指摘

会社の方針(上司)と合わないから転職すると失敗する!?

会社の方針と自分の考えが合わない…会社の方針についていけない…上司とそりが合わない。

仕事をしていく上で「自分自身の考えや主張」を持っていることは大切なことで、それが「会社の方針」と合致していれば気持ち良く働けるのは確かです。上司に関しても、「尊敬できる上司の下で働きたい」と誰もが願っているはずです。

そのため、転職市場には「自分の考えと合致する会社に転職する」という人がいるわけですが、果たして「理想の環境を求めて転職することは正しいことなのか?」ということを考えて欲しいのです。

もちろん、この種の理由で転職してはいけないということではありません。ただ、社会の現実をしっかりと理解した上で決断する必要があります。

何故なら、理想の環境を求める人(転職理由が他責である人)は、転職が失敗に終わる可能性が高いからです。

 


 

上手くいかない原因を「環境」のせいにする人は失敗する!?

環境とは具体的にどういうことを指すのかというと、「会社の方針が合わない」「上司の能力が低い」「商品・サービスが悪い」などのことを指します。

そして、この環境に我慢できず、「会社の方針通りに商品を売ることを強要されるが、それだとお客様に深く入り込めない!」「上司とそりが合わないし、こんな上司のもとで働いていても意味がない!」といったことを感じて転職を考えます。

これは一見もっともらしく感じますが、結局は転職を他人のせいにしている「他責」なんですね。ここで理解しておくべきことは、転職理由が「他責」の人は失敗する可能性が高いということです。

その理由は、転職しても会社組織で働くならば同じことが起きる可能性が高く、対処もしてこなかった(転職に逃げてきた)ので、同じ壁にぶつかるとまた逃げるしか手がなくなるからです。

結果、転職を繰り返す羽目になり、将来的に後悔します。

実際、会社の方針が合わなかったとしても、自分の工夫次第で状況はいくらでも改善できます。また、その過程で得た経験を会社に還元し、方針の変更を提案していくことも可能です。

恐らく、高い成果を出している人は、会社の方針を批判する暇があれば、その間に工夫する方法をあれこれ考え、自ら状況を変えるように行動しているはずです。

気付き

会社というのは価値観の異なる不特定多数の人が集まって仕事をしているので、そこに「方針」や「ルール」が存在するのは当たり前のことです。個人が好き勝手、自分の思い通りに仕事をしていては経営は成り立ちません。

会社組織で仕事をするにあたっては、価値観の違う者同士の方向性を一つに束ね、会社として利益を最大化させるために「方針」というモノが存在するということを理解しておかなければなりません。

転職して会社を変えたとしても「自分の考えと合う部分・合わない部分」が必ずでてきます。会社の方針は個人の為に存在するものではないですし、全ての従業員が納得する方針なんてものも存在しないのでこれが真理です。

どうしても「会社の方針」に納得できないのであれば、方針決定権を持つ幹部クラスまで昇進するか、独立して自分の会社を作るしかありません。

上司に関しても同じで、組織に属している限り上司は選べません。そして、どんな会社にもそりの合わない上司や人間が必ずいるものです。だから、転職して上司を変えるのではなく、どんな上司や人間にも対応できるよう、自身のヒューマンスキルを上げることの方が遥かに重要なのです。

転職して今の環境から逃げるのではなく、今の環境に上手く順応する方法を探る!

この可能性についても考えて欲しいと思います。

 


 

自己と環境を客観的に見つめよう!

他責に陥りやすい人には、「自己と環境について客観的に認識できていない」「自分を甘く認識してしまう」といった傾向があります。

会社の方針や上司の意見が一方的に間違っている!といったことは、実際には珍しいケースではないでしょうか。つまり、方針が決定された背景や理由を知った上で判断しなければならないのです。

でも、他責になっている人は、会社(上司)の置かれている状況、背景、自分の役割、その仕事が存在している理由などについて、客観的に理解できていないことが多いです。

そのため、表面的なことに反射的に反応し、会社が悪い、上司が悪い、となってしまうんですね。今の自分に当てはまっていないか確認してみて下さい。

転職理由が「他責」の人は青い鳥を追いかけて失敗する!

転職理由として「他責」が見て取れる人は、青い鳥(理想の職場・自分の力が発揮できる職場や状況)を追いかける傾向にあります。

そして、自分の力が発揮できていないのは、「環境が整っていないことが原因だ」「上司が悪いからだ」と考え、環境が整えば自分はもっとやれるはずだと思い込んでいます。

その結果、青い鳥を追いかけて転職を繰り返してしまうんですね。この思い込みが強い人ほど、この傾向が強くなります。

  • やりたい仕事を任せてもらえない
  • 自分に合った仕事に就けていない
  • 会社の方針が合っていない
  • 会社の商品・サービスが合っていない
  • 職場環境が整っておらず働き辛い
  • 上司と合わない

このように「他責」には色々な種類がありますが、青い鳥を追いかけるということは、上手くいなないことを周囲の環境のせいだけにする「他責」そのものなんですね。

でも、現実を見てみると、他責の原因となる要素というのはどんな会社にも存在します。つまり、環境のせいにして今の状況から逃げるように転職しても、結局は何も解決できないのです。

だから、転職するのであれば、会社を変えるだけでなく、自分自身の考え方も変えなければなりません

社会の現実を知り、自分自身の考え方や行動を変えていかないと、結局は同じような状況に陥り、再び理想の環境を求めて転職するだけです。結果、「転職を繰り返して自身の市場価値を下げ、今よりも悪い状況にたどり着く」というのが転職の失敗としてよくあるパターンです。

転職を失敗に終わらせないためにも、社会の現実をしっかりと理解して熟考して下さい。今回の転職が「他責」であったとしても、自身をも変化させるきっかけとするのなら、転職はアリだと思います。

 


 


関連記事


有益な転職サイト