面接

転職面接「〇〇の経験はありますか?」の回答ポイントとOK・NG例文

転職の面接で「経験の有無」を問われるのは、応募先の企業がその経験を必要としている(採用への必要最低条件として設定している)からです。

要するに、企業の質問意図は「募集職種で必要なスキルを持っているのか?」「即戦力として期待できる人物か?」「配属先に適応できる経験があるか?」を探ることにあるんですね。

この質問に適切な答えを返すためには、事前の企業(職種)研究を通して、「どんな経験やスキルが必要なのか」を想定しておく必要があります。

  • エクセルのテンプレートはどんなものが使えますか?
  • 英文で書類を作成することができますか?
  • 〇〇という経理ソフトを使ったことがありますか?
  • リーダー的なポジションに就いて仕事をしたことがありますか?
  • 社外プレゼンテーションを行った経験はありますか?

これらの例が示すように、かなり具体的に聞かれるのが「経験の有無」を問う質問の特徴なので、実際に経験がある場合でも「はい、あります」の一言では不十分です。

ここでは、「経験の有無」を問う質問の答え方のポイントを、回答例を含めてお伝えしています。また、経験がない場合の答え方にも言及していますので、適切な回答を準備する際の参考にしていただければ幸いです。

 


 

ポイント1:どの程度できるのかを具体的に伝える

経験の有無を問う質問には、「何がどの程度のレベルでできるのか」を具体的に伝えます

例えば、経理職への応募で「エクセルで書類を作成したことがありますか?」という質問が想定される場合は、「市販テキストの応用レベルならほぼ理解しています。関数やマクロの利用にも習熟しており、データをグラフ化する書類作成などは日常的に行ってきました」といった回答を用意しておきます。

このとき、「あまり自信はありませんが」とか「おおよそできると思います」などと謙遜したり、表現をぼかしたりするのはNGです。この質問には、「私は〇〇ができます」と断定表現で答えます。

企業は、「あいまいな人」や「自身がない人」を採用しません。自分の経験を自信を持ってアピールすることが大切です。

ポイント2:自分なりの心掛け、工夫、学びを付け加える

単に「経験がある」という回答では、どの程度できるのか伝わらない職務もあります。その際は、自分なりの心掛け、工夫、学びを付け加えて語ることで対処できます。

例えば、マネジメント経験を聞かれた場合は「10人の営業部員を統括していました」だけでなく、「どんな点を工夫したのか」「それを通して何を学んだか」「その経験を応募先でどう活用できるか」を交えて伝えます。

「10人の営業部員を統括していました。特に新人の指導経験を通じて、失敗に対してあまり強く叱らず、正しいやり方を根気よく繰り返し伝えることで、一見仕事の覚えが悪い部下でも一人前のスタッフに育てることができると知りました」といった具合です。

このように、職務を通じての心掛けや学びを付け加えると、応募先での活躍がイメージできるので好印象となります。この点を意識して回答を組み立てましょう。

<質問>
プレゼンテーションの経験はありますか?
 
<OK>
 
【求職者】
「はい、新商品開発の企画の際、各メーカーに対して社外プレゼンテーションを行った経験があります。当初はまごつくことばかりでしたが、少しずつ改善を重ねて向上できていると思います。」
 
【面接官】
「資料の作成はワードやエクセルですか?」
 
【求職者】
「ワードやエクセルも使いますが、私は主にパワーポイントを利用しています。資料作成には自信があり、かつて作成したものを持参していますので、よろしければご覧いただけませんか?」
 
【面接官の感想】
努力家でしかも自信もあるようだ。実際に資料を持ってきているようだし、簡単にプレゼンしてもらおうか。
 
 
<NG>
 
【求職者】
「はい、売場レイアウトの企画提案書が採用され、社外プレゼンテーションを任されたことがあります。初めての経験で緊張していましたので、あまり上手くいきませんでした。」
 
【面接官】
「一度だけでそれ以降はなかったのですか?」
 
【求職者】
「はい、もう少し場数を踏ませてからと評価されたようで、それ以降は社内のプレゼンなら何度か経験しています。まだあまり自信がないのですが、徐々に向上していると思います。」
 
【面接官の感想】
経験はあるようだが、実績とは評価できないな。自分で「自信がない」という人を採用するわけにはいかない。
 

企画やクリエイティブ関連の職種に関しては、具体的なレベルを伝えるため、実際に作成(創作)した資料を持ち込むのも一つです。(但し、機密事項や社外秘の扱いには気を付ける。)

前述した通り、NG例に見られるような「自信のなさ」が垣間見れる回答はご法度です。あなたが面接官の立場でも「採用しよう」とは思わないはずです。

 


 

経験がない場合は、関連性のある経験でフォローする!

経験がない場合は選考上でマイナスとなるため、不採用の確率が高まるのは確かです。企業が「絶対条件」として想定している場合は特にそうですし、ライバルの経験が高いレベルにある場合も難しいです。

しかし、面接に呼ばれている以上は「あなたに見るべきところがある」ということであり、関連性のある経験でフォローできれば採用を勝ち取れる可能性は十分にあります

あぁ、やっぱり経験がないと駄目なんだ…と鼻から諦めて「経験ありません」と一言で終われば100%不採用確定です。ここは、面接に呼ばれたことに自信を持ち、関連性のある経験をアピールしましょう。

ここで一つ注意したいのが、「経験がないと答えると不採用になってしまう」という考えから、嘘を付くことです。面接は「本音と建前(嘘)」で成り立っているものですが、「0を1にする嘘」は誰も幸せにならないので絶対NGです。

 

経験がない場合の回答

企業としては、必ずしもピンポイントな経験が必須と考えているわけではなく、似たような経験・スキルがあれば採用してもよいと判断する場合もあります。

したがって、「それに近いことなら経験がある」「スキルを習得するため勉強中である」というように、何らかの形でフォローできる答えを用意しておきます。

例えば、「労務関係の手続きは未経験ですが、給与計算業務に携わっていたので概要は把握しています」「エクセルの応用スキルを習得するため、OA資格の取得を目指しています」とフォローします。

こうすると、少なくとも自分に不足している部分を自覚・認識し、その弱点をカバーに勤めているという、仕事に対する意欲をアピールすることに繋がります。特に未経験職への応募の場合は、この姿勢が合否を分けます。

<質問>
リーダー的なポジションに就いて仕事をしたことがありますか?
 
<OK>
 
【求職者】
「チームリーダーではありませんが、6人のスタッフをまとめる中で、サブリーダー的な位置付けでリーダーのサポートをしていました。」
 
【面接官】
「そのポジションで何を学びましたか?」
 
【求職者】
「適材適所に人員を配置する必要性です。というのは、役割分担をリーダーがあまり考慮していないと思えたので、それを意識してサポートしたところ、上手く仕事が回るようになったからです。」
 
【面接官の感想】
マネジメントについても、自分なりの経験からしっかりと学んでいる。実質的なリーダー経験はないが、成長を期待できる人材だ。
 
 
<NG>
 
【求職者】
「リーダーの経験はありません。まだ入社3年ですから、今はまだリーダーに従って業務をこなすというポジションです。」
 
【面接官】
「では、新人の教育に携わった経験はどうですか?」
 
【求職者】
「教育というほどではないですが、同じ部署に配属されていた新人にひと通りの仕事の段取りや、部署内のルールを教えたことはあります。」
 
【面接官の感想】
積極的に仕事に関わってきた姿勢が感じられない。社会人経験が短いとはいっても、経験から何かしらアピールしてもらわないと評価のしようがない…。
 

経験者がいることも想定される中で、「未経験だから何もアピールするところがない」とうのでは話になりません。

未経験職に応募する際でも、「応募先で働くにあたって、自身の経験で活かせる点はどこか」をしっかりと考えておく必要があります。

 


 


関連記事


有益な転職サイト