ホワイト企業

ホワイト企業が多い転職サイトは存在するのか?

ホワイトだとか、ブラックだとか、それを見極めるのはあなた自身だ!

これがこの疑問の最終的な答えです。
どんな転職サイトであっても、ホワイト・ブラックは一定数以上存在します。

「大手転職サイトだから大丈夫だろう!」
「無名の転職サイトにはブラックが多い!」
「〇〇はホワイト企業の求人が多い!」

この種の口コミは全くあてになりませんし、
他人の評価とあなたの評価が一致するとも限りません。

全ての転職サイトにホワイト・ブラックが存在します。
求人数が多いサイトほど、比例して両方が多くなると考えておくべきです。
ホワイト企業が多い転職サイトなんて概念は存在しませんし、
ブラック企業が多い転職サイトなんてのも同じです。

そもそも、企業選定は転職サイトに頼るものではないんですね。
冒頭でもお伝えしましたが、企業選定は自分自身で行うべきものです。

この理由について少しお話しさせて頂きます。

 

転職サイトの特性を理解して利用しよう!

まず、転職サイトは「こんな企業が転職者を募ってますよ!」を教えてくる広告です。

掲載企業からお金を貰って求人を掲載しており、
ボランティアではなく、れっきとしたビジネスなんですね。
転職サイトも利益なくして成り立ちません。

それ故に、お金さえ払ってくれれば、基本的にどんな企業の求人も掲載します。
ホワイトであろうが、ブラックであろうが関係はないんです。
むしろ、通年で求人を掲載してくれるような離職率の高い会社ほど、
転職サイトにとっては最高の「お得意様」であるわけです。

また、転職サイトも掲載企業の内実を知ることはできないので、
ホワイト・ブラックなんてのを見分けられないという現実もあります。

採用にお金を使える企業、大量採用を考えてる企業、全国規模で採用を考えている企業。
利用者の多い大手転職サイトを使うことが多い。
これらの企業の中にもブラック・ホワイトが存在します。

採用にお金を掛けれない企業、採用人数が少なく緊急性の低い企業、一地域の中小企業。
掲載料の安い転職サイト(無料のハローワーク)を使うことが多い。
これらの企業の中にもブラック・ホワイトが存在します。

これが現実です。

つまり、「この転職サイトはホワイトが多い」「この転職サイトはブラックが多い」という、
このような概念は存在しないんですね。

気付き

また、転職サイトの運営目的は「利益追求」です。
当然、売上をもたらしてくれる「お客様(求人掲載企業)」は大切な存在となります。

それ故に、どちらかと言うと「転職者よりもお客様の味方」なんですね。

お客様の目的を妨げる行為は絶対にしません、というかできません。
お客様の目的とは「より多くの応募を募り、人材を採用する」ということです。
応募を妨げるような情報は書かれていませんよね。
良い企業に見えるよう綺麗事が書かれていますよね。

でも、これは当然なんです。
だって、ビジネスであり、広告ですから。

新聞の折り込みチラシを見て下さい。
安くて良い商品があるので、買ってみませんか?
これをあなたに投げかけていますよね。

ネット広告やCMを思い出して下さい。
うちの企業はこんな綺麗なイメージですよ。
うちの商品はこんな素晴らしいですよ。
これをアピールしていますよね。

決して、「うちの商品(会社)は駄目です」とはアピールしていませんよね。
お金を掛けてまでマイナス行為をするバカ企業は存在しません。
転職サイトもこれと全く一緒なんですね。

普段のあなたなら、広告を見てその情報を鵜呑みにすることはないはずです。
何故なら、それは「美化された内容であること」を知っているからです。
購入するかどうか、サービスを利用するかどうか、
これに関しては「情報を集めて吟味する」のではないでしょうか。

もうお分かりですよね、転職サイトも同じです。
転職サイト = 広告 = 美化されていて当然
どんな企業なのか、応募するのか、内定獲得後に入社するのか。
これ全て、自分自身で見極める必要があるんです。

深い企業研究が必要な理由がここにあります。

もちろん、これは全ての転職サイトに当てはまります。

 

転職サイトの利用法を考えよう!

転職サイトの求人は「広告」であることをお伝えしました。
また、全てのサイトにホワイト・ブラックも存在することも。

これを理解していれば、使い方が変わってきます。

まず、転職サイトの選別に迷うことがなくなります。
「このサイトはブラックが多いのでは?」
「このサイトは信用できるのだろうか?」
こんなことを気にする必要がないんですね。

使えるだけ、使ってやればいいんです。
利用するサイト数が増えれば、それだけ企業との出会いをもたらしてくれます。
無料ですから、経済的負担も一切ありません。

広告ですから、それは単に「出会いのキッカケ」であるだけなんです。
でも、そのキッカケは多いに越したことはありませんよね。

あなたの求めている商品が掲載されているチラシが全部で5枚あったとしましょう。
それを、1枚から選ぶのか、3枚から選ぶのか、5枚から選ぶのかということです。
5枚から選ぶのは面倒ですが、5枚から選んだ方が良くないですか?
だって、最も欲しいものがどのチラシに載っているか分からないから。

選択肢

多くの出会いがあるのに、一部しか検討しないのは損失です。

これは、転職サイトだけに限った話ではありません。
ハローワークはブラックが多い、無料求人誌はまともな求人がない。
こんな風な口コミに流されて利用しない人がいます。

はっきり言って、この考え方は捨てた方がいい。
様々な出会いのキッカケがあるのに、それを捨てることは機会損失でしかありません。

どんな媒体にも充分に検討の余地があります。
多くのキッカケを利用した方がベストな会社が見つかる可能性が高いです。
これは誰しもが理解できるかと思います。

一気に大量の求人を見て会社を選び、短期間で迅速に活動を終わらせる。
この方針で活動する方が圧倒的に楽でより良い会社を見つけられます。

凝り固まった考えや他人の口コミで媒体を絞るから、
なかなか内定を得られず活動が長期化します。

もちろん、全てのケースがそうだとは言いません。
でも、これは転職活動における一つの事実ではあります。

可能な限り多くの求人を見て下さい。
徹底的に会社を調べまくって下さい。
応募して面接に行って会社を見極めて下さい。
これを短期間に一気にやって活動を終わらせて下さい。

あなたが行うべきことはこれです。
求人媒体にブラック・ホワイトを求めることではありません。
それをやるのは自分です。
求人媒体はあくまでも出会いのキッカケを与えてくれるに過ぎません。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  2. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  5. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  6. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  7. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  8. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!