転職には捨てる覚悟が必要

転職に必要な覚悟、それは捨てる覚悟だ!

「何かを得るならば、何かを捨てる覚悟が必要」

これは転職するにおいて絶対に持っておいた方が良い考え方です。必ずしもそうではありませが、そうであることが多いのが転職だからです。全てを追い求めるから、転職して会社を変えてもまた不満を抱きます。理想郷を追い求めるから、負の部分が受け入れられず、いつまでもその会社で働いていく覚悟が生まれません。その結果として、後悔の念を抱いたり、再転職の道へと進んでしまいます。

誰しもが求める条件が簡単に手に入る程、社会は甘くありません。また、想定していなかったマイナス面が表面化してしまうことも多々あります。ですから、転職で手に入れたいもの(条件)があるのならば、逆に失うもの(条件)があることを受け入れる覚悟を持たなくてはなりません。よく「得るものがあれば失うものがある」「何かを得たければ、何かを犠牲にしなくてはならない」と言われますが、転職は結構な確率でこれに該当します。

そこで、転職理由に伴う「得るもの(プラス面)」と「捨てる覚悟が必要なもの(想定外のマイナス面)」をお伝えします。この様なことが起こり得る可能性があることをしっかりと認識して転職に臨みましょう。また、マイナス面を限りなく小さくする為に企業研究は徹底して行うことが大切です。

得るもの(プラス面) 捨てる覚悟が必要なもの(想定外のマイナス面)
新たな職場 以前の会社の良い部分
給料・収入が増えた 自由な時間や休日が減る、残業が多い、基本給は増えたがサービス残業があった
楽さ・時間的余裕(残業が少ない)を得た 給料・収入が低下した
休日の多さ(土日祝休み)を得た 給料・収入が低下した、休みの日以外は相当な残業が強いられた
希望の勤務地(U・Iターン)を実現 転勤を命じられた
仕事内容(やりたいこと、やりがい) 想像していた仕事と異なる、前の会社ではやる必要が無かったことまでやらされる
人間関係の改善 良い人が多いが、配属先の上司や同僚と相性が良くない
職場環境が良い 使い慣れた設備やシステムが無く不便
充実した評価制度 自分の得意分野を評価する指標がない
将来性のある会社や業界に就職できた 想像以上に厳しい仕事であり、ずっと続けられるか不安
ノルマがない仕事 評価する指標が曖昧で昇給が困難

 
世の中に全ての従業員が満足する様な完璧な会社は存在しませんから、必ずあなたの意にそぐわないところはあります。仮に従業員満足度が非常に高い会社があったとしても、そんな会社は人が辞めないので中途採用は募集していません。理想郷の様な会社が存在しないのは事実ですから、自分の意にそぐわない負の部分も受け入れる必要があります。それが誰かが作った会社で働くということです。

転職で不満の改善や実現したいことを達成することは可能ですが、その裏には必ずと言っていいほど捨てなければならない良い面もあります。転職後にこの事実を知ってしまうと後悔や再転職が頭をよぎります。ですから、転職する前にこの事実を知って、それを受け入れる覚悟を持って転職に臨むことが大切です。

転職活動で出来ることは、それを限りなく小さくすることだけです。その為には全力で活動に臨むことが成功の鍵となります。


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  2. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  3. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  4. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  7. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  8. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!