迷う

転職で内定をもらって迷う・・・そんな時は直感を信じるべし!

転職活動を本格的に始めると、「本当に転職すべきなのか」「今の会社を捨ててもよいのか」と悩むようになります。そして、内定をもらうと一段と迷いが深まります。転職を決意し、内定を目指して活動していたにも関わらず不思議なものですが、誰にでもあることです。

「本当にこの会社で良いのだろうか?」
「今の会社の方が良いのではないだろうか?」
「後戻りするなら今しかない・・・」

で、迷った人がどういう決断をしているかというと、入社に踏み切る人が多いです。

これは、苦労して内定を取ると「これも縁だから」「自分を必要としてくれているんだし」「辞退すると後に後悔するかもしれない」などの最もらしい理由をこしらえ、自分を無理やり納得させる方向で志向が働くからです。

でも、本当によく考えて欲しい!というのがここでのお話しです。

 

入社を即決できないのは何かしらの原因がある!

今、あなたは内定をもらって即決できずにいるわけですが、それは「何かしらの即決できない理由」を抱えてる可能性が高いです。

実際、本当に入社したいと感じている会社から内定をもらえば、迷いは一切発生せず、入社を即決できるものです。「よっしゃー内定ゲット!もちろん入社させていただきます」ってなもんです。

あなたは、以下のような「違和感」や「直感」を抱えてはいないでしょうか。

  • 面接を通して何らかの違和感を感じている
  • その会社に対する不安が拭えない
  • 自分の悩みが解決できなさそうな気がする
  • 上手くは説明できないが、このまま入社すると後悔しそうな気がする

入社を即決できない理由を説明できなくとも、これらの「後ろ向きな気持ち」を抱えたまま入社に踏み切ることはお勧めできません。何故なら、なかば勢いで入社すると、失敗に終わる確率が極めて高いからです。

そう、この会社は避けるべきでは?という「直感」や、あなたが肌で感じた「違和感」は大抵が当たっているんですね。だから、どうしても決断できない場合は、入社受諾にブレーキを踏んだ方がいいケースも多いです。

特に、即決できない理由が「負の要素」である時はそうです。もちろん、世の中に「あなたの望みを全て実現してくれる会社」は存在しないので、何らかのデメリットの受け入れや妥協は必要です。

ただ、入社を決断する時には、それなりに「明確な入社する理由」を持っている必要があります。あなたは、内定をもらった会社に入社する明確な理由を持っていますか? これを自分自身に問うて欲しいと思います。

転職してどんな会社に入るのか…これ、人生を大きく左右する重要事項ですからね!

現職に在職中で退職の予定も定まっていないのであれば、入社辞退に対するリスクはありません。なので、どうしても自分の中で「入社を決断する理由」が腹落ちしない場合は、辞退も含めて大きな視点で転職を考えて欲しいと思います。

どちらを選択するにしろ、後悔しない選択をして下さい。

正解はありません。

ただ、人の直感や違和感は正しいことが多い!
何故なら、それは自分自身から発せられたメッセージだから!

 


 

関連記事

有益な転職サイト