不採用

転職不採用例!優秀な人でも落ちてしまう理由がここにある!

企業ニーズに合わなければ優秀な人でも不採用となる!

転職が難しいとされる一つの要因がここにあります。

採用企業には必ず「求めている人物像」というものがあり、ここにマッチしなければ「優秀な人(採用基準以上の優れた経験・スキルを持っている人)」でも不採用になります。これが事実だらこそ、「極めて優秀な人でも10社応募して内定を得られるのは2、3社だけ」だと言われるんですね。

ここでは、そんなミスマッチで不採用となった事例を紹介するとともに、この事例から学べる2つの重要事項をお伝えします。
 

 

優秀な人物がミスマッチで不採用

優秀な人物がどんな理由で不採用となっているのか、その代表的なケースを見ていきましょう。
 

例1「Aさんのじっくりと丁寧に仕事に取り組む姿勢は素晴らしいです。ただ、現在の当社は事業を急速に拡大する段階であり、早いスピードで変化に対応できる人物を求めているので~」
 
例2「Bさんはキャリアも人物面も優れていますが、既に同じようなタイプの社員がいるんです。今回の採用では、組織に新しい風を吹き込みたいので~」
 
例3「Cさんの経験やスキルは申し分ないんですが、配属予定部署の上司とうまが合いそうにないので~」
 
例4「Dさんはリーダー気質をお持ちで非常に優秀なんですが、今回の採用ではブレーン的な役割をこなせる人物を求めているので~」

 
企業の求める人物像とマッチせずに不採用となったパターンの代表例ですが、これらの事例から学べることが2つあります。

まず一つに、内定を獲得するためには企業ニーズに合わせたアピールをする必要があるということです。あなたに強くアピールできるだけの「ウリ」があったとしても、応募企業がその「ウリ」を求めていなければ、そこに強いアピール力は生まれないということ。

この企業ニーズに合わせたアピールを実現するには、「深い企業研究」が必要なのは言うまでもありません。もちろん、例2,3,4のような「内部事情的な探ることのできないニーズ」も存在します。ただ、求人情報の募集ポジション、企業HPの情報、企業の成長ステージから、「どんな人物が求められているのか」を推測してアピールすることは可能です。

二つ目は、不採用 = あなたが否定されているわけではないということです。

入社意欲の高い企業、手ごたえが良かった企業から「不採用通知」をもらうと非常に落ち込むと思います。そして、それが続くと「経験やスキルが足りない」「自分はダメなのか?」と考えることもあるでしょう。でも、決してそうではないということです。「たまたま企業が求めるニーズが合わなかっただけ!」といったケースも非常に多いからです。

例1のケースで言うと、Aさんは「ミスの無い丁寧な仕事ができる人物」が求められていれば、採用となった可能性があるということです。ですから、不採用という結果となっても「否定された」と思い詰める必要はありません。逆に「合わない企業から採用されなくて良かった」くらいに考えて次に進んでいくことが大切です。

 

 


関連記事


転職サイトランキング