経験年数

転職求人の募集要項「経験年数」は足りなくても応募する価値あり

求人の募集要項には具体的な「経験年数」を掲げて応募を募っていることがあります。

「営業経験2年以上」
「経理の実務経験3年以上」
「〇年以上の△△経験者」

この経験年数が応募の邪魔をすることがありますよね。

この会社に応募したいけど、経験年数が足りない・・・。
応募しても良いのだろうか?
採用される可能性はあるのだろうか?

こんな疑問が頭をよぎるかと思います。
ここでは、この疑問を解決するために「経験年数不足の応募」について考えていきたいと思います。

 

経験年数が足りなくても応募すべきなのか?

ここは、まず先に結論をお伝えします。
経験年数を満たしていなくても積極的に応募すべき!
これが答えとなります。

例えば、「営業経験3年以上」と記載してあったとして、あなたの経験が2年であっても問題はないということです。何故なら、企業は「営業経験が3年以上の人」を採用したいのではなく、「営業経験3年くらいの人が持っているであろう経験・スキルを持つ人」を採用したいからです。

つまり、「経験年数を満たしていなくても、企業が求める基準を満たしていれば採用される可能性は十分にある!」ということなんです。

これが採用の本質です。

Aさん「営業経験4年でスキルが低く実績も乏しい」
 
Bさん「営業経験2年で高いスキルと優秀な実績を持つ」

人間性云々を抜きにした場合、企業は100%「Bさん」を採用します。
何故なら、Bさんを採用する方が会社にとって利益が大きいからです。

つまり、募集要項に記載されている「経験年数」は目安に過ぎないんですね。

もちろん、中には「経験年数が足りない人は選考対象外」と厳格に定めている企業もあるでしょうから、経験年数不足で選考ラインに乗れないこともあります。でも、これは応募することでしかその答えを知ることはできません。

だからこそ、経験年数不足でも「応募する」という行動が必要なんですね。

また、採用側の都合(〇〇人くらい面接して、△人採用したい)で応募人数を調整するために設定していることもあります。応募が殺到するのを防ぐ為ですね。

これが実状なので、「応募」に対して遠慮する必要はありませんし、重要なのは「あなたが応募企業にどれだけの利益を与えられる人間かどうか」ですから!

 

 


関連記事


有益な転職サイト