驚愕

なんとなく転職したい・・・この考えには大きな落とし穴が!

転職市場には、軸が不明確なまま中途半端に転職活動に臨んでしまう人がいます。

  • 絶対的に転職の必要性に迫られているわけではないが、どこかいいところがあれば…
  • 今の会社よりもいい会社に転職できるのであれば…
  • 今の仕事も悪くはないが、別の仕事にも挑戦してみたい…

このような気持ちでなんとなく転職活動すると、いい結果に繋がることはほとんどありません。また、いざ本当に転職の必要性を感じた時に、なんとなく転職した1回が足枷となってしまうこともあります。

そのため、なんとなく転職はあまりおすすできないというのがここでのお話しです。

20代前半から中盤の若年層は、軸が不明確であったとしても、需要があるので比較的簡単に転職できます。実は、ここに大きな落とし穴があるので、若い人は特に肝に銘じて欲しい内容です。

 


 

何となく転職活動すると、今の会社よりも劣る会社にしか採用されない!

転職市場で求人を出している企業は、応募者の「本気度」に注目しています。なんとなく転職活動を始め、なんとなく興味を持った会社に応募しても、中途半端な気持ちはすぐに見抜かれます。

そのため、経験やスキルが応募条件を満たしていたとしても、「本当にこの人はうちの会社に興味があるのだろうか?」と疑念を持たれ、不採用となってしまうのです。

そして後になって、その会社がとてもいい会社だったこと、自分にとって大きなチャンスだったことに気付き、「もっと真剣に準備して臨めばよかった」と後悔するんですね。

結局、なんとなくレベルで転職活動すると、なんとなくレベルをOKとしてくれる会社にしか採用されません。そして、なんとなくレベルをOKとしてくれる会社、ほとんどの場合、今の会社よりも劣る会社です。

嘘みたいな話に感じるかもしれませんが、こういったケースはよくあります。

なんとなくであったとしても、実際に転職活動をすることによって「企業」や「自身の市場価値」を見極めることは悪いことではありません。ただ、本気で転職するんだという気持ちを持ち、万全の準備で臨まなければ、本当の評価を知るのは難しいです。

何となく転職は、無駄に転職回数を重ねる原因に!

転職理由(軸)が不明確なまま「なんとなく」で転職してしまうと、失敗や後悔につながる可能性が高まるので、むやみに転職回数を増やす原因となることがあります。

転職回数が多いこと自体が悪いわけではありませんが、「なんとなく」回数が増えてしまうことは望ましくありません。

転職の面接では必ず「転職理由」が問われれます。軸が明確な人であれば、転職理由に「なるほど」と思わせる説明がついてきます。ところが軸が不明確な人の場合、転職理由をいろいろ説明するものの、つまるところ「なんとなく」というのがバレてしまいます。

つまり、軸が不明確な人でも転職はできるものの、転職先でも同じように会社への不満と、「なんとなく」理想を追い求めたい気持ちと、いざとなれば転職すればいいという思い込みが結び付き、転職を繰り返してしまうのです。

結果、無駄な転職がキャリアを壊し、本気で転職の必要性が生じた時の足枷となり、意中の会社を射止めることができなくなるのです。

そして最終的に、転職回数が多い人にも寛容な会社や業界(激務、薄給、不人気、ブラックなど)にしか採用されないという「負の循環」に飲み込まれます。

転職というのは、必ずしもプラスに作用するとは限らないので、今の会社にある程度満足しているのであれば、なんとなく転職は絶対に避けるべきです。

転職とは、「私は〇〇を実現させるために転職するんだ!」という明確な理由(軸)があって初めて行動に移すべきものではないでしょうか。

 

 


関連記事


有益な転職サイト