転職人生

転職しないで後悔する人生ってつまらなくないですか?

なぜ、社会に出ると、同じ場所で同じ仕事を続けなければならないのか?

私は仕事を通してこの思いを強く持っていました。

社会人として働き出すまでには、小学校、中学校、高校、専門学校、大学などの節目があり、自分自身や環境を変化させるチャンスと、多くの人と出会う機会があります。でも、一度就職して社会に出ると、会社や仕事を変えるチャンスはほとんどありません。

結果、同じ場所、同じ顔触れ、同じ仕事で、今まで生きてきた人生の何倍もの時を過ごさなければなりません。この「社会の現実」が、仕事に対して「負の感情」を抱く要因になっていると感じざるを得ません。

たとえば、「あと30年、40年もこの会社で仕事を続けなければならないのか」に代表される「絶望感」や「憂鬱感」です。定期的にそれが変更できるチャンスや環境があれば、その節目を目指して頑張れます。でも、社会に出るとこれまでの人生のような環境の変化は用意されていません。

だからこそ、多くの人が「今の会社・仕事で良いのか?」と葛藤して転職を考えるんだと思います。昨今は転職が当たり前の世の中となっていますが、これは自分の人生について深く考える人が増えてきた結果だと思います。

ここで、あなたには「後悔しない選択」をして欲しいと思います。

世の中には400万社以上の会社が存在するので、あなたが最初に選んだ会社がベストである確率は極めて低いです。逆の捉え方をすると、転職してもベストに出会える確率も極めて低いです。

ただ、今の会社に不満を抱えていたり、仕事で実現したいことがあるのなら、よりベターを目指して行動するべきではないでしょうか。

何故なら、負の感情を抱きながら、この先何十年も今の会社で働き続ける人生はつまらないからです。また、社会に出ると変化を起こすには自ら動くしかないからです。これまでの人生のように、節目は向こうからはやってきません。

 


 

転職ができる内にやっておかなと、いずれできなくなる!

あなたが将来的に起業やフリーランスで働くことを考えていないのであれば、一生会社に属して働いていくことになると思います。何かしらの手段でお金を稼ぐことは必要ですからね。

その場合、いつの日か必ず「この会社で定年まで働いていく」と決断しなければいけない時がやってきます。それは年齢かもしれませんし、結婚などのプライベートでの出来事かもしれません。

そう考えると、変化を起こすチャンスは限られているんですね。

この事実から私が最もお伝えしたいことは、「転職したいという思いを抱いているのなら、それが出来る内にさっさとやってしまいましょう」ということです。行動しないと、何も手に入らず、何も変わりません。

転職が難しい年齢や環境に至って「あの時転職しておけば良かった」と後悔しても後の祭りです。あなたは、人が最も後悔することって何だか知っていますか?

それは、出来るのにしなかったという後悔です。

これを転職に置き換えると、「転職できる時に行動せず、転職できない状況に追い込まれて後悔すること」となります。これ程につまらないことはありませんよね。転職すれば必ず事態が好転するとは限りません。ただ、「出来るのにしなかった」という最大の後悔は回避することができます。

この事実を踏まえ、あなたには未来を見据えた選択をして欲しいと思います。

 

 


関連記事


有益な転職サイト