幼稚園児

幼稚園の先生の「仕事内容」と「一日の流れ」を知ろう!

幼稚園の先生の仕事内容、求められる役割、やりがい、一日の流れについてお伝えしています。

幼稚園の先生を目指す人はしっかりと把握しておきましょう!

幼稚園の先生の仕事内容とやりがい!

幼稚園の先生とは、幼稚園で幼児(3歳~小学校入学前まで)を預かり、教育的効果のある遊戯「折り紙」「お絵描き」「リトミック(情操教育、音感教育、生活習慣を三位一体にして行う教育法)」などを園児と一緒に行う世話人兼教育者です。

また、園児と一緒に過ごしながら、社会のルールを学ぶしつけを行う役割も担っています。園児の日々の成長を保護者と共に楽しみ喜ぶことができる職業で、子供好きの人には打ってつけの仕事です。

もちろん、子供と楽しく遊ぶだけでなく、その裏側で幼稚園内の一切合切の業務(指導計画立案、行事の企画、会計業務、配布物作成、壁画作成、園内清掃全般)もこなさなければなりません。

園児は常に動き回り予想のできない動きもするため、常に神経を研ぎ澄ましておく必要があり、精神的にも体力的にも結構ハードです。しかし、子供のかわいさに心を癒される、そんなやりがいのある仕事です。

 

幼稚園の先生の一日の流れ

基本的な「幼稚園の先生の一日の流れ」をご紹介します。

  1. 出勤(AM7:00)
  2. バス当番の日は早めに出勤する。

  3. バス乗車(AM7:30~)
  4. バスに乗車して園児たちを迎えに行く。

  5. 登園(AM8:30~)
  6. 園児たちを出迎え、健康状態をチェックし、提出物(プリント、連絡ノートなど)を確認する。トイレにも行かせる。

  7. 保育開始(AM10:00~)
  8. 定刻になったら保育を始める。朝の挨拶に始まり、歌、折り紙、リトミックを行う。

  9. 昼食(AM11:30~)
  10. 園児と一緒に昼食を食べる。その際、食事のマナー、しつけなども行う。

  11. 午後の保育(PM12:30~)
  12. 外で遊んだり、絵本を読み聞かせたり、午後の保育を行う。

  13. 降園(PM2:00~)
  14. バスに乗り込み、園児を送り届ける。

  15. 職員会議(PM3:30~)
  16. クラスの状況や各種報告を行う。

  17. 事務作業(PM4:00~)
  18. 出席簿の記入、指導案作成、月案作成、お便り作成、行事の計画などの事務作業を行う。

 
幼稚園の先生の一日は、このような流れで進むのが一般的です。

大きなイベントや行事がある際は、飾りつけや各種準備で遅くまで残ることもあります。そのため、バス当番などで早めに出勤する必要のある日は、出勤から12時間以上の拘束となることもあります。

ここにも、幼稚園の先生のハードな部分がありますね。その分、休みはしっかりと取得できるようになっている(土日祝、夏休みなど)ので、休日でしっかりとリフレッシュすることが継続の秘訣です。

 


 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. ビジネスクエスチョン

    転職活動

    一度落ちた会社に「再応募」することは可能なのか?【転職編】
  2. リクナビNEXT

    転職サイト

    リクナビネクストのオファーの種類と仕組み!意味があるのはどれ?
  3. なぜ?

    30代の転職

    なぜ、30代の転職は苦労するのか?その3つの理由と対策をお伝えします!
  4. 転職求人が多い時期

    心得, 転職の考え方

    転職の求人が多い時期と企業が求める人材は共に変化する
  5. キャリア形成

    転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  6. 世間話

    面接

    なぜ、面接で雑談・世間話が取り入れられるのか?その理由と対策!
  7. 転職のリスク後悔

    転職の現実, 転職の考え方

    転職のリスクを受け入れる覚悟がないから後悔が生まれる
  8. ヒント

    40代の転職

    40代転職「職務経歴書」の書き方と3つの重要な表現方法!