絶望

転職を繰り返す「ジョブホッパー」の哀れな末路・・・

ジョブホッパーの末路は本当に哀れです…。

20代の頃は「転職なんてしようと思えば簡単にできる」と勘違いし、ポテンシャル採用されていることにも気付かず、転職を繰り返します。30代になるとこれまで通りことが進まないことに気付き、徐々に「社会の現実」を痛感します。そして、30代後半以降に苦境に陥るわけです。

あぁ、こんなはずじゃなかった・・・そんな後悔とともに以下のような末路を辿ります。

  • 誰もが避けたい業界(職種)にしか相手にされない
  • ブラックとして名高い企業に応募するしか道がなくなる
  • 理想とかけ離れた仕事を嫌々こなしている日々
  • 若い頃に思い描いていた将来像とはかけ離れた生活
  • 同年代に比べて著しく給料が低い未来
  • 転職しなければ今頃は・・・という後悔

 
悲しくないですか?

でも、これが無意味な転職を繰り返したジョブホッパーの末路です。

ここでお伝えしたいのは「転職はしない方がいい」「転職は何回までに抑えるべきだ」というものではありません。時に転職は必要なことですし、新たな道を歩むきっかけにもなります。何より、転職回数が多くても幸せに生きている人は沢山いらっしゃいます。

ただ、市場価値を自ら落とす「無意味な転職」を繰り返すと、哀れな末路を辿る可能性が高くなる!ということを知っておいて欲しいのです。

転職は慎重に行って下さい!
日本の社会はあなたの想像よりもずっと厳しいですから…

 

ジョブホッパーが哀れな末路を辿る理由

「転職が当たり前の時代」なんて風潮で昨今の社会は語られますが・・・実際、日本の社会はそこまで転職者に寛容ではありません。そのため、ジョブホッパーになると厳しい現実に直面することになります。

1.選択肢が狭まる

転職市場には「転職回数で求職者を足切りしている企業」というものが数多く存在しています。要は、「転職を繰り返してきた人を雇ってもどうせすぐ辞めるだろう」と決め込んで、選考上からはじき出しているんですね。

これに憤りを感じる人もいるかもしれませんが、「すぐに辞める可能性が高い」というのは紛れもない事実です。そこに正当な理由があろうとも、採用側にとっては一切関係がなく、採用リスクを軽減するために足切を設定します。

つまり、転職を重ねるほどに選択肢が狭まっていくということを意味しています。だから、ブラックまがいの不人気企業に行かざるを得なくなるのです。

2.若い人材と勝負できない

転職を繰り返すジョブホッパーは、どの分野においても「中途半端な経験やスキル」しか身に付けていません。大きな成果やステップを踏む前に辞めているので、自ずとそうなります。だから、職を転々とすることで様々な経験を積んでいるのですが、特筆すべきものがなく、年齢相応とは言い難い状態に陥ります。

その為、同業種(同職種)で継続して仕事をこなし、経験やスキルを積み上げてきた若い人材に勝てないのです。採用の現場では、同レベルの人材がいた場合、より若い人材を好む傾向にあります。それ故に、年齢相応の経験・スキルを持ちあわせていないジョブホッパーは競争に負けます。

3.継続性を示せない

昨今は採用側も厳しい状況にあるので、「転職回数を問わない企業」というのも存在します。当然、ジョブホッパーはそうした企業に応募することになるのですが、面接の場で「転職を繰り返してきた理由」は必ず問われます。

当然のことですが、転職回数を問わない企業というのも、求める人材は「継続的に貢献してくれるだろう優秀な人材」です。つまり、転職回数が多くてもその理由が正当なものであり、継続性も示してくれれば採用を考えます、ということです。

でも、ジョブホッパーは「相手を納得させられるだけの正当な理由」というものを語ることができません。何故なら、そんなものは持ってはいないからです。で、嘘で取り繕おうとするのですが、99%はバレます。結果、転職回数が多いのは「継続性の欠如」「逃げ癖」「不満があればすぐに辞める」が原因だろうと推測されて不採用となるわけです。

選択肢が限られる!
限られた選択肢を選んでも競争に勝てない!
長期的な展望が示せない!

どうなるのか?
転職回数や短期職歴なんかを問わない会社(業界)に行くしかなくなるのです。

 

ジョブホッパーが辿り着く場所

あなたはこんな疑問を持ったことはないでしょうか。

何故、ブラックとして名高い企業にも絶えず人が流入するのだろう?

この答えは単純明快で、そうせざるを得ない状況に追い込まれた「ジョブホッパー」が社会にはうじゃうじゃいるからです。残念ながら、社会はこうして上手く循環しています。

想像して下さい!
 
あなたにも「絶対にやりたくない仕事」「絶対に勤めたくない会社」というものが一つや二つありますよね?
 
あなたがそう思う仕事(会社)は、その他大勢の人も同じように感じているはずです。にも関わらず、現実にはそれらの仕事(会社)に就いている人がたくさんいるわけです。
 
絶対にやりたくない仕事をしている人達、最初からその仕事を好き好んで選んだと思いますか? ブラックとして名高い会社に入社した人達、本心からその会社に飛び込んだと思いますか?
 
いいえ、違います!
 
どこかで失敗を犯し、その仕事(会社)を選ばざるを得ない状況に追い込まれたのです。
 
これが現実です。

 
転職を繰り返した結果として「厳しい会社(仕事)」に行きついたとしても、一発奮起してやっていければ問題ありません。でも、ジョブホッパーになると、転職を繰り返してきた「癖」が付いているので、結局辞めてしまいます。

で、また転職することになるのですが、負の経歴を更に上塗りした状態です。

どんな結果となるのか?
敢えて語る必要はないですよね。

これが転職における「負の循環」です!
ジョブホッパーになるとこの循環に飲み込まれ、抜け出すことができなくなります。

負の循環に飲み込まれて辿り着く場所、居心地がいいはずがありません…。

 

転職とジョブホッパー

転職を一度経験することで「転職の甘い汁」を舐めてしまい、その結果、転職を繰り返してしまうことはよくあります。

市場環境にも問題があって、「転職は当たり前だとする風潮」「第二新卒を筆頭とした人材ニーズの過熱」「転職すれば未来が開けるといった人材業界の誇張広告」など、転職への誘惑が多いのもジョブホッパーを生み出す要因です。

ジョブホッパーは、より年齢が高く給料の高いジョブホッパーを利食いして生きているだけです。つまり、ジョブホッパーとなって行き着くところまで行ったところで終わりではなく、より若くて年収の安い人間が、あなたを「利食い」しにくるのです。

本当に怖いですよね。
でも、社会はこうして成り立っているのです。

こうした社会の現実をしっかりと理解して転職に臨んで下さい!
自らの手でキャリアを汚し、人生を崩壊させてはいけません。

転職をすることは「悪」ではありません。
転職は会社・環境・自分自身を変えることができる手段であり、ステップアップする良いきっかけにもなります。
 
転職を繰り返すことも「悪」ではありません。
人は様々な想いを抱え、様々な人生を歩み、失敗から学ぶ生き物です。
 
転職を通して様々な経験を積むことは「財産」となり、最終的にその「財産」を糧に思い描いていた未来(仕事)を手に入れることができれば万々歳です。
 
ただ、社会はその「財産(転職を繰り返して得た様々な経験)」を決して良しとはしていないのです。この事実をしっかりと認識しておいて欲しいと思います。

 
ジョブホッパーをプラスの目線で捉えれば、「多くの職に就き、様々な経験を持つ人」となります。これはこれで素晴らしい要素であることは確かです。その経験が後の人生に役立つなんてことも大いにあります。

しかし、転職市場では全く評価されません。何故なら、「ジョブホッパー = 仕事が続かない、逃げ癖がある、中途半端な経験・スキルしか持っていない、雇ってもどうせすぐ辞める」と捉えられるからです。

だから、今後の人生でも「他人が作った会社という組織」で働いていこうと考えているのであれば、決してジョブホッパーになってはいけないのです。

転職することは問題ではありません。

でも、逃げの転職を繰り返して「ジョブホッパー」になることは問題です。理想郷があると信じて転職を繰り返し「ジョブホッパーに」なることも問題です。何とかなるだろうと甘い考えを持ち、転職を繰り返すことも問題です。

一度ジョブホッパーの烙印を押されてしまうと、それを消すことは絶対にできないのですから!

 


関連記事


転職サイトランキング