申告

面接での病気について!申告の必要性、嘘(隠す)、不採用の可能性に迫る!

本当に辛い悩みかと思います。
何かしらの病気(持病)を抱えている、または過去に抱えていた。

面接でそれを伝えると不利になるかもしれない・・・。

正直に話すと、不採用となってしまうのだろうか?
申告の必要性はあるのだろうか?
嘘をついて隠すことは問題なんだろうか?

こんな疑問で頭を悩ましてしまいますよね。

正直に言うと、この問題に明確な答えはなく、申告するかどうかは個人の判断に委ねられます。また、今現在の状況や改善具合にも左右されるかと思います。

そこで、ここでは病気の申告についての「参考となる考え方」をお伝えしたいと思います。この問題で悩むあなたの参考になれば幸いです。

 

病気のことを正直に話すと、不採用の確率が高まるのか?

病気(持病)が選考に影響しないのであれば、そもそもこの問題で頭を悩ますことはないでしょうから、最も核心的な部分がここにあるかと思います。

この点については隠しても仕方がないので正直にお伝えします。

病気のことを正直に話すと、選考上でプラスになることはない!
病気が業務に影響するレベルならば、選考上で大きなマイナスとなる!

残念ながら、これが嘘偽りのない真実です。
企業側からするとやはり「採用リスク」を避ける方向に動くんですね。

この問題で頭を悩ましている方にとっては、既成事実であったかもしれません。
だからこそ、申告の必要性を考えて悩むんだと思います。

病気の申告について見ていきましょう。

病気のことを面接で申告すべきか否か?

病気(持病)の申告については、以下の基準で判断するのが良いのではないでしょうか。

応募企業の業務に影響を与えるかどうか

これは、就活、転職、アルバイトを問わず、どんな面接でも使える共通の基準であり、この基準を推す理由は、「企業が気にしているのがこの一点だから」です。

世の中には、何らかの病気(持病)を抱えている人が数多くいるわけで、従業員の中に病気持ちの人がいるのは当たり前のことです。その為、病気が業務に何ら影響がない(健康な人と同じように業務できる)のであれば、企業としてそれを問題視することはありません。

正解不正解

逆に、病気が業務にも影響するとなると話は変わってきます。

例として、以下のパターンを「基準」に当てはめて考えてみましょう。

<パターン1>
 
・ある病気(持病)を抱えているが日常業務に何ら影響はない
・毎週水曜日の午前中だけ通院の必要がある

 
平日勤務(土日休み)の企業で働くならば、申告しなければなりません。何故なら、就業時間に抜けることになるので、業務に影響を及ぼすからです。
 
逆に、水曜日が定休の企業であったり、シフト勤務で確実に調整可能であるならば、申告するかどうかはあなたの自由です。何故なら、業務に何ら影響を及ぼさないからです。

<パターン2>
 
・1日の就業時間が8時間以内に制限されている
 
正社員(契約等も含む)で「8時間*5日」の条件下で働くのならば、残業などを考慮して申告しなければなりません。何故なら、業務に何らかの影響を及ぼす可能性があるからです。
 
アルバイトなど、勤務時間の融通が利く条件下で働くのであれば、申告するかどうかはあなたの自由です。何故なら、業務に影響を及ぼさずに働くことが可能だからです。

 
あなたの現況や応募先企業の雇用形態に「基準」を当てはめて判断する!

自分自身と会社の両方を考慮するならば、この選択が最良ではないでしょうか。

 

面接で病気のことを隠す(嘘を付く)ことについて

これに関しては、前述した内容とほぼ同じです。

応募企業の業務に影響するのであれば、嘘を付いて隠してはいけない!
応募企業の業務に影響しないのであれば、隠すかどうかはあなた次第!

業務に影響を及ぼしてしまう場合、入社後に確実に発覚してしまいます。そうなると、あなたと企業、双方にとってマイナスとなるので隠すべきではありません。最悪の場合、面接の段階で言わなかったことを問題視される可能性もあります。

逆に、業務に何ら影響しないのであれば、どちらを選択して問題ありません。程度が軽く、伝える必要のないレベルであれば、敢えてそれを語る必要もありません。つまりは、あなたの気持ち次第だということです。

ただ、一つだけ言わせて下さい。
業務に影響しない場合でも、素直に事実を伝えておいた方が安心ではあります。

嘘を付く、事実を隠す。

これって、内定獲得のことだけを考えたものですよね。もちろん、内定を取らないと何も始まらないのは分かっています。ただ、何よりも重要なのは、内定獲得という一瞬ではなく、入社後の「安心して働き続けることができる環境」ではないでしょうか。

実際にこの問題で苦労している人からすると、綺麗事なのは分かっています。でも、今後も長く続く人生のことを考えると、「伝えておく」という選択が最良ではないでしょうか。伝えておけば、入社後に万一何かあったとしても安心です。

過去の病気(現在は完治している病気)は伝えるべきか否か?

過去の病気に関しても気になるかと思います。
これに関しては、今現在、完治しているのならばどちらを選択しても問題ありません。

過去のことを敢えて伝える必要はないとも言えますし、仮に伝えたとしても、完治しているのであれば企業は気にしないでしょう。

ただ、過去の病気で今現在は完治していたとしても、「うつ病などの精神的なもの」は伝えない方が無難でしょう。やはり、伝えられた企業は悪い方向に想像を膨らませてしまいます。

「精神的に弱い人なのではないか?」
「再発の可能性があるのではないか?」

これは、あきらかに選考上で不利に働きます。

今の時代、会社からの過度な要求やプレッシャーで「うつ病」になってしまう人が数多くいらっしゃいます。だから、「一時的にそういった状態に陥っていた」「前職はうつが原因で退職した」という過去があっても問題ありません。

自ら不利となることを語る必要はないので、完治させた自分に自信を持って臨みましょう。

最後に・・・

この問題は非常にデリケートで難しいです。

本当は病気のことも正直に伝えた方が安心ではあるんですが、伝えると選考上でプラスになることはありません。

だから、悩みます・・・。

そんな時はここでお伝えした「基準」を軸に考えて欲しいんですね。

申告する・申告しないを「基準」を起点に考える。
あなたの現在の状況から「基準」を起点に会社(就業条件)を選ぶ。

こんな風に使ってもらえばと思います。

 

 


関連記事


転職サイトランキング