めりでり

幼稚園教諭免許状「一種と二種の違い」と「メリット・デメリット」に迫る!

幼稚園教諭になるために必要な「幼稚園教諭免許状(国家資格)」について、一種・二種の違いや、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。 「自身に適した免許はどちらなのか?」を知る情報として役立てて頂ければと思います。

なお、幼稚園教諭は「一種免許」でも「二種免許」でも、実際の職場(幼稚園)で行う業務に違いはなく、種類による優劣もありません。 そのため、あなたの「現在の状況」や「将来設計」を踏まえた上で決めていただければと思います。

幼稚園教諭としていつまで働きたいのか、将来どうなりたいのか、それを考えることで、「どちらが適切なのか」が自然と見えてくるのではないでしょうか。

 

二種免許の取得方法とメリット・デメリット

幼稚園教諭二種免許状は、幼稚園教諭養成課程のある「専門学校・短大(2年間)」を卒業すると、無試験で取得することができます。

<メリット>

  • 4大卒よりも学費を大幅に抑えて免許を取得できる
  • 2年という短期間で取得できるため、一早く現場に出て経験を積むことができる
  • 一種所持者よりも就職が有利(初任給が安く抑えられているため、雇用側の需要が高いため)
  • 幼稚園教諭に必要な学習に特化しているため、業務にスムーズに入っていける(専門学校)

 
<デメリット>

  • 一種所持者と比較すると給料(初任給)が安い
  • 昇進に限り(教諭 ⇒ 指導教諭 ⇒ 主任教諭 ⇒ 教頭)があり、園長にはなれない
  • 幼稚園教諭以外の職に就きたくなった場合、4大卒に比べると選択肢が限られ、苦戦する可能性がある

 
正直な話、幼稚園の先生になることだけを考えれば、免許は二種で十分です。(実際、幼稚園教諭の7割が二種所持者と言われている) また、メリットである「低コスト」「短期間」「就職有利」の要素も捨てがたいものがあります。

ただ、仕事として幼稚園教諭を考えた場合、やっぱり「給料」は無視できません。「全く同じ仕事をしているのに給料が違う」「後から入ってきた一種所持者の方が給料が高い」というのは、やりきれない要素となる場合があります。

要は、ここをどう捉えるかです!

2年早く幼稚園教諭として働けるので、総合的な稼ぎは変わらない、キャリアアップして昇給すればいい、と考えるのであれば、二種で十分です。 逆に、可能な限り長く勤め、園長まで上り詰めたい!と考えるのであれば、一種を取得しておいた方が後々楽です。

救済処置として、一種へのステップアップの道もあります。5年以上の勤務経験があれば、大学などで必要な単位を取得することにより、一種免許状を取得することが可能。(勤務年数によって、必要な取得単位は変化する)

一種免許の取得方法とメリット・デメリット

幼稚園教諭一種免許状は、幼稚園教諭養成課程のある「大学(4年間)」を卒業すると、無試験で取得することができます。

<メリット>

  • 二種所持者と比較すると給料(初任給)が高い
  • 昇進に限りがなく園長にもなれる
  • 幼稚園教諭以外の職に就きたくなった場合、幅広い選択肢から検討できる(潰しが利く)
  • 就職の選択肢が広がる(一部の幼稚園では、応募条件に「一種以上」が設定されていることがある)

 
<デメリット>

  • 専門・短大と比較すると、学費がかかる
  • 二種所持者よりも就職が不利(二種よりも初任給が高くなるため、同程度の人物と評価された場合、二種所持者に勝てない)
  • 幼稚園教諭に直接関係のない学習にも多くの時間を割く必要がある(大学在学時)

 
4年制大学に通って一種を取得しておけば、保険をかけるという意味で将来の安定につながります。

また、一種は幼稚園教諭になるまで(採用されるまで)にデメリットが集中しているので、はっきり言って、入ってしまえばこっちの勝ちです。二種に負ける要素はなく、給料、キャリアの可能性、全ての面で安心です。

4年生大学に通わせてもらうことができ、働き始めるのに急ぐ必要も無ければ、一種を取得しておいて損はありません。但し、就職活動では、給料が低く需要の高い「二種所持者」と戦う必要があることを頭に入れておいて下さい。

 


 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 社長

    面接

    面接「あなたが社長だったら何をしますか?」の回答例文と意図!
  2. エン転職

    転職サイト

    エン転職における「応募歓迎」の仕組みと実態を考察してみた!
  3. 年齢制限

    転職サイト, 転職活動

    転職で年齢制限を超えている求人の応募・採用可否について考える
  4. ブラック企業

    転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  5. man

    40代の転職

    40代の営業職志望に求められる職務経歴書の内容とは?
  6. ホワイト企業

    企業選び, 転職の考え方

    転職でホワイト企業の求人が見つけられない3つの理由
  7. 最後の転職

    30代の転職

    最後の転職にしたい!と意気込む30代転職者が陥る悪循環とは?
  8. 限界

    転職の考え方

    転職における「35歳限界説」の嘘と本当!