type転職サイト

@type転職サイトの口コミ評価とプラス面・マイナス面を検証!

「@type」はどんな転職サイトなんでしょうか。

求人傾向、プラス面、マイナス面から当サイトを検証し、
転職サイト「@type」を評価したいと思います。

利用すべきかどうかの判断材料としてご活用下さい。

@type転職サイトの求人について

まずは、@type転職サイトの「求人」について見ていきましょう。

求人数

求人数は「転職サイトの中で上位の件数を誇る」との認識でOKです。
最も求人が豊富なリクナビネクストと比較すると50%程度となりますが、
3大サイト(リクナビ・マイナビ・エン)を除くと上位に位置します。

求人数に関しては「利用価値が見込める十分な件数を誇る」との評価で間違いありません。

求人の規模

求人の規模は、全国規模ではあるが、首都圏が中心といった傾向があります。

<地域別の求人割合>
北海道・東北 – 4.2%
北関東 – 5.1%
首都圏 – 60.5%(1位)
北陸・甲信越 – 3.6%
東海 – 7.4%(3位)
関西 – 9.3%(2位)
中国・四国 – 4.2%
九州・沖縄 – 5.7%
 
*2017年3月時点での求人社数2,343件から算出した数値*

これは他の転職サイトも同じですが、その傾向が少し強いかもしれません。
それ故に「首都圏・関西・東海」以外の地域で転職を考えている人にとっては、
「利用価値が低い」という評価が適切ではないでしょうか。

業界・職種

業界・職種は「IT/WEB関連・営業系の求人が多い」といった印象です。

@typeは「ビジネスパーソン&エンジニアのためのキャリア転職サイト」と明記されているだけあって、
IT/WEB関連企業の求人が「約30%」と大きな割合を占めています。
営業系の割合が高い(約20%)のは他の転職サイトと同じです。

ただ、占有率の上位2つ(IT/WEB関連・営業系)を合わせても約50%ですから、
その他の業界(職種)に関しても満遍なく扱っています。

IT/WEB関連企業への転職を考えている人にとっては是が非でも登録したいサイトであり、
他の業界(職種)への転職希望者でも利用価値は十分にありますね。

@type転職サイトのプラス面

他の転職サイトにはない「@type」だからこそのプラス面は、
何と言っても「各種診断機能の充実」において他なりません。

転職に役立つ有益情報を各種診断で得ることが可能です。

  1. 転職力診断テスト
  2. 市場価値診断テスト
  3. 適正検査SPI2 実力テスト
  4. シゴト満足度診断
  5. 適職タイプ診断テスト
  6. 面接力診断
  7. 成り上がりタイプ診断
  8. 転職理由発見

これらの診断テストがサービスとして付随されています。
4~8に関しては価値が薄いですが、とにかく1~3が半端なく使えます!

驚き

1~3が有益な理由をご説明させて頂きます。

昨今、転職の採用過程に「適正テスト」を取り入れる企業が増えています。
面接では作られた回答が多いので、本当のあなたを探れないからです。

「あなたが本当はどんな人物なのか?」
「どんな考え方を持った人物なのか?」

これをテストから暴き、募集職種や自社の社風とマッチするのかを調査しているんですね。
面接では、テスト結果と応募者が話す内容が一致しているのかも確認しています。

つまり、転職に臨むにあたり「自分がどう見られているのか?」を知っておくことは極めて重要だということ。

その時に使えるのが「転職力診断テスト」と「市場価値診断テスト」なんですね。

「適正テストを受けた時、どんな結果が出るのかを知ることができる!」
「面接で整合性のあるアピールができる!」
「自己分析に役立つ情報を得ることができる!」

いいこと尽くしの有益なテストなんです。

<@typeの転職力診断テスト>
typeのテスト
 
総合力、順位、予想内定数、予想年収。
転職に求められる6項目の転職診断結果。
これら有益情報を約10分のテストで得ることができます。

次に、「適正検査SPI2 実力テスト」も非常に使えます。
中途採用の適性検査でもっとも出題率が高いSPI2の基本的な対策が行えるからです。

適正検査ではどんな問題が出題されるのか。
その傾向を把握しておけば、採用過程を有利に進めることができますよね。

@typeに登録すれば、これらの各種診断を無料で受けることができます。
これが、他の転職サイトにはない「プラス面」となります。

@type転職サイトのマイナス面

マイナス面に関しては、強いて取り上げるほどのものはありません。
3大サイトと比較すると利用者も多くはないので、倍率もそこまで高くはないでしょう。

ただ、前述した通り求人が首都圏(関西・東海)が中心であることを考えると、
その他の地域で転職を考えている人にとってはマイナスですね。

@type転職サイトの総合評価

@typeは求人数は豊富な部類にランクインしますし、
非常に有益なプラス面を持っているので「利用価値は高い」と評価できます。

この「豊富な求人数」と「プラス面」を享受しない理由はどこにもありません。
利用することでマイナスになることは絶対にないでしょう。

転職サイトは企業との出会いを無料で提供してくれるツールです。
是非、あなたも求人媒体として「@type」を加えてみてはいかがでしょうか。

<登録関連情報>
登録は「転職サイト@type」公式サイトからどうぞ!
 
女性の方は「女の転職@type」が更にオススメです。

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 転職実力主義

    企業選び, 転職の考え方

    転職して実力主義を望むなら離職率は気にする必要なし
  2. 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  3. 疑問ビジネス

    履歴書

    派遣の職歴を履歴書(経歴書)に書かない選択は正しいのか?
  4. ワンツースリー

    転職の考え方

    配属が「不満」で転職を考えている人に考えて欲しい3つのこと!
  5. 分岐

    職業

    声優になりたいけど自信がない・・・あなたが取るべき道は2つ!
  6. ポイント

    30代の転職

    30代で転職回数が多い人の「職務経歴書」の書き方とポイント!
  7. チョイス

    40代の転職

    40代の転職に最適な求人媒体とは?【優先順位ランキング】
  8. 分析

    面接

    転職の最終面接の結果が「遅い」・「早い」がもたらす真実に迫る!