転職のリスク後悔

転職のリスクを受け入れる覚悟がないから後悔が生まれる

転職にはリスクが伴います。

これは100%事実ですから、転職するのならリスクを把握し、それを「受け入れる覚悟」を持ってのぞまなければなりません。その覚悟を持たずして、良い面ばかりに目を奪われて甘い考えで転職するから後悔が生まれます。そして、失敗だと感じてまた転職が頭に浮かぶんですね・・・。

その結果、転職を繰り返す。繰り返すからまともなキャリアが積めない。転職回数だけが増えてキャリアがない為に評価されない。望みの会社に入れない。そんなキャリアでも受け入れてくれる業界や会社に行くしかない。それらの業界や会社は離職率が高くて厳しい労働を強いられることが多い。また嫌になって転職を考える。こうして、最も避けるべき「転職悪循環」に陥ってしまうわけです。

こうならない為にも転職のリスクを把握し、そのリスクが起こり得ることを想定しておくことが大切になります。後悔しない転職をするために一読ください。

  1. ギャンブル的要素が存在する
  2. 転職の目的が達成されない可能性がある
  3. 別の問題が浮上する可能性がある
  4. 状況が悪化する可能性もある

ギャンブル的要素が存在する

ギャンブル的要素というと語弊があるかもしれませんが、これも一つの事実です。

まず、あなたが働きたいと思った会社に入社できるわけではないからです。その会社に入りたければ採用過程を通過しなければなりませんよね。また、高いスキルやキャリアを持っていたとしても、企業が望む人材にマッチしなければ採用されません。

そして、何よりもギャンブル的要素なのが「会社というものは実際に入社して働いてみないと本質は分からない」という点です。どんなに企業のHPや口コミサイトなどで情報を集めたとしても、結局は表面的なことしか知り得ません。

つまり、この要素があるが為にリスクをゼロにすることはできないんですね。転職はどこの会社に応募するかは選べますが、その会社で働けるかどうかは企業側から選ばれないといけません。つまり、選べる様で選べない。そして内実は入社してみないと分からない。こう考えるとギャンブル的要素があることは否めません。
 

転職の目的が達成されない可能性がある

これも往々にしてよくあることです。これは「どの会社でも起こり得る不満」で転職する場合によくあることなんですが、結局会社を変えても同じだったというパターンですね。例えば、人間関係の改善を目的に転職したが、転職先でも同じ問題が発生したといったケースです。

「今の会社で起こっていることは、転職して会社を変えても起こる可能性がある」

これは、恐らく誰しもが分かっていると思います。ただ、それが解消されることに希望を抱いて転職するわけですから、そうなった場合のショックは大きいですよね。だからこそ、このリスクをしっかりと把握しておく必要があります。
 

別の問題が浮上する可能性がある

これは「何かを得るなら何かを犠牲にする」ではないですが、そういう場合が圧倒的に多いということを認識しておきましょう。

例えば、「給料は増えたが、勤務時間が増えて休日が減った」、「やりたい仕事ができる様になったが、激務で給料が安い」、「人間関係が解消されたが、別の問題や不満が発生した」「休日は増えたが、給料は減った」などです。

会社はあなたの望みを叶える為に存在するわけではないので、何かしら意にそぐわないところは必ずあります。つまり、全てを欲してはいけないということです。誰しもが望む様な「給料が良く、休日も多くて、人間関係良好、やりたい仕事ができて、楽で、残業もなく、将来性もある」こんな会社は100%ありませんから夢は見ないでおきましょう。

あなたが転職をすることになった原因を解消できたのなら、それ以外のことは受け入れる覚悟を持ちましょう。そうしなければ理想の会社を追い求めて転職を繰り返すことになります。つまり、転職することによって手に入れたいものは、他の物を犠牲にしてまで手に入れたいものなのかを真剣に考える必要があるということです。
 

状況が悪化する可能性もある

これも現実に起こり得ることですから頭に入れておきましょう。特に「人間関係」や「やりがい」など実際に入社して働いてみないと分からないことが原因で転職する人は注意したいですね。

人間関係が更に悪化した。やってみたいと思っていた仕事に就けたが、実際は全く面白味のない仕事で、以前の仕事の方がましだった。そんなパターンですね。
 
 
転職にはこれらのリスクが伴うことを頭に叩き込んでおきましょう。そうすれば、万一それが起きたとしても想定内ですから動じることなく受け入れることができます。また、もう一つやっておいた方が良いことは、新たな会社で上記の様な事態が起こった場合、どう行動するかを今から決めておくということです。そうすることで、余裕を持って焦らずに行動できます。

ただし、「またすぐに転職すればいいや」という考えは危険ですから避けて下さい。それは何の成長にもなりませんし、職歴を汚す行為にしかなりません。決めておくべきことは「自分の考え方や行動が原因かもしれないから見つめ直してみよう」「意にそぐわないことがあっても、直ぐに判断せずに様子を見てみよう」「改善する為に行動してみよう」などのプラスの行動指針です。

転職はリスクが伴うもので、それをゼロにすることはできないとお伝えしました。ですが、転職者の私たちにできることはゼロではありません。リスクをゼロにする転職活動は存在しませんが、リスクを軽減する転職活動は存在します。転職を成功させる為にもそれをやっておきたいですね。


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. ベンチャー企業

    転職の現実

    ベンチャー企業への転職に潜む5つのリスク!
  2. 閃き

    面接

    面接回数が「多い」ことは会社と求職者の双方にメリットが!
  3. 確率

    職業

    声優の「成功率」は3000分の1にも満たないという話です…
  4. 世間話

    面接

    なぜ、面接で雑談・世間話が取り入れられるのか?その理由と対策!
  5. ネガティブな理由転職

    転職の悩み, 転職の考え方

    ネガティブな理由で転職しないほうが良い?いや、するべきです!
  6. 面接

    転職面接が「上手くいく人」と「上手くいかない人」の考え方の違い!
  7. ない

    転職の悩み

    転職で応募したい会社がない!その原因と対策を真剣に考えよう!
  8. まるばつ

    履歴書

    履歴書には「書くべきこと」と「書いてはいけないこと」がある!