テスト

面接「あなたは弊社で何ができますか?」の答え方と模範回答例!

企業が中途採用を行う理由の一つに「即戦力の確保」があります。

これをダイレクトに問うのが「あなたは弊社で何ができますか?」「あなたは弊社にどう貢献できますか?」といった質問です。要するに、「あなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれているのであって、ここで言う「何ができるのか?」は会社の利益に直結する部分です。

中途採用の面接において最重要と言える質問ですから、応募先企業に入社した場合に「自分は何ができ、どう利益に貢献できるのか」を堂々と伝えなければなりません。この種の質問の回答では、「〇〇できると思います」ではなく、「〇〇ができます」という断定が求められていると認識しておきましょう。

自信なさげな曖昧な表現を行う人は、採用リスクを考えると怖くて雇えませんからね。

もちろん、「会社が求めるもの」と「自分のできること」の方向性がずれていては本末転倒です。求人情報はもとより、企業HP、インターネット、人脈などをフル活用して、応募先企業で求めている人物像を深いレベルまで調べ上げ、アピールすべき「できること」を考えましょう。

 


 

数値や具体的なエピソードを交えて根拠を提示する!

自信を持って堂々と断定口調で伝えよう!とは言っても、自己申告レベルの「できる」では、相手方を納得させることはできません。基本、企業は求職者の言葉を疑っているので、「できる」と断言する根拠を提示する必要があります。

そこで重要なのが、自身のこれまでの実績(数値)や取り組みといった具体的なエピソードを加え、説得力を強化するということです。

<販売職(店長候補)への応募の際の模範回答例>
 
私は店舗スタッフの人材育成を行うことができます。前職では2店舗の店長を経験し、両店とも顧客満足度部門において関東ブロック1位の好成績を残すことができました。この背景には、正社員だけでなく、アルバイトスタッフにも接遇・マナーを徹底的に教え込んだことが挙げられます。
 
店舗は自動販売機ではなく、スタッフが接客してこそ成り立ちます。たった一人のスタッフでもお客様にぞんざいな接客をしてしまうと、それが店舗の評価に直結します。だから、多くの時間を割いてでも人材育成は必要不可欠と考え、徹底してきました。このスキル・経験を、ぜひ御社の店長職で活かしていきたいです。

 
この模範解答は、応募先企業では離職者が多く人材がなかなか育たないことを、事前に情報として仕入れていたため、これに合わせる形で「できること」をアピールしています。その後に、具体的な実績(顧客満足度部門において関東ブロック1位)と要因を述べることで説得力を強化しています。

数値に関しては、「絶対に輝かしいモノ(No.1など)でなければならない!」というわけではありません。たとえば「売上前年比105%」などでも全く問題はありません。多少の脚色は問題ないでしょうが、「本当か?」と疑いたくなるような脚色は逆効果となる場合もあるので注意しましょう。

数値で提示できない場合は、「何がどう変わったのか」「どんなプラスアルファがあったのか」を具体的なエピソードを交えて語るようにしましょう。

 


 


関連記事


転職サイトランキング