彼女のために転職するのはNGだと思う3つの理由!

転職は千差万別、実に様々な理由で行われますが、「彼女のために転職を考えている!」という人も多くいらっしゃるようですね。

  • 彼女が親元(地元)を離れることに抵抗を示している
  • 遠距離恋愛中なので、将来のことを考えて彼女のいる地域に移り住むことを考えている
  • 彼女が仕事を辞めることができない(抵抗を示している)

恋愛は基本的に2人の問題なので、他人があれこれ言うのはどうかと思います。また、お互いにとってプラスとなるならば、どちらが転職するかは問題ではありません。ただ、このページを見ているあなたは、「果たして彼女のために転職することは正解なのだろうか?」悩んでいるのではないでしょうか。

そこであなたに一つの現実をお伝えしたいと思います。

ここでの見解は「NG」という側面からのものになりますが、「男性側が転職するのは絶対に避けるべきだ!」ということではありません。ただ、現実をしっかりと理解した上で決断して下さい!というのがお伝えしたいことです。

 

彼女のために転職するのはNGだと思う3つの理由

彼女のための転職を「NG」としている理由は3つあります。

  1. 転職にはリスクが存在する
  2. 転職後も恋愛が上手くいく保証はない
  3. 経済基盤を支えるのは「男」である場合が多い

それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

1.転職にはリスクが存在する

転職には絶対的にリスクが存在します。

もし、あなたが今の会社にある程度満足しており、「彼女がいなければ転職を考えない」というレベルにあるならば、本当に深く考えて結論を出すべきです。はっきり言って、そのレベルの会社を捨てるのはとてつもなく勿体ない!

<転職市場の現実を知ろう!>
企業が中途採用を行って転職者を受け入れている理由は、社員が辞めて人が足りないからです。何故、社員が辞めたかというと、会社に不満があったからです。転職市場はこの受容と供給で成り立っている世界です。
 
つまり、「転職で入社する会社というのは、人が辞めるような「何か」を持った会社である!」ということを意味しているわけです。だから、転職して「高い満足度が得られる会社」に入社できる確率は高くはないですし、今の会社を簡単に捨てるのは勿体ないことでもあるんです。

あなたは得難いものを自ら捨てようとしている!

この事実をしっかりと理解しておく必要があります

気付き

また、転職は採用過程を勝ち抜いて初めて入社できます。

それ故に、自分が望んだ会社に入れるとは限りません。というか、第一志望の会社に入れるのはほんの一握りの人だけです。また、望んで入った会社が、実は最悪の会社だったなんてこともあります。給料を減らす転職だった場合、生涯年収に大きな影響を及ぼします。

これらのリスクが現実となった場合、後悔しませんか?
どんな会社に入っても「彼女のためだ!」と我慢して働き続けられますか?
転職すると大抵は給料が減りますが、問題ありませんか?

これを自分自身に問うて下さい。

彼女のためだから「問題ない!」と即答できるのならば転職しても良いでしょう。しっかりと覚悟ができているようです。逆に、答えることができないならば、再考をおすすめします。

仕事と人生は切っても切り離せません!

その意味で、「どんな会社で残りの人生を過ごしていくのか」はとてつもなく重要なことです。人生の70%を費やす会社が地獄であれば、人生もやっぱり地獄ですからね。だからこそ、今の会社にある程度満足しているならば、本当によく考えるべきです。

これから何十年にも渡って働き続ける必要があるのは、高い確率で「男」のあなたです!

 

2.転職後も恋愛が上手くいく保証はない

今は上手くいっているかと思います、「彼女のため」と考えるくらいですからね。結婚など、将来のことも考えての転職なのかもしれません。でも、あなたが転職した後も2人の関係が上手くいく保証はありません。

もし上手くいかなかった時、あなたは「彼女」と「前職」を失うことになります!

覚悟できていますか?
転職するんじゃなかったと後悔しませんか?

もし、遠距離を縮めるために転職を考えているのならば、最悪のケースを想定してよく考えるべきです。最悪のケース、それは「彼女・前職を失い、縁もゆかりもない地域で働いている未来」です。

まだ恋愛段階にあるのならば、このリスクが絶対的に付きまといます。

このリスクを背負う覚悟を持っていますか?
最悪のケースが現実化した場合、その地域で働いていく覚悟を持っていますか?
結局、再転職して元の場所に戻るなんてことはありませんか?

そうなった場合、あなたは意味のない転職を繰り返すことになります。良い会社に入るのが難しくなりますし、給料も間違いなくダウンします。

本当にお互いのことを想うならば「行動するのは婚約後」が正解のような気がします。

 

 

3.経済基盤を支えるのは「男」である場合が多い

将来的に今の彼女と結婚、子供、マイホームなどを想定している…。

漠然とでもそんな未来を想像しているのならばよく考える必要があります。

結婚すると経済基盤がとてつもなく重要になります。特に子供ができるとそれは顕著になり、女性は出産前後は仕事できないので、あなた一人で家計を支えることになります。

そんな時、男のあなたに求められるのはこれです。
家庭にどれだけのお金をもたらすことができるのか!
言葉は悪いですが、これは紛れもない事実です。

お金があるに越したことはありません。
家族にしてやれることも増えます。
多くのお金がある方が幸せも掴みやすいです。

なのに、給料が減ることが多い転職をしようとしている・・・。
これ、はっきり言って矛盾です。

結果的にあなたも彼女もプラスになりません。

「転職しても給料を下げなければいい!」
「一時的に下がったとしても、転職先で昇給していけばいい!」

こんな声が聞こえてきそうですね。
正解です。

要は、あなたがそれを成し得る人物なのかどうかということ!

  • 高い給料を払ってでも採用したいと企業側に思わせるだけの根拠(経験・スキル)を持っているのか?
  • 転職して一時的に下がったとしても、迅速に昇進・昇給していけるような能力を持っているのか?

これに「YES」と回答できないとすると、生涯年収に大きな影響を及ぼします。結果、真にお金が必要になった時に後悔する可能性があります。

「転職せずに前の会社で頑張っていれば今頃は・・・。」

これ、転職でよくある後悔パターンの一つです。
また、収入の少ない男は結婚してもらえないこともあります。

あなたは問題ありませんか?

本当に彼女との将来を考えているのなら、熟考して決断することをおすすめします。
今の会社からある程度満足のいく給料を貰えているのなら尚更です。

結局、家庭の経済基盤を支えなければいけないのは大抵が「男」ですから!

お金が全てではありません。
でも、お金は大事です。

彼女との将来まで考えているなら尚更です。

 

まとめ

私が基本的には「NG」だと思う理由は以上です。

この現実を知って、それでも「覚悟」ができているなら問題ありません。
また、2人の状況によってはやむを得ない場合もあるでしょう。

ただ、彼女の方が動きたくない、会社を辞めたくない。
だから、あなたに動いて欲しい。
こんなレベルなら熟考の余地ありです。

だって、これってめちゃくちゃ自分本位な考え方ですよね。
本当に将来のことを考えているのか疑問です。
今がよければいい、自分さえよければいい、こんなレベルな気がします。

結婚、子供、将来のことまでを本当に考えているのであれば、男が転職する方が絶対的にリスクです!

こんなことを書くと女性から「差別だ!」と言われそうですが、これが嘘偽りのない現実であり、綺麗事は通用しません。

もちろん、ずっと共働き、女性の方が圧倒的に稼いでいる。
こんな場合は別ですが・・・。

とにかく、現実をしっかりと把握して2人にとってプラスとなる選択をして下さい。

あなたの想い、彼女の想い、これをしっかりと擦り合わせして決断して下さい。
お互いの想いが一致するのであれば、どちらが転職するかは重要ではありません。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  4. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  5. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  6. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  7. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  8. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。