転職して後悔する

転職して後悔する人の5つの特徴と考え方

転職の結果として最悪なのが「転職したことを後悔する」ということなんですが、実際には「満足する人」よりも「後悔する人」が圧倒的に多いのが実情です。何故、期待感を持って転職に臨んだはずなのに、「後悔」という形に終わってしまうのでしょうか?この原因を知らずして、転職の成功は望めません。

転職して後悔してしまう原因、これは総じて「転職に対する認識が甘い」「覚悟を持って転職に臨んでいないこと」に起因しているように思います。そう、転職に対する考え方や臨み方がそもそも間違っているんですね。ここでは「転職して後悔する人の考え方や特徴」をご紹介します。

  1. 前の会社と比較する人
  2. 得るものがあれば失うものがあると理解していない人
  3. 良いイメージや憧れだけで転職する人
  4. 求人情報を鵜呑みにしてしまう人
  5. 転職活動に手を抜いてしまう人

これを逆説的に捉えて活動し、転職後の「後悔」を防いで下さい。

 

前の会社と比較する人

転職とは新たな環境でスタートを切ることであり、そこに「過去」を持ち込んでも意味はありません。つまり、転職すると決めた時点で「過去の会社の全てを捨てる覚悟」を持って臨まなければなりません。この覚悟を持たずに転職すると、どうしても両社を比較してしまい、「前の会社の方が良かった・・・」と後悔してしまうんですね。

通常、転職の目的は「何らかの不満を解消すること」にあるかと思います。あなたが不満に思う部分と手を切る為に転職するわけです。でも、手を切る部分はそれだけではなく、辞める会社の「良い部分とも手を切る」ということを意味するわけです。これを絶対に忘れてはいけません。

転職を考える程の不満を抱くと、会社の悪いところばかりに目が奪われます。そして、自分の転職を「正当化」したいがために、「こんな会社は辞めるべきだ」という視点で物事を捉えてしまいます。ただ、どんな会社にも必ず良い部分はあるもので、それは「他の会社では得難いもの」であることもあります。

ただ、それも含め「全てを捨てて新たな環境に飛び込む」というのが転職です。前の会社の良いところを引き継ぎつつ、自分の不満も解消される。こんな都合良くことが運ぶことはありません。これは転職する側が抱く幻想です。転職して次の会社に持っていけるのは、以前の会社で培った経験・実績・スキルだけです。

つまり、転職するかどうかを判断する時には、「会社に対する不満だけでなく、良いところにも目を向けて総合的に判断しなければならない」ということなんです。これをしていない人が多いように思います。だから、過去の会社にあって、新しい会社にはない部分を悔やみ、後悔してしまうんですね。

恋愛においても「過去の彼氏・彼女と比較する人」は嫌われますよね。あなたも過去の人物と比較されたら嫌な思いを抱きませんか。そう、過去の人間は関係なく、新しくできた恋人の「良いところ」「悪いところ」を全て含めて向き合うべきですよね。恋愛と比較するのはどうかと思いますが、完璧な人がいないのと同じで、完璧な会社も存在しません。

過去は全て捨てて新たな環境でスタートする!
これが転職です。

過去を捨てる覚悟を持って転職に臨んで下さい。そして比較するのはやめましょう。何故なら、そこに何の意味も無いからです。もし、全てを捨てるのは惜しいと感じるならば、それだけ今の会社は素晴らしい面を持っているということです。つまり「転職しない」という決断をしても良いわけです。

得るものがあれば失うものがあると理解していない人

これも後悔する大きな要素の一つで、「転職したら全てが良い方向に進む」と考えている人にありがちです。基本的に「何かを手に入れれば、何かを失うことが多い」というのが転職です。前述した通り、完璧な会社は存在しないので、必ず失うものが出てくると考えておかなければなりません。

  • 給料UPを実現したが、勤務時間(残業)が大幅に増えて休日も減った
  • 人間関係は改善されたが、想像を超える業務量が待っていた
  • 希望の職種に就けたが、人間関係が複雑で働きづらい
  • 希望の勤務地で働けたが、数年後に転勤を命じられた
  • 休日は増えたが、給料が大きく減った

挙げるとキリがありませんが、「転職の原因は解消されたが、別の問題が浮上した」というケースです。これは、転職あるあるの一つとして当然のこととして発生しますから、当たり前ことだと認識しておきましょう。

更に付け加えると、転職しても不満が解消されない可能性もあります。これは「どの会社でも起こり得る不満」で転職する際には注意しておきたいですね。その代表例が「人間関係の問題」や「やりたい仕事ができない」などの理由で転職するケースです。

つまり、転職するのならば、得るものでだけではなく、失うものにも目を向けておく必要があるということなんですね。

 

良いイメージや憧れだけで転職する人

転職理由として、「憧れていた仕事に就きたい」「やりがいのある仕事がしたい」「他の仕事に挑戦してみたい」を掲げている人によくありがちなのが、転職後に「実際にやってみるとイメージと違っていた」「思っていたものと違う」と後悔することです。

何故、この様に感じてしまうのでしょうか?

  • イメージするのは基本的に良いことだけだから
  • 実際に体験することでしか裏にあるものがイメージできないから

基本的に良い求人を発見すると、皆が一様に「その会社に入社して充実した気持ちで働いている自分」を想像します。もちろん、良いイメージを抱けない会社に興味を抱くことはないでしょうから、想像するのは悪くありません。ただ、会社(仕事)というのは、個人の良いイメージがそのまま当てはまることはありません。

その為、実際に入社すると(やりたかった仕事をしてみると)、イメージしていなかった「マイナス部分」がどうしても目に付いてしまいます。結果、「イメージと違う」と感じて後悔してしまうんですね。

また、仕事なんてのは実際に体験してみないと本質は掴めません。よく「仕事は実際にやってみないと分からない」と言われますが、これは紛れもない事実です。つまり、イメージできない部分があるので、「イメージ通りにいくはずがない」が正解なんですが、これを理解していないと、想定外のことが起こるとすぐに後悔してしまうんですね。

これが仕事の本質ですから、イメージ通りいかないことを前提として、入社後ギャップを少しでも和らげるために「徹底的な情報収集」を行うことが大切です。仕事の裏の部分(マイナス部分)まで徹底的に調査し、負のイメージも自分の中に作っておくことです。そうすることで入社後に少々のことが起きても動じなくなります。

最も分かり易い「美容師」を例にとって説明します。

美容師に憧れている人が抱くイメージは、「様々なテクニックを駆使してお客様を喜ばせているカッコいいスタイリストな自分」です。でも、この良いイメージだけで美容師を目指すことは非常に危険です。何故なら、美容師は「下積みがある」「休みが少ない」「給料が安い」「立ち仕事でハード」「狭い空間での人間関係が大変」という要素を持った仕事であり、これに耐えれず辞めていく人が多く、非常に離職率が高い仕事であるからです。

だからこそ、事前に徹底的な情報収集を行い、「マイナス要素も受け入れてやっていく覚悟があるのか」を自分自身に問うておく必要があるんですね。その覚悟を持っていれば、転職後に「イメージと違う」と感じて後悔することはありません。

良いイメージや憧れだけで転職することは、後悔に繋がりやすいので注意しましょう。「どんな仕事にもイメージ通りでない部分が存在する」と頭に入れておくこが大切です。

求人情報を鵜呑みにしてしまう人

もちろん、求人情報に書かれている内容とあまりに隔離しているのは問題です。ただ、「その通りでないことは当たり前だ」と認識しておく必要があります。求人情報の記載内容はあくまでも基本ラインであって、「実際の現場はその通りでない」ということです。特に勤務時間、休日・有給、福利厚生などですね。

日本の企業は「残業」がある意味当たり前ですから、予想以上の残業が待ち構えている可能性は大いにあります。また、有休や休暇についても、「規定では定められているが使えない・・・」なんて雰囲気の会社も存在します。

勤務時間に関しても、記載されているは最低ラインであって、それ以上が当たり前。残業時間の平均が記載されている企業もありますが、約30時間と記載されていれば、「現実はその2倍はある」と認識しておきましょう。そして、年間休日〇〇日と記載されていたら、それが最高値だということです。それより増えることは無いが、減ることは充分に考えられます。

転職活動に手を抜いてしまった人

転職活動に手を抜くと、当然あなたが望む企業に採用される確率は下がります。そして、手を抜いたレベルでも採用してくれる企業に入社することになります。その会社があなたの意に反していた。

そんな時に起こる後悔が「あの時もっと真剣に転職活動しておけば良かった」です。

転職は人生に大きく関わります。そんな重要なことに手を抜いては駄目なんですね。転職活動は本当にしんどいものですから、手を抜きたくなる気持ちは分かります。でも、そこに明るい未来はありません。

 
以上が転職で後悔しやすい人の特徴や考え方です。少し厳しいと感じる内容であったかもしれませんが、これくらい厳しい内容を想定しておけば、何が起きても想定内に留められます。あなたもこれを頭に叩き込んで、転職活動に活かして下さい。そして、後悔しない転職を行って下さい。

最後にもう一つだけお伝えさせて下さい。人が最も後悔するのは「できるのにしなかったこと」に対してです。転職する人は、不満の解消や自分の思いを実現する為に転職という行動に出たんですよね。実はこれ「あの時転職しておけば良かった」という人が最も後悔する「できるのにしなかった」を既に排除しているんです。

もし、転職という行動をせずに、会社に留まっていたら、そんな大きな後悔を抱えていたかもしれません。そう考えると、行動したことで抱える後悔なんて極小さなものですよね。自分の選択を信じて後悔の無い人生を送って下さい。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. やる気

    エージェント

    転職エージェントの「やる気」がUPする求職者はこんな人!
  2. 役割

    面接

    転職面接「集団の中での役割は?」はリーダーだけを求めていない!
  3. 企業研究

    転職活動, 面接

    転職面接前の企業研究のやり方と4つの重要ポイント
  4. 4月入社

    転職活動

    転職で2017年4月入社を実現したい人に贈る月別活動指針!
  5. 通勤時間

    面接

    面接質問「通勤時間が長くなりそうですが、大丈夫ですか?」の回答例と意図
  6. サクセス

    転職の考え方

    転職のタイミングは〇年目ではなく、仕事をやり遂げたかどうか!
  7. DODA

    エージェント

    DODAが「面談してくれない(面談なし)」たった一つの大きな理由!
  8. 了承

    面接

    転職面接「家族の理解を得ているか?」を聞く企業側の意図と回答例