応募判断

転職活動で「応募するかどうかを迷った時」のたった一つの行動指針

転職活動は選択の連続で、様々な決断を下していかなければなりません。当然、その選択の中で迷いは出てくるもので、特に「応募するかどうか」については悩むことが多いかと思います。

  • 本当にこの企業で良いのだろうか?
  • 転職することになった不満を解消できるだろうか?
  • 決め手には欠けるが悪くはなさそうな企業だが応募すべきだろうか?
  • 応募条件から少し外れているが応募しても大丈夫だろうか?

人それぞれ様々な疑問を抱え、「応募に踏み切るかどうか」という選択と常に戦っていることかと思います。むしろ、「この会社だっ!」なんて大きな手ごたえを感じる会社と出会えることは稀です。

こうした現状の中でどう行動するのが正解なのでしょうか?

この疑問を解決するための「行動指針」を一つお伝えしようと思います。

 

応募するかどうかを迷った時の適切な行動とは?

実は、転職活動において「応募に迷う」という行為は時間の無駄なんです!なぜこんな突拍子もないことを言うのかというと、会社なんてものは応募することでしか分からないことが圧倒的に多いからです。

  • 本当にこの企業で良いのだろうか?
  • 自分の転職目的を実現してくれる会社なのだろうか?
  • 転職することになった不満を解消してくれるのだろうか?

この疑問は、実際に面接に行って会社の空気に触れ、その会社で働いている人と話し、疑問を質問としてぶつけ、自分の目で見極めることで初めて答えを出すことができます。

  • 応募条件を満たしていないが大丈夫だろうか?
  • 経験年数が不足しているが採用される可能性はあるのだろうか?

これも、実際に応募してみないことにはその「答え」を知ることができません。ダメなら書類選考で弾いてくれますし、あなたに興味があれば面接に呼んでくれます。要は、応募することで企業が「答え」を返してくれることなので、応募を躊躇っていても仕方がないんです。

企業によって「厳密に条件で却下するのか」or「多少の幅を持って応募者を募っているのか」はまちまちです。だから、企業の考え方を知るには応募するしか方法はありません。

企業が設定している応募条件はあくまでも目安であり、満たしていなくても採用されるケースは多々あります。(詳しくは「求人の募集要項「経験年数」は足りなくても応募する価値あり?」を参照下さい。)

 
会社に対して何らかの疑問を抱えているのであれば、実際に会社に足を運んで自分の目で見極める。条件に対して疑問を感じているのであれば、実際に応募してその答えを待つ。

つまり、応募するかどうかを迷っているのなら、絶対に応募すべき!が適切な行動になります。

応募を迷うということは、該当企業に多少なりとも興味があり、期待する部分があるはずです。ならば、実際に応募して「自分の目」で見極めればいいんです。結果がどうであれ、応募することはプラスにこそなれど、マイナスになることは絶対にありません。

逆に、応募を躊躇うと後に後悔する可能性があります。「あの時、あの企業に応募しておけばよかった」なんて思っても後の祭りです。

現実的な話をすると、何度か面接で足を運んだとしても、その会社の本質は入社してみないことには分かりません。でも、企業のホームページや求人情報を見ているだけでは絶対に掴めない、何か自分の肌で感じるものは必ずあります。これは、応募するからこそ得られるものです。

応募するには志望動機や自己PRを考えないといけないので面倒くさい、だから条件が微妙な会社の応募に迷う。すごく分かります。でも、ここを面倒くさがっていては、自分に合う会社なんて見つかりません。転職活動は面倒くさいことの連続です。

応募条件から少し外れている、応募条件を一部満たしていない。それでも応募に迷うということは、あなたがその会社に魅力を感じている証拠です。何も確かめないで撤退する方がもったいないことだと思いませんか。

転職活動では「迷ったらGO」の精神が結構有効だったりします。転職活動では積極的に行動できる人が望み通りの転職を実現できることが多いです。

応募することに一切の遠慮は必要ありません。
応募することを面倒くさがると良い結果を生みません。

迷ってるなら、応募しましょう!

今後、企業を調べている中で「迷ったら応募する」を自分の芯に置いておけば、「迷う時間」がゼロになり、その余った時間で応募を完了させることができるはずです。

 

転職活動で最も大切なこと

積極的に応募が必要な理由を、別の観点から探ってみましょう。

あなたは転職の内定確率を知っているでしょうか?
転職で最終的に内定が出る確率は6%前後!
そう、たったの6%しかないんです。

つまり、応募しても不採用となる確率が圧倒的に高く、基本的には落ちるんです。1社から内定を得るだけでも「約20社の応募が必要」ということになります。もちろん、このデータは平均値ですから、個々のスペックによって結果は変わります。

ただ、「内定を得るためにはある程度の数(応募)が必要」という事実を示しているわけです。つまり、応募に関しては以下の精神が大切なんですね。

  • 興味があったら応募する!
  • 迷ったら応募する!
  • 積極的に応募する!

転職活動は消極的に取り組んでも「損」をするだけです!

積極的に行動できる人。
迅速に行動できる人。
行動して経験値を積んでいく人。
多くの人が面倒くさがってやらないことをやれる人。

こんな人は転職でも強く、早期に内定を得て活動を終えていきます。逆にこれができない人は、後悔したり、活動が長期化したりします。今の会社で働きながらじっくりと活動するのなら「慎重な応募」でも構いません。でも、早期に転職を実現したいのならば「積極的な応募」が絶対的に必要です。

  1. 迷ったら、とりあえず応募してみる
  2. 書類選考を通過したら面接に行ってみる
  3. 面接の受け答えのなかで、自分の求めていた企業(仕事)なのかを見極めていく
  4. 複数の会社を受けていく中で比較検討していく

こんな流れで「行動しながら考える」という積極性が転職活動には必要です。つまり、応募を迷っているのなら、絶対に「GO」が正解なんですね。

迷っているということは応募する価値のある企業であるはずです。全く興味のない会社に対して迷うなんてことはないはずです。だから、「迷う」というのはあなたに「行動して確かめてみろよ!」を伝えるサインなのかもしれません

私の見解が100%正しい訳ではありませんが、あなたの今後の活動指針の参考になれば幸いです。

 


 


関連記事


転職サイトランキング