転職履歴書

短期の職歴を履歴書に書く、書かないはあなたの覚悟次第

短期の職歴は履歴書に書く必要があるのか?

これも転職の際に出てくる悩みの一つですよね。恐らく、このページを見ているあなたの本音は、「可能であれば書きたくない!」にあるのではないでしょうか。

短期職歴は相手に「悪印象」を与える材料の一つです。また、短期間で辞めた理由を面接で伝える必要があるため、「採用側が納得する理由(それなら仕方がないと思われるような理由)」を語ることができないと、まず間違いなくマイナス評価となって不採用の確率を高めます。

嘘の理由で取り繕う場合も、相当に尽力して作り込まないと大抵はバレます。面接中も、「嘘はバレていないか」「怪しまれていないか」なんて心配をしなければならず、面接が騙し合いの様相を呈します。これでは上手くいくはずがありませんよね。

要するに、短期職歴はデメリット以外の何者でもないわけです!

この現実を考えると、「書かないことを検討する」というのはごく自然な流れなんですね。そして、ここで重要になってくるのは「実際問題として短期職歴は書かなくてもいいのか?」という部分かと思います。

果たしてどうなんでしょうか?

私の経験や見解を含め、この点について言及していきたいと思います。

 


 

ここは先に結論をお伝えします。

  • 短期の職歴を書かなくても入社できるケースがあるのは事実だが、リスクを背負う覚悟と細心の注意が必要!
  • 短期職歴を隠すことがベストな方法とは限らない

ここでは、この意味するところを詳しく解説すると共に、短期職歴を書かないことによる「リスク」と「注意事項」、更に「短期職歴に対する考え方と対策」をお伝えしていきます。この事実を把握した上で、あなたにとってどちらが利益のあることなのかを考えて判断しましょう。

職歴詐称が発覚した場合のリスクについて

本当は存在するはずの職歴を書かない…。

まぁ、これは当然のこと「経歴詐称」にあたるので、万一バレてしまった場合には不利益を被る可能性があります。たとえば「入社前に発覚した場合は採用取消」「入社後、一定期間経過後に発覚した場合は解雇」などが考えられます。

つまり、短期職歴を書かない選択をする場合、これらの「不利益を受け入れる覚悟」を持っておかなければなりません。正直に言うと、上手くやればバレる可能性は極めて低いです。でも、バレる可能性はゼロではないので、最悪のケースは想定しておく必要があるのです。

また、たとえ職歴詐称が発覚したとしても、あなたが「会社にとって必要な人材」となっていれば、恐らく解雇されることもないでしょう。(厳格なルールを適用する会社がないとは言えませんが) 但し、会社に弱みを握られることになるわけで、それがどう転んでマイナスに転じるかは分かりません。

そして、万一詐称が原因で解雇されてしまった場合、退職理由が「不当行為による解雇」となるので、今後の人生に負の影響を与えることは言うまでもありません。

このリスクを背負う覚悟があるのか?
このリスクを背負う価値があるのか?

この疑問をしっかりと自分自身に問うて判断しましょう。安易に「大丈夫だろう」「バレないだろう」と高を括って事に臨むことはおすすめしません。

入社書類から発覚するケースを想定しているか?

入社時に提出する書類は会社によって異なりますが、基本的に「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」は全社共通の必須書類です。

これら3つの書類から詐称が発覚するケースもあるので注意が必要です。

  • 年金手帳
  • 極稀に、過去の加入履歴が記載されていることがある。

  • 雇用保険被保険者証
  • 直近の会社名と退職日が記載されており、提出必須の書類。

  • 源泉徴収票
  • 直近の会社を退職した同一年に転職した場合、年末調整の為に提出が必要。直近の会社名と退職日が記載されている。

 
これらの事実から一つ言うとするならば、「直近の会社を隠し通すことは難しい」ということです。

社会保険適応前や給料を貰う前に速攻で辞めた場合(数日、数週間といったレベルの場合)は隠せることもありますが、ある程度の期間勤めていた場合は提出書類からバレます。つまり、間近の会社の短期職歴を隠したくとも、数か月、半年と勤めた事実があるのであれば、それは不可能だということです。

逆に、それ以前の会社であれば隠すことが可能だということを意味します。

あなたに転職を繰り返した過去があり、2社前、3社前の短期職歴を消したい・・・といったケースですね。但し、ここでも注意点があって、「過去に遡って職歴を調べる会社がないとも限らない」ということです。今の時代を考えると可能性は低いですが、やはりこれも可能性はゼロではありません。

それ故、詐称が発覚した際のリスク同様、慎重に事を判断する必要があります。

履歴書に書かない会社に勤めていた期間の問題

間近の会社でなければ隠すことも可能だとお伝えしましたが、一部の職歴を書かないとなると、消し去った会社に勤めていた期間が「空白」になってしまいます。この空白期間をどう扱うかを考える必要があり、これが結構な難問となります。

履歴書に書く会社の入退職年月を詐称する方法もありますが、「履歴書」「職務経歴書」「面接での受け応え」全てをその嘘の職歴に合わせなくてはなりません。細心の注意を払わなければいけないのはもちろんのこと、「嘘を隠す面接」となるのでしんどい思いをする可能性が高いです。

転職活動期間にする方法もありますが、転職するのに相当な時間を要したことになります。転職活動期間が長いと、「他社が不採用にした人」とマイナスに連想されるので、今回の転職で不利益を被る可能性もあります。また、その期間が半年以上の長期となる場合、面接で「この期間何をしていたのですか?」なんて質問が飛んでくることも無きにしも非ずです。

あなたは、職歴を消し去ったことによって発生する「空白期間」を上手く取り繕うことができますか。採用側に突っ込みを受けるレベルの長期間になっていませんか。この点に問題がないかもしっかりと考えましょう。

 


 

あなたの覚悟次第でどちらも選択できる!

短期の職歴を書かないことに対して否定的とも言えることをお伝えしてきましたが、実際問題「職歴は隠そうと思えば隠せる!(間近の会社を除く)」というのがホントの所です。

過去の職歴を遡って調べる会社なんてのは一部の業界(職種)に限られますし、今のご時世、個人情報を調査するといったことに対する風当たりも強いですからね。

また、転職活動において短期職歴が「実害」となっているからこそ、書かない選択を模索して頭を悩ませているのだと思います。仮に、「職歴をバカ正直に書くと書類選考すら通らない」「面接の論点が全てそこに集約される」といったレベルであるのなら、覚悟を持って「書かない選択」をするのもアリなのかもしれません

何を隠そう私自身も「4日で辞めた会社」を経歴から抹消して活動した経験があります。3度の転職で計4社(実際は5社)で働いてきたわけですが、1社抹消した状態でも辛い状況でしたから、「4日で辞めた会社の経歴なんて絶対に書けない」といった感じでした。

その後、何とか転職先を見つけて働くことができましたし、抹消した経歴がバレるなんてことも一切なかったです。(私の場合は超短期の4日で、かつ、各種書類を提出する前だったというのが逆に良かったのかもしれませんが)

こういったケースも実際に存在するわけで、世の中にも同じようなケースで新たな職場を見つけた人も多くいるはずです。今この問題で悩んでいる人の辛さが分かるからこそ、私は「短期職歴を隠す」という選択を否定はしません。「一度試してみてはどうですか?」といった考えです。

しかし、おすすめしたいのは別の方法です。

短期職歴となってしまった自分の非を認め、今後(未来)で勝負する!

前述した内容から分かる通り、「短期の職歴を消し去る」というのは簡単なようで簡単ではありません。リスク、嘘の創作、手間、結構な負担があなたに圧し掛かります。実際、「書かないと色々と面倒でリスクも多いな・・・」と感じた人も多いかと思います。

これは正にその通りで、やっぱり「詐称」にはそれ相応のマイナス要素が付きまといます。
そして、これが事実を捻じ曲げるということです。

だったら、短期職歴を隠さずに正直に記載し、面接で「短期職歴になってしまった自分の非を認め、今はそれを繰り返さないよう活動をしていることを伝え、その他の部分で勝負する!」という戦法の方が良いのではということです。

下手な嘘を付いても大抵はバレます!
嘘を付く人を採用する企業は存在しません!

A「疑わしき態度や言動が目立つ人」
 
B「正直に自分の非を認め、反省し、今後は長く働いてキャリアを積んでいくことを宣言している人」

あなたならどちらの人物が信用できますか?
あなたならどちらの人物を採用しますか?

経験談からお話しすると、「嘘や触れられたくない部分を如何にして隠すか」といった面接はめちゃくちゃ辛いです。そして、そこにばかり力を割いてしまい、肝心の部分が抜け落ちてしまいます。結果、短期の職歴を隠しても不採用になるだけなんです。

私の場合は、「会社を辞めた理由」を嘘で隠していましたが、今思えば絶対にバレていたと思います。最後の転職時は、3社分も嘘を付く必要があったため、はっきり言って地獄でした。転職活動は連戦連敗、半年かかって最後は「履歴書さえ出せば誰でも入れるような会社」に入るしかなかったんです。

だから、私は正直に話すことをおすすめします。
この手法の方が精神的にも楽です。

短期職歴を重ねてしまったことに対する反省の弁を素直に述べ、「今はどういった考えで転職に臨んでいるのか」「その会社に入社したらどう行動していくのか」「長期的な貢献や展望のプラン」を語るのです。

こちらの方法も是非検討してみて下さい。

短期職歴に対してどう向き合うかはあなた次第です。
正解はありません。
あなたが最善だと思う選択をして下さい。

 

余談

最後にもう一つ言わせていただくと、「転職の採用基準は過去の職歴の長短ではない!」ということ。

要するに、短期職歴があるから不採用となるのではなく、短期の職歴を繰り返し、年齢相応の経験やスキルを有していないから不採用になるということです。

これが「採用の本質」なので、その点がずれていないかも振り返ってみて下さい。

<採用の本質>
 
・短期の職歴があろうが、あなたが企業の求める経験・スキルを有しているならば採用されます!
 
・短期の職歴がなかったとしても、企業の求める経験・スキルを有していなければ採用されません!
 
これに関しては、「職歴が短いは不利、長い場合は有利を採用側から考える」のページで詳しく解説しています。興味のある方はあわせてご覧下さい。

 

 

関連記事

有益な転職サイト