セブン

転職しなければ良かった・・・と後悔しない為の7つの心得!

転職しなければ良かった・・・。

転職してこんな風に後悔することほど虚しいものはありません。
ただ、現実にはそう感じる人が結構いらっしゃいます。

何故でしょう?

転職に淡い期待を抱き過ぎている!
私はこれが原因ではないかと思います。

転職すれば不満が解消され、心豊かに働ける!
転職すれば今よりも良い会社に入ることができる!
転職してやりたいことをやれば充実した未来が待っている!

はっきり言います。
この考えは相当甘い!

もちろん、この実現を目指して転職することは間違っていませんし、実現できる可能性を秘めているのも転職の魅力の一つです。ただ、その裏には、「失うものがあること」「全てが思い通りにはいかないこと」も認識しておく必要があります。

全てが「善」の方向に進む!

これが簡単に実現できるほど転職は甘くはないですし、全ての人がこの方向に進むなら、社会で働く全ての人が転職します。でも、そんな現実はどこにもありません。

だからこそ、転職に臨むにあたって持っていて欲しい心得があります。

<転職後の後悔を防ぐ7つの心得>

  1. 転職は今の会社の良いところも一旦は捨てることを意味する!
  2. 転職にはギャンブル的要素が存在する!
  3. 転職はあなたの市場価値に見合った会社にしか採用されない!
  4. 転職活動に手を抜くと、今の会社よりもレベルの低い会社にしか採用されない!
  5. あなたの望みを全て満たしてくれる会社は存在しない!
  6. 社員満足度の高い会社は転職市場に登場しない!
  7. 転職の結果はすぐに判断できない!

これは全て、転職後に「転職しなければ良かった・・・」と後悔しないために持っておくべき心得です。

詳しく解説していきます。

 

1.転職とは、今の会社の良いところも一旦は捨てること!

転職することを決めたなら、全てを一旦リセットすることを意味します。
つまり、今の会社の不満だけでなく、良いところも失う可能性があるということです。

「前の会社の方が良かった・・・。」

転職でよくある後悔パターンの一つですね。

でも、前の会社と比較する行為そのものが間違っています。何故なら、転職は「前の会社の良いところは残しつつ、不満点だけが解消される」なんて都合良くできていないからです。転職すれば、今の会社で抱える不満を解消できるかもしれないが、同時に今の会社の良いところを失う可能性がある!これが正解です。

だから、今持っている不満が解消されたなら、他のことは受け入れる覚悟が必要です。

受け入れる覚悟、失う覚悟。
これを持っていないのであれば転職しない方がいいです。

今の会社の全てを捨てて、新しい会社で一から出直すこと!

これが転職です。

一からの出直しですから、前の会社と比較すること自体がおかしなことなんです。比較したくなる気持ちは分かりますが、そこには何の意味もありません。

2.転職にはギャンブル的要素が少なからず存在する!

ギャンブル的要素・・・言葉は悪いですが、これも一つの事実です。

会社は入社してみないと分かりません!
仕事は実際にやってみないと本質は掴めません!

「第一志望の会社だったが、入社してみると・・・」
「やってみたい仕事だったが、実際にやってみると・・・」

こんなことが普通に起こり得るわけです。

これを少しでも軽減する為に、深い企業研究を行うわけですが、企業研究にも限界がありますし、内部事情まで詳しく知ることはできません。仕事に関しても、やっぱり自分自身で体験してみないことには分からないことがあまりにも多いです。

だから、ギャンブル的要素が存在するのは事実なんですね。

自分の意図していなかったこと。
想定外のこと。
意に反すること。

これらが発生するのは当たり前のことです。
全てが自分の思い通りにいくことは絶対にないので、転職後に発生する小さな想定外(デメリット)をマイナスに捉えないことです。

転職に臨むにあたってやっておくべきことは、想定外(デメリット)が発生することを想定し、どう対処するかをあらかじめ決めておくことです。想定して対処法を定めておけば、動揺することなく対処できますし、少々のことでは動じません。

但し、「すぐに辞めて転職すれば良い」という対処法は論外ですからやめて下さいね。

 

3.転職はあなたの市場価値に見合った会社にしか採用されない!

転職は、新卒採用のように可能性で採ってはくれないので、あなたの市場価値(経験・スキル・実績)が大きくものを言います。即戦力性を求められることが多いので、「どんな経験を持ち、何ができるのか」が深く問われます。

それ故に、あなたが内定を獲得できる企業は、「あなたの実力でOKとしてくれる企業」に集約されます

あなたの市場価値が高ければ、選択肢は広がり、望みの会社に入社できる可能性は高まる。
あなたの市場価値が低ければ、選択肢は狭まり、望みの会社に入社できる可能性は低くなる。

これ、当たり前のことなんですが、忘れられていることが多い要素です。

  • あなたは、自分の望みを実現できるだけの市場価値を有していますか?
  • 転職活動を頑張れば、今よりも良い会社に入れると勘違いしていませんか?
  • もっと市場価値を高めてから動くのが正解ではないですか?

この疑問にしっかりと向き合って欲しいと思います。

厳しいことを言いますが、自分の実力以上を望んでいる場合は上手くいきません。何故なら、自分の理想を下回る会社にしか採用されないからです。

4.転職活動に手を抜くと、今の会社よりもレベルの低い会社にしか採用さない!

前述した内容と重なる部分ですが、これも知っておいて下さい。

転職活動に手を抜くということは、自分の「実力」を出し切らないことを意味します。
だから、自ずと内定を出してくれる企業のレベルも下がります。

そして、こんな現実が存在します。
手を抜いたレベルでもOKとしてくれる会社、今の会社よりも劣る会社であることが多い!

結果、転職しても同じような不満を抱える、前の方が良かったと後悔する。
これに繋がってしまうんですね。

転職活動を全力でやる覚悟のない人。
こんな人も転職しないほうがいいです。
転職しても、今と同じ、またはそれ以上の不満を抱える可能性が高いからです。

転職活動は作業量が多く、精神的にも、肉体的にもきついものです。
だから、どうしても楽な方向に逃げたくなります。
でも、やっぱり手を抜くと上手くいかないんですね。

内定を得られず活動が長期化する・・・。
望んだ企業から内定が取れない・・・。

あなたは転職活動を全力でやりきる覚悟を持っていますか?

5.あなたの望みを全て満たしてくれる会社は存在しない!

人間も会社も同じです。
世の中に完璧な人間がいないのと同じで、完璧な会社も存在しません。

どんな会社に入ろうが、絶対に不満(想定外のこと)は発生します。
これに関しては、100%そうだと認識しておいて下さい。

これが他人が作った会社で働くということなんです!
自分の理想の会社で働きたければ「起業」するしかありません。

転職しても「不満(想定外のこと)が発生するのは当たり前のことなんだ!」と認識しておきましょう。この認識がないから、転職後に些細なことで頭を悩ましたり、想像と違うなどと後悔します。

想像と違う!?
当たり前です。

想像通りいくはずがない!
これが正解です。

 

6.社員満足度の高い会社は転職市場に登場しない!

転職で「社員満足度の高い会社に入りたい」と願うのは全転職者の共通する想いかと思います。

ただ、社員満足度の高い会社というのは、中途採用をほとんど行っていません。何故なら、社員満足度が高いので、離職率が高い会社に比べて圧倒的に人が辞めないからです。だから、新卒採用だけで事足りるんですね。

中途採用を募っている会社の大部分が「辞めた人員を補充するため」に求人を出しています。つまり、中途採用を行っている会社は「人が辞めるような何か」を持っていることが多く、離職率は総じて高めであるということなんですね。

だから、転職しても満足感を得られる人が少ないわけです。

  • 転職して良かった 10%
  • どちらとも言えない 50%
  • 転職して後悔した 40%

この数値にもしっかりと表れていますよね。
この事実をしっかりと把握して転職に臨んで欲しいと思います。

そして、以下の疑問を常に持って企業研究を行って下さい。

「何故、この会社は中途採用を行っているのだろう?」
「この会社の”何”が人を辞めさせるのだろう?」
「人が辞める”何か”は自分にとってどうなんだろう?」

この疑問を追っていけば、企業がより深く見えるようになります。

「人が辞める何か」が自分にも合わないのであれば、その会社を避ける!
「人が辞める何か」が自分には問題ないのであれば、その会社を候補とする!

この方針で企業選びを行いましょう。
そうすれば転職後の後悔を減らせますし、想定外が起こる可能性も軽減できます。

<社員満足度の高い会社の求人は隠れている!>
 
離職率が高い会社がほとんどだとお伝えしましたが、離職率が低い会社も優秀な人材は常に求めています。
ただ、それらの会社の求人は隠れていて見えないことが多いんですね。
「こんな人がいたら紹介して下さい!」というスタンスで求人を募っているわけです。
つまり、非公開求人として転職エージェントを利用しているんです。
 
こんな現実がありますから、転職活動にエージェントの利用も加えることをおすすめします。
紹介される企業はあなたの市場価値次第ですが、可能性は非公開にあります。
 
当サイトでも転職エージェントをいくつかご紹介していますので、適切な会社を選ぶ参考にして頂ければと思います。
⇒「転職エージェントランキング

7.転職の結果はすぐに判断できないことも多い

転職するということは、転職先に「期待」を持って入社するわけで、すぐに結果が欲しいと思うのが人間心理です。だから、転職してすぐの時期に想定外のことが発生すると、「転職は失敗だった」「転職しなければ良かった」と感じてしまいます。

でも、人間はどんな環境にも馴染んでいけるものですし、ある程度の期間続けていると「あれっ!?別に気にすることでもなかったな」なんてことも普通に起こります。また、会社は時間の経過と共に改善されていきますし、異動や新たな仕事を任されるなど、状況も変わっていきます。

それ故に、転職の結果はすぐに判断できないことも多いんですね。それが分かるのは、3年後、5年後、10年後、はたまた定年で辞める時であったりもします。だから、少し長い目で見て判断することを念頭に転職に臨んで欲しいと思います。

転職しなければ良かった・・・。
こう感じている人、大抵は転職したばかりの人です。

あなたもそうではないですか?
2年、3年と働いた上での結論ですか?

仮に、数年後の結論が後悔であったとしても、その会社で市場価値を高める仕事ができていれば「再転職」という道もあります。転職した会社で一生やっていかなければならない!なんて現実はありませんし、そこで得た経験も絶対に無駄にもなりません。

転職の結果はすぐには判断できない!

この考えを持って転職に臨めれば、改善を目指して行動したことは必ずプラスになります。転職がどんな結果を招こうと、あなたの将来にプラスとなる方向に舵を切れば、転職に失敗なんてのはありません。

これが最も伝えたいことでもあります。

最後に

高い期待感、幻想、理想だけを持って転職に臨むと、やっぱり現実を知った時に後悔したり、失敗だったと感じます。逆に、転職前から知っていれば、少々のことでは動じません。

だからここでは敢えて「転職に存在する厳しい側面」をお伝えさせてもらいました。転職がマイナスのように感じた人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

転職の経験や結果を今後の人生に活かせば、行動したことは100%プラスになります。

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 通勤時間

    面接

    面接質問「通勤時間が長くなりそうですが、大丈夫ですか?」の回答例と意図
  2. 事務職

    面接

    転職面接「なぜ、事務職なのか?」の回答例と質問意図
  3. 流れ

    面接

    転職面接の流れと重要ポイントの把握が心に余裕を与える
  4. 6w

    面接

    面接で苦手なタイプの人(上司・部下)を問われた時の適切な答え方
  5. 年間休日

    転職サイト

    転職サイトの「年間休日〇〇日」は本当か?その実態に迫る!
  6. クエスチョンマーク

    面接

    志望動機「興味があった(興味を持った)から」を面接で語ると不採用!?
  7. 実績評価

    面接

    転職面接「実績・評価について教えて下さい」の回答例と質問意図
  8. 経験年数

    転職活動

    転職求人の募集要項「経験年数」は足りなくても応募する価値あり