給料下げる

給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!

転職は給料が下がるのが普通、上げるのは意外に難しい!

転職前の会社の給与水準があまりにも低い、即戦力として成果を出せる経験・実績・スキルを有しており、かつ面接で相手を納得させることができる。というのであれば給料UPは可能ですが、その他の場合は下がるのが一般的です。

何もここでの話は「給料が下がる転職はしない方が良い」というものではありません。でも、その転職は「できるだけ若い内(25,26歳まで)行うのがベスト、更に言うならば結婚前に行うべき」というものになります。

ここではその理由についてお伝えしておきたいと思います。

給料が下がる転職はなるべく若い内に!

若い人は特にそうですが、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「今の会社ではやりたい仕事ができない」「新たな分野に挑戦したい」という理由で転職をする人が多いです。要は「仕事そのもの」に充実を求めて転職するパターンですね。

このパターンの転職が悪いわけではないですし、若い内は人生を模索して自分の考えに従って行動しても良いと思います。その経験が糧になると私は感じます。ただ、この理由での転職は大抵給料は下がります。そこで一つ考えて欲しいことが「なぜ、仕事をするのか?」ということです。

  • あなたは、やりがいのある仕事をする為に仕事していますか?
  • あなたは、やりたい仕事をする為に仕事していますか?
  • あなたは、興味のある仕事をするために仕事をしていますか?

恐らく、この答えは「No」であるはずです。

何故なら、誰もが「お金を稼ぐため」に仕事をしているはずで、強いてはその稼いだお金で「生活する」「趣味に没頭する」「友人らと楽しむ」「彼氏・彼女をつくる」「結婚する」「家庭を築く」など、より良い人生を設計することを目的としているからです。

何が言いたいかというと、「給料を下げる転職をすることは、仕事する目的を自ら壊している」と同義でもあるということです。例えば、高い給料を貰っていれば、より人生を楽しめますし、自分の望みを実現できますよね。逆に、給料が低いと何かを我慢したり諦める必要が出てくるかもしれません。

極端な例を挙げましょう!

A「やりたい仕事をしているけど、給料が低く、プライベートは節約や我慢をしている」
B「仕事は大変だけど、給料が良くて、休みの日などプライベートは充実している」

あなたはどちらを手に入れたいですか?
どちらの人生が充実していると思いますか?

これ、「B」を手に入れたい人の方が圧倒的に多いかと思います。事実、「B」の人の方がイキイキして人生を過ごしていることが多いです。

結局、やりがいのある仕事、やりたい仕事、興味のある仕事をしようが、給料が低ければ絶対に不満を抱きます。何故なら、仕事以外のプライベートな人生に影響を及ぼすからです。人は仕事の充実よりも、プライベートの充実をより求める傾向にあります。

この事実をしっかりと頭に入れておいて下さい!

 

 
ただ、やりがい・やりたい・興味を求めて転職してはいけない…ということではありません。何故なら、その仕事で頑張って給料を上げていけば良いからです。

でも、これはあくまでも「若ければ」という話なんですね。

社会に出て3、4年目の25、26歳であれば、給料が一旦下がることによる損失は最小限に食い止められます。更に、転職して給料が低い、何らかの問題が発生した、そんな場合でもしっかりと経験・スキルを積み上げておけば、3、4年後の29歳前後でもう1度転職のチャンスがあります。

だからこそ、給与アップ以外の転職をするのなら、「できるだけ若い内(25,26歳まで)に行うのがベスト」なんですね。自分の求めていたものが手に入れば御の字ですし、そうでない場合でも再チャンスがあるからです。

これが、20代後半や30代になってから「やりがい・やりたい」などを求めて給料を下げた転職をすると、生涯賃金に与える損失がとてつもなく大きくなります。また、失敗してもやり直しが効きません。結果、「仕事の充実・人生の充実」の両方を失ってしまう可能性があるのです。

もちろん、お金だけが全てではありませんし、人それぞれ価値観が違うので、ここに書いてあることが全て正しい訳でもありません。ただ、お金が大切なのは紛れもない事実であり、多いに越したことはありません。それ故に、損失を最小限に抑えるとともに、リスクヘッジができる「若い内」がキーとなるんです。

給料が下がる転職は結婚前に!

一般的に、結婚するまでは仕事そのものに充実を求める傾向があります。ですから、「仕事に求めるものはやりがい!」なんて人が多いのが実状です。でも、一度結婚するとライフスタイルや価値観が激変します。特に、子供が生まれると、人生の主役はあなたから子供に移ります。

この場面において、「給料が下がる転職」は高い確率で反対されます。

そう、あなたの仕事に対する不満の解消よりも、安定した生活を送ることが重視されるからです。言葉は悪いですが、これが現実であり、家庭を築いていくということです。自分以外の家族に対する「責任」とでも言えるでしょうか。

この「責任」を無視して、自分の想いを遂げる為に転職すると、夫婦間の関係が悪化したり、最悪のケースを招く場合があります。これは、結婚後の転職で失敗する典型的なケースなんですね。

ですから、給与を下げる転職は「責任」のない結婚前に済ませておくのがベストであり、お金の面から考えても、なるべく若い内にというのがカギになります。上記と通じる部分がありますが、将来は結婚して家庭を持ちたいと考えているのなら、それを見越して転職しておく必要があります。

最も避けたいのが以下のケースです。

  1. 給料は低くてもいいので、やりがいのある仕事を求めて転職
  2. 彼氏・彼女ができる
  3. 結婚して子供が生まれる
  4. 高い給料と家族との時間を確保したい
  5. 再転職の道へ

これは、1の段階で「今」だけを考えて転職したことによって引き起こされたケースです。この再転職が上手くいけば良いですが、上手くいかなかった時に後悔します。「あぁ、最初の会社で頑張って働き続けていれば、今頃は〇〇万くらいの給料が貰えていただろうに」といった具合です。

このように、転職するのならばしっかりと「未来」も見据えておく必要があります。結婚したいと考えている人は特にそうですね。それだけ「結婚」はあなたのライフスタイルや価値観を劇的に変えるものなんです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング