閃く

キャリア(職歴)に一貫性がない場合の職務経歴書の記載ポイント!

職務経歴をそのまま並べると、「弱点や欠点が強調されてしまう」「強みが伝わりにくい」といったことがあるかと思います。そんな時は、弱みを目立たなくし、かつ、強みが目に留まりやすいように工夫することが大切です。

キャリア(職歴)に一貫性がない・・・というのもその一つで、何の考えも無しに経歴を並び立てると、「一貫性がない人物」「適当に仕事を選び、転職を繰り返すジョブホッパー」などと捉えられかねません。

キャリア(職歴)に一貫性がない人は、記載ポイントをしっかりと把握して経歴書を作成しましょう。

応募企業が求めるキャリア(職歴)を重点アピール

部署異動や転職を繰り返して職歴に一貫性がない場合は、応募先の企業が求めるキャリアに最も近い部分を重点的にアピールすることが大切です。応募先と関連性が薄い経歴はコンパクトにまとめ、関連ある経歴については「取り組み」「工夫」「成果」などを具体的に記します。

現在就いている仕事(間近の会社)が応募先の業務に近い場合は、間近の職務経歴から書き始める「逆年代順式」を使うのもアリです。一方、応募先の仕事に関連のある経歴が以前のものであれば、そのキャリアを1枚目の目立つ位置に配置して記載してもOKです。

応募企業の求めに応じて、アピールすべきものを目立つ位置に具体的に記載する!

これが職務経歴書を作成する際のポイントになります。

転職を繰り返したことで一貫性がない場合

転職の度に業種・職種が変わっている人は、行き当たりばったりで仕事を選んできた印象を与えてしまいます。その為、業種・職種はバラバラでも、何らかの共通する「軸」を持って仕事を選択してきたことを伝える必要があります。

たとえば、「多くの人と接し、感謝される仕事」「独自のアイデアで企画・提案ができる仕事」といったものです。一見、何の繋がりのなさそうな仕事であっても、何らかの共通項は存在するはずです。過去の仕事を振り返り、共通する「軸」を探し出しましょう。

職務経歴書の自己PR欄に、「〇〇という点にこだわって仕事を選び、スキルアップを図ってきました」などと記載しておくとよいかもしれません。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. もったいない

    転職の考え方

    転職するのがもったいない人!あなたは得難いものを捨てようとしているかもしれない
  2. 不採用

    転職事例集

    転職不採用例!優秀な人でも落ちてしまう理由がここにある!
  3. vorkersロゴ

    転職サイト

    Vorkersの信憑性は低い!?転職口コミサイトの真実に迫る!
  4. 職歴書き方

    履歴書

    転職の履歴書「職歴」の書き方(条件別)と注意点
  5. まるばつ

    履歴書

    履歴書には「書くべきこと」と「書いてはいけないこと」がある!
  6. シャーロックホームズ

    職業

    転職で「探偵」を未経験から目指す人が知っておくべき4つの実態!
  7. 疑問ビジネス

    履歴書

    派遣の職歴を履歴書(経歴書)に書かない選択は正しいのか?
  8. 限界

    転職の考え方

    転職における「35歳限界説」の嘘と本当!