エン転職

エン転職における「応募歓迎」の仕組みと実態を考察してみた!

エン転職には「気になる求人リスト」に追加した企業から、「応募歓迎」といったものが届くシステムがあります。果たしてこれ、転職者にとって価値のあるものなんでしょうか。

  • 応募歓迎企業への応募は選考が有利に進む?
  • 通常応募よりも内定率が高い?
  • 面接まで自動で進める?(書類選考で落ちることはない?)
  • どんな仕組みで成り立っているの?
  • 適当に自動送信しているだけじゃないの?
  • 転職者にとって価値はあるの?

このページを見て頂いているということは、あなたもこの種の疑問を抱えているのではないでしょうか。そこで、ここでは、エン転職における「応募歓迎」について考察してみたいと思います。

 

応募歓迎で選考が有利に進むことはない!?

ここは先に結論をお伝えします。

応募歓迎経由の応募に、選考が有利に進んだり、内定が得やすいといった利点は一切ない!!

この認識でまず間違いありません。応募歓迎経由で応募したとしても、通常応募と同じく「普通に選考が行われるだけ」です。採用の本質を考えると、便宜を図ることは絶対にありえません。

例えば、以下のような二人の候補者がいたとしましょう。

A.応募歓迎で応募してきたまずまずの人
B.通常応募で応募してきた優秀な人

この場合、企業は100%「B」を採用します! これが「採用の本質」であって、企業からすると当たり前のことですね。つまり、応募歓迎経由の応募に特別な力はないということ。

また、通常通りの選考が行われるので、書類選考の段階で落ちることも当然あります。(面接確約でないことは、公式サイトにも明示されている) これが「応募歓迎」の実態なので、送られてきたことで一喜一憂しないことです。

応募歓迎は企業(転職サイト)の為の機能!?

実際のところ、応募歓迎とは「求職者」というよりも「求人掲載企業」のための機能という意味合いが強いのです。

昨今の転職市場は採用側にとっても厳しく、求人を出してただ待っているだけでは、「応募者が全く集まらない」といったことが多分にあります。特に、知名度の低い企業はこの傾向が顕著です。それ故に、企業側からアクションを起こせる機能として実装されているわけです。

また、エン転職からすると、求人を掲載してくれた企業に応募が集まらず、「この転職サイトは使えない!」と判断されることは避けなければなりません。何故なら、他のサイトに乗り換えられると「売上」が減少してしまうからです。

要は、転職サイト側の都合も見え隠れしているわけです。

 

応募歓迎の仕組みと自動送信について

私は内部の人間ではないので推測にはなりますが、「応募歓迎」の仕組みは以下の流れで行われているのではないでしょうか。

  1. 転職者が気になる求人リストに企業Aを追加
  2. 企業Aはリストに追加してくれた転職者のWEB履歴書(希望)が閲覧可能になる
  3. 企業Aは応募状況や転職者の経験を踏まえ、自社の求める人材に適していれば応募歓迎を送る

エン転職の「応募歓迎」は、求人リストに追加してくれた転職者にのみ送信できる仕組みであるため、他のサイトで見られるような自動送信は無いように思います。

企業側は、応募状況が悪ければ多くの人に「応募歓迎」を送るでしょうし、想定通りの応募数を確保できていれば、この機能自体を使わないこともあるでしょう。

転職者にとっての応募歓迎の価値とは?

これまでの内容を踏まえると、一見価値の無いように感じる「応募歓迎」ですが、実はそんなこともありません!!

何故なら、この機能は、内定獲得において重要な「企業とのマッチングが成立していること」を知らせてくれるものだからです。

基本的に転職は、「企業の求める経験・スキル ≦ あなたの持つ経験・スキル」が成立して初めて採用が考えられます。つまり、自身の市場価値と企業の求める基準のマッチングが必要不可欠なんですね。

ただ、自身の市場価値を正確に把握するのは難しく、求人情報から「企業の求める人物像」を読み解くのも簡単ではありません。それ故に、マッチングの成立を知らせてくれる「応募歓迎」には一定の価値があるのです。

企業もバカではないので、自社の求める人物像とかけ離れた人に「応募歓迎」を送ることはないはずです。なので、応募歓迎が届いた企業に関しては、貴重な出会いだと考え、深く応募を検討することをおすすめします。

もちろん、選考が有利になるといったメリットはありません。通常通り、ライバルたちとの競争です。ただ、マッチングは成立しているわけで、内定を獲得できるチャンスは十二分にあると考えられます。

 

 


関連記事


転職サイトランキング