第二新卒異業種異職種転職

第二新卒は異業種・異職種転職の最大で最後のチャンス!?

「第二新卒は異業種・異職種転職の最大で最後のチャンス」

これは少し大袈裟な表現かもしれませんが、あながち間違いでもないでもないでしょう。特に異職種転職においては最大で最後のチャンスというのがピッタリと当てはまるのではないでしょうか。今の日本の社会はチャンスが多い様で、意外と少ないのが実状です。年齢を重ねるつれて、異職種への転職は困難を極め難易度は高くなります。そう考えるとチャンスは極めて少ないが正解です。

基本的に転職はキャリア重視の即戦力確保を目的に行われます。ただ、昨今は人の流れが活発化しており、特に新卒採用後に3年以内に離職する人の割合が30%を超えることから、若年層の確保が企業にとって一つの課題となっています。そこで注目されているのが「第二新卒」ということなんですね。

ここでは、なぜ第二新卒が「異業種・異職種転職の最大で最後のチャンス」となるのかをお伝えしていきます。

  1. 第二新卒がチャンスである理由
  2. 第二新卒に求められるもの
  3. 第二新卒として転職を行うデメリット
  4. 第二新卒は企業からこう見られている

第二新卒がチャンスである理由

まずは、なぜ、第二新卒がチャンスなのかをお伝えします。転職ではキャリアが重視されることをお伝えしましたが、第二新卒はそれが求められていないことが最もな理由です。第二新卒は社会人となって3年以内に転職する人を指しますから、まともなキャリアがないことは企業は把握しています。ですから、期待する部分はそこには無いんですね。

つまり、異業種・異職種などの未経験分野への転職であっても、新卒と同様に「可能性で採用してもらえる」ということです。

企業は流動的な「若年層の確保」や「新卒早期退職者の補充」を目的に第二新卒を採用します。そして、ある程度の社会人経験がありますから、一般的なビジネススキルや考え方が身に付いており、新卒の様に一から教育する必要のない人材として重宝しています。つまり、新卒よりもお金や時間を掛けることなく、スピーディーに戦力として成長してくれることを期待しているわけですね。

また、若手であることへの期待も高く「新しいことへの適応力がある」「社風や制度に馴染みやすい」「素直で指導のしがいがある」「行動力にたけている」など、一定のキャリアがある人材と比較したときのメリットも企業が期待している部分です。

第二新卒に求められるもの

第二新卒はチャンスであることはお伝えしましたが、もちろん誰でも簡単に内定を勝ち取れるわけではありません。企業が期待していることを満たす必要があり、新卒と同レベルでは採用されません。採用過程では特に以下の項目が重視されますから、その点を強化して活動していく必要があります。

  • ビジネスマナー
  • コミュニケーション能力
  • 今後のキャリア
  • 志望動機
  • 入社意欲・熱意

まず、ビジネスマナーやコミュニケーション能力は採用への最低条件と考えておきましょう。ここが満たされていなければ社会人経験がある第二新卒を採用する意味がありません。面接時のマナーや受け応えはもちろんですが、履歴書や職務経歴書などの書類に関しても社会人としてのレベルが求められます。

また、過去のキャリアは重視されませんが、今後はどういった仕事をしてどんなキャリアを築いていきたいかは重要視されます。つまり、未来は見据えておく必要があるということですね。ですから、将来像と志望動機を連動させて伝えることが重要になってきます。また、この会社に入りたいという意欲や熱意も第二新卒の採用過程では重視される様ですね。

第二新卒として転職を行うデメリット

第二新卒として転職を行うことは、入社後3年以内の短期間で会社を辞めることを意味します。つまり「短期の職歴を背負う」ということになります。これが何を意味するかというと、転職市場ではデメリットであり評価を下げる一つの要因となるものを持つことを意味します。

この短期の職歴は、第二新卒だからこそ許されるものであって、転職して入社する会社ではそれが許されません。もし転職先でも同じ様に短期間で辞めることになれば、短期の職歴が2回となり、転職市場では「すぐに辞める人」「精神的に弱い人」「仕事に対する認識が甘い人」などのレッテルを張られる可能性があります。これは、その後の転職活動を圧倒的に不利にする要因であることは想像できますよね。

つまり、第二新卒として転職を行うならば、このデメリットを背負う覚悟を持たなくてはなりません。更に、この1回の転職活動は今後のキャリア形成において非常に重要であるということを認識し、全力で転職活動を行うことも必要になります。ですから、安易な考えでの転職は避けるべきであり、転職しないことも含めて真剣に熟考すべきデメリットなんですね。仮に転職することを選択するのであれば、多少の不満やリスクは受け入れて、新たな職場でキャリアを積んでいく覚悟が必要です。

第二新卒は企業からこう見られている

第二新卒者はもちろん今後の企業を支える人材として期待されています。ただ、短期間で転職する経緯がありますから、採用過程ではこう見られています。それが「忍耐力が欠如してるのではないか」「精神的に未熟な人ではないか」「自分勝手な会社への不満で辞めただけではないか」などです。

簡単に言うと「またすぐに辞めるのではないか」と疑われているということです。それを探るために離職理由は100%確実に聞かれます。そこに考えの甘さや上記で取り上げた様な要素が見え隠れすると採用されません。ですから、面接では言うべきでない離職理由は語らず、今後のキャリアや志望動機と連動した離職理由を用意して話に一貫性を持たせることが重要になります。
 

この様に第二新卒は転職市場において大きなチャンスを持っている属性なんですが、デメリットも併せ持っており、簡単にことが運ぶわけではありません。新卒以上が求められることは当然であり、ポテンシャルも示さなければなりません。チャンスは大いにあるが、決して簡単なわけではないということです。

ただ、第二新卒は求められるレベルが最も低く、どんな形の転職をも可能にする最大のチャンスであることも確かです。ですから、転職することを決めている、業種や職種を変えたいと強く望んでいる、そうであるならば行動することが正解です。

もしあなたが「第二新卒」という人生に一度しか得ることのできない武器を持っているのなら、それを利用しない手はありません。是非その武器を活かしあなたの望む転職を実現させて下さい。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  3. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  4. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  5. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  6. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  7. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  8. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く