お礼

転職エージェントにお礼の菓子折りは必要無し!?

転職支援サービスは「人」対「人」のサービスですから、親身なサポートを受ければ「感謝の念」も沸いてきます。そんな折、感謝を「お礼」という形で伝えることの必要性に悩んでいる人もいるようですね。

そこで、ここでは転職エージェントに対する「お礼(面談のお礼メール、内定後の菓子折り)」についてお話ししようと思います。

 

面談後のお礼メールについて

ここは先に結論をお伝えします。

面談後のお礼メールは不要です!

何故なら、担当者(キャリアコンサルタント)はあくまでも「仕事」であなたの転職をサポートしているだけで、最終的にエージェント経由で転職先を決定してもらい、売上を立てることを目的としているからです。それ故に、担当者は、面談のお礼なんてのは求めていませんし、お礼の有無で対応を変えることもありません。

  • お礼メールがないと丁寧に対応してくれないのでは?
  • お礼メールがないと非常識と思われるのでは?
  • お礼メールすれば優先対応してくれるのでは?

こんな心配は不要ですし、期待も叶いません!

これが事実なので、面談終了時に口頭で感謝の気持ちを伝えればOKです。それ以上は必要ありませんし、担当者も望んでいません。何より、お礼メールよりも今後の対応の方が遥かに重要です。

電話連絡があれば必ず折り返す!
メールがあれば無視せず返信する!
積極的に求人紹介を促す!

これらの行動を通じて「転職する強い意思を示すこと」が重要で、社会人としてビジネスマナーを守り、丁寧に接することを心掛けましょう。担当者からすると、「売上に繋がる可能性を示してくれること」が最高に嬉しいお礼ですから!

内定獲得後の菓子折りでのお礼について

エージェント経由で転職先が決定した際、菓子折りを持ってお礼に行く人もいるようですね。

もちろん、感謝の念を伝えることは悪いことではないですが、これも全く必要ありません。何故なら、キャリアコンサルタントからすると、担当する求職者が転職先を決定すると、売上を立てることに繋がり、ノルマ達成に大きく貢献してくれたことを意味するからです。

つまり、内定を獲得し、入社が決定した時点で最大のお礼ができているんです!

だから、それ以上は必要ありません。
担当者との最後の連絡時に感謝を伝えれば十分です。

転職支援サービスはボランティアではなくビジネスですから、あなたは「自分の望む転職を実現することだけ」を考えて利用しましょう。

お礼の必要性で悩む必要はありません。

 

 


関連記事


転職サイトランキング