転職面倒チャンス

転職が面倒なのは事実だが、実はそこにチャンスがある

事実、転職はとてつもなく面倒くさい作業です。

転職を完遂するには実に多くのことをこなす必要があり、不採用の精神的ショックとも戦わなくてはいけません。体力的にも精神的にも厳しいものがあり、面倒くさいという感情を持つのも当然です。

  • 求人媒体の選択
  • 企業選び
  • 企業研究
  • 自己分析
  • 履歴書作成
  • 職務経歴書作成
  • 面接対策

あぁぁぁ、しんどい、面倒くさい!

私自身も3度転職を経験しているので、この気持ちは痛い程よく分かります。でも、「実はここに一つのチャンスがある!」というのがここでのお話しです。

 


 

転職活動は面倒なので、手を抜く人が非常に多い!

人は面倒だと感じてしまうと、どうしても手を抜きたくなります。これは転職でも同じで、活動が面倒だと感じてしまうと総じて手を抜きます。

要するに、面倒くさいを回避するには、手を抜くしか方法がないんですね。その結果、以下のような手抜きの転職活動を行います。

  • 特定の求人媒体にしか目を通さない
  • 企業研究はHPをざっと流し見するだけ
  • 自己分析を怠り(自身の市場価値を理解せず)、無謀な挑戦を繰り返す
  • 履歴書・職務経歴書の変更を怠り、全ての企業で同じ内容のものを使いまわす
  • 何んとなかるだろうと考えて面接対策を怠る

これがどんな結果を招くのかをお伝えしましょう。

手を抜いたレベルでも通用する企業にしか採用されない!

手を抜いたレベルでも通用する企業とはどんな企業かと言うと、今の会社よりもあらゆる面で劣る企業です。だから、転職しても何も変わらず、むしろマイナスに作用します。

気付き

私は、転職が面倒だと感じる人は、「転職しない方がいい」くらいに考えています。何故なら、転職の目的が達成できない、つまり失敗に終わる可能性が高いからです。

でも、そんな訳にはいかないのが実情かと思います。転職の必要性を感じているからこそ、今、このページを読んでいるはずですからね。だったら、この面倒をチャンスとして捉えて欲しいと思います。

ぶっちゃけ、「転職活動に手を抜くと良い結果を得ることができない」なんてことは誰もが頭では理解しているはずです。それでも手を抜きたくなるくらいに転職活動は面倒くさいものであり、実際に多くの人が手を抜きます。

でも、手を抜いてしまう人が多いって、逆に考えればチャンスですよね。だって、手を抜かなければ、それだけでライバルと「差」をつけることができるんですから。ライバルと差が付けば、こんなことが起こります。

  • 志望度の高い企業に入社できる確率が高まる
  • 速攻で内定を獲得し、早期に転職活動を終わらせることができる
  • 面倒な作業を全力でやった労力が全て喜びに変わる
  • 転職が成功に終わる

もしあなたがこれを読んで「確かに!」と思えるのなら、面倒くさくても一切手を抜かずに本気で活動に臨んで欲しいと思います。

転職は人生に多大なる影響を及ぼします!

こんな重要なことに手を抜いていいんですか?

  • 一時の「面倒くさい」という感情が、人生をマイナス方向に導く可能性があります
  • 一時の「面倒くさい」よりも、活動が長期化する方がもっと面倒で地獄です
  • 一時の「面倒くさい」よりも、今後も長く続く人生の方が遥かに大切です

やりましょう、面倒くさくても!
面倒を軽減する方法なんてのも存在しません。
転職を成功させるためにはやるしかありません。

何よりもあなたの人生がかかっています。

人がやらない面倒なことをやれる人!
こんな人は転職でもめちゃくちゃ強いです。

 


 

面倒を克服すればチャンスが広がる

面倒なことを徹底的にやりましょう!
それが、ライバルとの大きな差を生みます。

面倒なことを一気にやりましょう!
それが、早期に活動を終わらせることに繋がります。

<求人閲覧の面倒を克服する>
可能な限り多くの求人に目を通して可能性を広げましょう。
 
転職サイト、エージェント、求人誌、広告、ハローワークなど、使えるものは何でもです。あなたにとって最適な企業が、どの媒体で求人を出しているか分かりません。
 
求人媒体を増やすと見るのが面倒だ! これは、より良い企業に入社する確率を狭める行為でしかありません。
<企業研究の面倒を克服する>
企業研究はその企業のHPを見るだけではありません。同業他社も見て「その企業だけがもつ特徴」を見出す必要があります。その特徴を織り交ぜてこその志望動機です。
 
また、実店舗を展開している会社なら、複数の店舗に足を運んで調査しなければなりません。商品やサービスを提供しているのなら、お金を払ってでも購入することです。
 
面倒くさいという理由でこれらを怠る人から、企業が入社意欲を感じることはありません。
<自己分析の面倒を克服する>
自己分析を徹底して行いましょう。自分の市場価値を把握し、どんな企業から求められ、どんな企業なら通用するのかを知る必要があります。
 
これを面倒だと感じてやらない人は、無謀な挑戦を繰り返し、活動が長期化します。
<書類作成の面倒を克服する>
履歴書・職務経歴書は、求人情報(企業研究)から「どんな人を求めているのか」を推測し、応募企業に合わせてアピールポイントを変更する必要があります。そもそも、このマッチングなくして内定は獲得できません。
 
これが面倒だと感じ、どの企業でも同じアピールを繰り返す人は、内定が取れずに活動が長期化します。また、使い回しは100%バレますから、高い確率で不採用となります。
<面接対策の面倒を克服する>
面接は事前準備が勝敗を分けます。質問に対して適切な回答を示すには、企業側の質問意図を把握し、回答を準備しておくことが必要です。
 
これを面倒だと感じてやらない人は、企業の求める回答を示すことができず、極めて高い確率で不採用となります。「転職の合否の90%は面接できまる!」という格言は今でも生きています。

実は最初がもの凄く大変で面倒なだけです。
面倒なことを最初に一気にやって下さい。

面倒だ、大変だ、だから手を抜こう。
これが最も避けるべき事です。
手を抜くなら、転職しない方が良いかもしれません。

転職を実現したいのなら、面倒なことを超積極的にやって下さい!

そこに必ずチャンスがあります。

 

 


関連記事


転職サイトランキング