転職数打ちゃ当たる危険

転職で数打ちゃ当たるはある意味正解だが、相当危険な考え方

転職において「数打ちゃ当たる作戦」はある意味正解です。

ある意味としているのは、あくまでも「内定さえ獲得できればどんな企業でもいいや」という考えの下であればです。とにかく、「どんな業界や職種でも良いので働かないとヤバい」というのならこの作戦は有効に作用するはずです。

逆に、自分の輝ける会社(仕事)を見つけ、転職を成功させたい! と考えている人にとっては、何の意味もない危険な考え方です。

転職関連の情報を調べていると、「取りあえず応募すべき!」「応募しないと始まらない!」「迷ったら応募しろ!」といった情報が散見されます。確かに間違いとは言えないのですが、言葉通りにそのまま実行するのは危険です。

  • 転職の目的が実現できない可能性が高い
  • 活動レベルが低下して内定を獲得できない

転職するということは、何かしらの目的「〇〇を改善したい」「〇〇を実現したい」を持っているはずです。通常、明確な目的を持っていれば、その目的を達成できる企業を徹底的に探すはずです。

それにも関わらず、企業研究もままならない状態で、「数多く応募すればどこか拾ってくれるだろう!」的な考えで応募を乱発すると、結局は目的が果たせず、転職後に後悔することになります。

転職というのはそう甘いモノではなく、適当にやると、適当な結果しか返ってきません!

次に、「数打ちゃ当たる作戦」は数をこなす必要があるので、一つの企業に対する準備が疎かになります。超人でもなければ、乱発応募した全ての企業に対して完璧に臨むのは不可能でしょう。

だから、「履歴書や職務経歴書は同じ内容で全ての企業に使いまわす」「企業研究はHPを軽く確認するだけ」「面接はぶっつけ本番」といった活動レベルになります。

結果、手抜きの活動が瞬時に見抜かれ、不採用が連続します。こんな状態で準備万端のライバルに勝てるはずもありません。要は、いくら数を打ったとしても、活動のレベルを下げたら意味がないのです。

 


 

転職の目的が実現でき、かつ、深い企業研究を行った上での応募ならば、数は増えても構いません。一つ一つに最善の活動ができるのであれば「数」の多さは内定獲得への近道となります。

逆に、「数」が増えることで一つ一つの活動が疎かになるのなら、その「数」には何の意味もありません。結局、内定獲得だけを考えて応募を乱発し、運良く内定を勝ち取れたとしても、入社後にミスマッチが発覚して後悔するだけです。

あなたは、そうした状況が実際に起きた時、「数打ちゃ当たる作戦を実行したから仕方がない」と受け入れて働き続けることができますか。もっと真剣に企業を選べば良かったと後悔しませんか。

受け入れられる!
絶対に後悔しない!

という人であれば、この作戦を実行するのも悪くありません。

仮に、この適当な活動が原因で再転職の道に進むことになった場合、今回の転職が「職歴を汚しただけの無駄な転職」になってしまいます。これが、再転職活動時に悪影響を及ぼすことは間違いありません。

残念ながら、今の日本の社会に「転職回数が多いことがメリットなる」といった土壌はありません。要するに、「1回の転職のチャンスは絶対に疎かにしてはいけない!」ということなのです。

もし、明確な目的もなく、「数をこなせば何とかなるだろう」といった考えで転職を捉えているのなら、それは危険な考え方です。転職で重要なのは、内定を取ることではなく、「どんな会社に入るのか」「どんな仕事に就くのか」です。

内定の喜びなんてのはほんの一時的な要素にすぎません。この一時的な喜びを追い求めるような、無意味な応募の乱発だけは避けましょう。

 

 


関連記事


有益な転職サイト