面接官

面接官には「態度(感じ)の悪い人」もいるのが普通!

面接官の態度が横柄だった。
面接官の感じが悪かった。
面接官が不機嫌だった。

面接は、求職者からすると「明るく元気にいこう」「ベストを尽くそう」と前向きに臨むものですが、面接官に関しては、必ずしも同じテンションで臨んでいるとは限りません。実は、面接官には「態度が悪い人」「不機嫌な人」が多いです。

その理由は明白で、多くの業務を抱えている中で面接をしなければならず、面接官自身が仕事の時間を割かれているからです。それでも、自分の直属の部下を採用するのなら納得もいきますが、中には「会社都合」で全く関係のない面接に駆り出されている人もいます。

特に、課長やそれ以下のクラスの人が面接官となる場合、自分が担当している仕事だけで精一杯の中で、面接を担当させられていることが多いです。また、面接のおかけで、その日は残業しなければならないとしたら、面接官にとって面接自体が大きな負担となるわけです。

これが社会の現実であり、全ての会社に人事を司る部署があるわけでもなければ、「面接慣れした感じのいい人」が担当してくれるわけでもありません。それ故に、面接に臨むにあたっては「態度の悪い(相性が悪い)面接官がいるのは普通のことである」という考えで臨むことをおすすめします。

 


 

態度の悪い面接官もきちんと選考している!

面接において最悪なのが、「面接官の態度に右往左往し、面接に集中できず、いつも通りの力が出せなかった…」というものです。

ここは、「面接官の態度や表情に影響を受けず、気持ちをしっかりと持ち、話すべきことをしっかりと伝える」という姿勢でいることが大切です。

たとえ少し態度が悪く感じたとしても、面接官としてあなたと対峙している以上、選考はきっちりと行っています。相手の態度や相性の悪さに便乗して、あなたも態度や言動を変えれば一発アウトです。

面接は「選考の場」であること、様々な面接官がいることを念頭に、いつも通りのあなたで臨みましょう。また、あなたが前向きな態度で臨んでいると、最初は態度が悪かった面接官も少しずつ変わってくるものです。

面接官の態度で選考を辞退してはいけない!

面接官には態度が悪い人もいるということ、そして、その理由をお伝えしてきました。

ここでもう一つ注意したいのが、「面接官一人の態度でその会社を判断してはいけない!」ということです。残念ですが求職者の中には、意中の会社にも関わらず「面接官の態度が悪かったからと選考を辞退する人」がいます。

これは本当にもったいない!

何故なら、面接官はその会社にいる人間の一人に過ぎないからです。100人の従業員がいる会社なら100分の1、500人の従業員がいる会社なら500分の1です。面接官一人で会社の全ては語れません。

もちろん、社外の人間と接する以上、会社の代表として礼儀正しい態度で臨むべきですが、組織にはそういった人間が少しはいるものです。そして、冒頭で挙げた理由から、少し態度を硬化してしまっているだけの可能性もあるからです。

自分自身が選んだ会社を面接官一人に左右されないようにしましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング