。)

 
以上、3つの理由で質問有無は合否に関係ありません。

これが事実ですから、一喜一憂するのはやめましょう。
何よりも、質問有無で合否が表に出るほど面接は単純なものではありません。

  • 入社日を聞かれたからといって、内定確実だと過信するのは危険です!
  • 入社日を聞かれなかったからといって、不採用だと落ち込む必要もありません!

合否は気になるのはわかりますが、待っていれば結果は届きます。
あなたが「今」しなければならないことは、最悪の可能性を想定して活動を継続することです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. もったいない

    転職の考え方

    転職するのがもったいない人!あなたは得難いものを捨てようとしているかもしれない
  2. 分析

    面接

    転職の最終面接の結果が「遅い」・「早い」がもたらす真実に迫る!
  3. リクルートとdoda

    エージェント

    リクルートエージェントとDODAを比較検討しよう!
  4. 会社を辞めて転職活動

    転職の現実

    会社を辞めてから転職活動する前に知っておいて欲しい10のこと
  5. 真実と嘘

    職務経歴書

    職務経歴書の適正枚数は2枚!という常識に潜む嘘とは?
  6. キャリアダウン

    転職の現実

    退職後の転職活動は不利でかつキャリアダウンの可能性も高まる!
  7. お礼

    エージェント

    転職エージェントにお礼の菓子折りは必要無し!?
  8. ない

    転職の悩み

    転職で応募したい会社がない!その原因と対策を真剣に考えよう!