経歴書

職務経歴書の「逆編年体」は読みづらくてマイナスに!?

職務経歴書における「逆編年体」とは、直近の経歴を先に書いて、その前の経歴を次に書くスタイルです。これは、英文レジュメのスタンダードな書き方ですが、日本企業向けの職務経歴書でも「求職者の2~3割」の人がこの書き方をしています。

逆編年体のメリットは、キャリアのピークである直近の仕事を最初に見せることができる点で、「直近のキャリアを強くアピールしたい」「過去のキャリアを目立たせたくない」といった時に有効です。

仮に、新卒採用時に今とは全く関連性のない業界にいたとして、通常の時系列(編年体)で古い経歴を先に書くと、面接官がパッと見た時に「この人は、うちの業界とは関係がない」と判断される恐れがあります。

こうした不都合を防ぐ意味でも「逆編年体」は有効な書き方の一つなんですが、それでも「なるべくなら使わない方がいい」というのがここでのお話しです。

その理由は、読む側(採用担当者)の立場からすると逆編年体は非常に読みづらいからです。

 


 

逆編年体は経歴が理解しづらく敬遠される!?

採用担当者は、数多くの応募書類を閲覧する必要があるために「読みづらい書類」を嫌います。そのため、転職における「応募書類(履歴書・職務経歴書)」は、読む人の立場を考えて作成しなければなりません。

で、逆編年体の職務経歴書がどうかというと「読みづらい書類」に分類されます。だから、採用担当者の多くは、逆編年体の経歴書を見ると、最後のページから読み始めます

つまり、逆編年体のメリットは消え失せ、単に「読みづらい書類」になっているだけなんですね。

採用側は、求職者がどのような経歴を歩んできたかに注目しています。更に、時系列に経歴を追っていき、その年代に起きた社会的な出来事を思い浮かべながら、求職者のキャリアを把握しています。

たとえば、「バブル崩壊後に転職したんだな」「求人倍率が低い時期を勝ち抜いたんだな」といった具合です。

これが読む側の実態ですから、普通に「編年体式」で記述する方が、あなたの人物像(経歴)が伝わりやすくなるのは確かです。たとえば、映画や小説でも逆から見せる手法がありますが、やっぱり順を追って展開する方が理解しやすいですよね。

職務経歴書は自由な書式で書くことが許されているので、逆編年体で記述しても問題はありません。また、逆編年体だからといって書類選考に落とされるといったこともないでしょう。

ただ、採用担当者にとって「理解しにくい書類」になりうる可能性はあるので、「編年体」or「逆編年体」どちらで記述するかは慎重に判断して欲しいと思います。

 


 


関連記事


有益な転職サイト