書き方ポイント

職務経歴書「自己PR」の書き方と2つの重要ポイント

職務経歴書は自由形式の書類ですが、経歴と共に「自己PR」や「活かせるスキル・経験」などを別枠を設けて書くことが一般的です。

ただ、履歴書と同じ内容を書き写すだけでは意味がなく、採用担当者も読んでいてつまらないものです。
そこは、履歴書のPR欄や職務経歴書の経歴欄では伝え切れていない魅力をアピールしたいですね。

その時に重要となるポイントが2つあります。

  1. 主観的・自己中心的ではなく「客観性」を持たせること
  2. 転職先でも活かせる「再現可能」な内容であること

このポイントが欠落していると、説得力がなくアピール力の乏しい自己PRになってしまいます。
当然、採用担当者を納得させることはできませんから、面接にも呼ばれません。

【採用担当者の本音】
 
<ポイントを押さえたPR ~的を射た自己PRに思わず感心~>
自己PRがあれこれ盛りだくさんで、つかみどころのない人もいます。反対に、当社が求めているポイントを押さえ、それに関連する経験やスキルをアピールしている人は「分かってらっしゃるな」と感心しますね。
 
<ポイントが欠如したPR ~単なる自慢・思い込みにガッカリ~>
長々と書かれた自己PRが、当社の仕事と関連性のないことばかり。しかも、それほどレベルが高くないことまで「達成した」「実現した」と誇らしく書かれていて、読んでいてこちらが恥ずかしくなります。
 

せっかく自由な書き方で自分を売り込めるわけですから、採用担当者を感心させたいですよね。

ここでは、それを実現する為の重要ポイントについて詳しく解説していきます。

自己PRには「客観性」が必要不可欠!

自己PRとして書いた強みが過不足なく理解され、読み手が納得できるかどうかは「主観的か?」それとも「客観的か?」が大きな分かれ目となります。

例えば、「お客様に喜んでいただきました」「お客様の信頼を獲得しました」は主観的です。
分かり易く言うならば、あなたが勝手にそう思っているだけの内容だということです。

主観的な文書を読んだ採用担当者は以下のような疑問を抱きます。

「なぜ、お客様が喜んだと分かるの?」
「どんな方法でお客様の信頼を獲得したの?」
「お客様に喜んでもらった結果、どんな利益が出たの?」
「信頼を獲得したと言える具体的なエピソードは?」
「ただ単にあなたが思っているだけではないの?」

つまり、主観的な文書とは「採用側が知りたいことが書かれていない文書」なんですね。
それ故に、内容に信憑性がなく、説得力が乏しい文書となります。

これでは採用担当者を納得させることはできません。

主観的

逆に、「〇〇の方法を駆使してお客様に喜んでいただき、その後3年間で200人の新規顧客をご紹介いただきました」、「お客様の信頼を〇〇という手法によって獲得し、リピート率95%を達成しました」は客観的です。

客観的な文書には「具体的な方法(経験)」や「数値」が取り入れられているので、
採用側が「どうやって?」「どうなった?」という疑問を抱きません。

その結果、「信憑性」と「説得力」が格段にアップするわけです。

「200人も紹介してもらえるのは、本当にお客様を喜ばせることができた結果だろう!」
「リピート率95%を達成できる〇〇という手法は、本当にお客様の信頼を勝ち得る方法なんだな!」

このようにプラスに連想してくれます。

転職先でも活かせる再現可能な内容であること

次に重要なポイントが「転職先でも再現可能であること」となります。

あなたがいくら具体的で説得力の高いPRを書いたとしても、それが応募先の企業で求められていないものであったり、再現できないものだと意味はありません。

採用側はあなたのPRポイントを自社に当てはめ、「これなら自社でも再現できそうだ!」「この人の強みはあの仕事で活かせるかもしれない!」と想像しながら読んでいます。それなのに「転職先では求められていないこと」や「前の会社だからこそ実現できたこと」をアピールしても意味はないんですね。

「私はこんなことができます ⇒ 当社でそれは必要ない(求めていない)」
「私はこんなことができます ⇒ 当社の環境では実現不可能」

採用側にこんな風に連想されては、いくらあなたのPRポイントが優秀であったとしても、ミスマッチとなって不採用となってしまいます。

あなたがアピールすべきものは、「転職先が求めているスキル(強み)」であり、かつ「転職先でも再現可能なもの」だということです。

このポイントを押さえたPRを書く為には、深い企業研究が必要になります。
求人情報や企業研究から「どんな人(経験・スキル)」を求めているのかを読み解き、適切なアピールを行いましょう。

 
以上が、職務経歴書の「自己PR」の書き方のポイントになります。
2つのポイントを意識して、採用担当者を納得させる書類を完成させましょう。

職務経歴書の自己PRに関しては、以下ページもご用意しています。参考までにご覧下さい!

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 会社を辞めて転職活動

    転職の現実

    会社を辞めてから転職活動する前に知っておいて欲しい10のこと
  2. DODA

    エージェント

    DODAが「面談してくれない(面談なし)」たった一つの大きな理由!
  3. 真実と嘘

    職務経歴書

    職務経歴書の適正枚数は2枚!という常識に潜む嘘とは?
  4. 閃く

    職務経歴書

    職務経歴書「ブランク(離職期間)あり」の場合の記載ポイント!
  5. 幼稚園児

    職業

    幼稚園の先生の「仕事内容」と「一日の流れ」を知ろう!
  6. DODA

    エージェント

    DODAの面談を無視することで誘発されるデメリットとは?
  7. 転職人生

    転職の考え方

    転職しないで後悔する人生ってつまらなくないですか?
  8. 給料下げる

    転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!