役割

転職面接「集団の中での役割は?」はリーダーだけを求めていない!

中途採用者を募る転職において、企業は「具体的な配属先」を意識して採用活動を行っています。

  • あの部署では〇〇的な役割の人が適任だろう
  • あの上司の下に就くんだから、〇〇的な役割の人であればスムーズに入れるだろう
  • 将来のことを考えるとリーダーシップを持った人物が適任だろう

転職の面接ではこれらの「適正」を見極める手段として、「集団の中での役割」を問う質問が利用されています。

「集団の中でどんな役割を担うことが多いですか?」
「チーム内ではどういった立ち位置に収まりますか?」
「団体(組織)の中でのポジションは?」

応募者側はどう回答するのが適切なんでしょうか?

この疑問を解決するため、「集団の中での役割に関する質問」について、企業側の質問意図、NG回答例、OK回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

適切な回答を準備するため、まずは企業の質問意図を把握しておきましょう。

<企業の質問意図>
応募者本来の姿を確認し、採用予定部署で上手くやっていけるのかシミュレートすることが目的なので、本当の自分を素直に語って欲しい。リーダー的な役割です!という回答だけを求めているわけではない。

 
企業側は「応募者本来の姿を確認したい」と考えているので、本来の自分の役割を素直に語ることが正解となります。要はリーダー、参謀役、ムードメーカー、何でも良いわけです。

応募者が採用予定部署でうまく機能するかを確かめたいという意図があるので、無理に話をでっちあげて信憑性の薄い話をするよりも、素直なあなたを語ればOKです。

その結果として、「自社の求めている人物像と一致しない」と判断されたのなら仕方ありません。自分に嘘を付いて入社すると、本来の自分とは異なる人物を演じなければならず、結局は苦しむことになります。

また、この質問には「リーダーだけが求められているのではない」と理解しておいて下さい。新卒採用時の影響だと考えられますが、「リーダーと答えるのがベスト」と勘違いしている人が非常に多いです。

もちろん、リーダーシップは素晴らしい要素なので、裏付けるエピソードを持っていれば問題ありません。ただし、「学生時代に部活やサークルの主将だった」「〇〇をリーダーとなって作り上げた」なんて話は何の説得力もありません。

これが通じるのは新卒採用だけであり、中途採用者を募る転職ではもちろん論外です。あくまでも「仕事上でのリーダー的な役割」を語る必要があります。

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」について取り上げておきます。

「私は集団の中ではリーダー的な役割を担うことが多く、大学時代はサークルを中心となって立ち上げた経験が~」
 
「私は人を引っ張っていくタイプではないので・・・」

 
前者はリーダーを裏付けるエピソードが大学時代と古すぎです。また、「サークルを立ち上げた = リーダーシップがある」と企業は評価しないので、転職の面接で通用する内容ではありません。

後者は「リーダーという回答が求められている」と勘違いしているパターンです。リーダーだけを求めている訳ではないのに、言い訳じみた内容から始めるのは評価を下げるだけです。あなたの本来の姿を素直に自信を持って語りましょう。

OK回答例

OK回答例から、この質問の回答ポイントを見出しましょう。

私は集団の中ではリーダーの参謀役(ブレーン)を務めることが多く、このポジションこそ自分の力を最大限に発揮できると考えております。
前職では主任職を任されており、管理職である課長と、社員・アルバイトの仲裁役的なポジションにおりました。そのため、普段から業務が円滑に流れるよう両者を繋ぐ役割を担ってきました。企画会議では課長をサポートするかたちで業務を行い、時には現場の声を拾い上げて改善提案を行ってきた経緯があります。

 
この回答例は、「自分のことを客観的に捉え、冷静に分析できている」ということが伝わる内容となっています。また、自身の役割に関して「過去の実体験」を交えて話すことで、説得力が伴っていることも分かるかと思います。

この質問のポイントは、「自分の持つ本来の役割を素直に伝える ⇒ その理由を実体験を交えて語る」の流れで回答し、採用側にあなたの働く姿を明確にイメージさせることです

自分のことを素直に語るだけなので難しくありませんよね?

もちろん、求人情報から求めている人物像を読み解き、それに合わせて回答することも大切です。しかし、無理に話をでっち上げることは避けましょう。嘘の姿を語ることで採用されても、最終的に困るのはあなた自身です。

 

 


関連記事


転職サイトランキング