チームワーク

面接で「チームワークを発揮した経験」を問われた時の答え方!

会社内にチームが存在する理由は、「個」の力を上手く結集することで、より大きな成果を上げるためです。でも、実際の現場でそれが上手く機能しているかというと、そうでもありません。

  • お互いに足を引っ張り合ってしまった
  • 連携不足で計画通りに業務が進まなかった
  • 相手に頼り切ってしまった
  • 利益を拡大するために増員したが、売上は伸びなかった

このような話が至る所にころがっています。だからこそ、チームに相乗効果を生み出せる人材というのは、どの会社でも評価されるんですね。

その為、この手の質問には、個人の高い能力や実績ではなく、チームにどう貢献したかとういう姿勢を示す必要があるのです。

また、一見すると優秀な人材であっても、個人プレイの要素が強い人材も存在します。そうした人物を採用した場合、チーム(部署)が上手く機能しないことがあります。その為、チームワークに関する質問をすることで、本人がバランスの取れた発言ができるかどうかを試しているのです。

自身の立場によって適切な回答は変化する!

チームワーク経験を問う質問は、マネージャー(リーダー)であるか、もしくはプレイヤー(スタッフ)であるか、といった自身の立場によって回答の仕方が異なります。

マネージャーの立場であるならば、「チームをリードして〇〇の成果を出した」という話が必要であり、プレイヤーであれば、「メンバーとして〇〇をすることで貢献した」といった話をする必要があります。

それぞれの立場において、どんな回答が適切なのか見ていきましょう。

プレイヤー(スタッフ)の立場での回答例
あるプロジェクトを進行中に、急遽一人のスタッフが退職することになりました。新たなスタッフをすぐには補充できず、「計画通りに業務が完遂することは難しい」といった事態に追い込まれました。そこで、私が退職したスタッフの仕事も担当することになりました。
 
直後の2ヶ月間は本当にハードワークが続き、チームメンバーに助けてもらうことも度々でしたが、その結果、当初の予定通りにプロジェクトを完遂でき、未経験だった新しい業務も習得できたことで自身の仕事の幅も広がりました。ハードワークは厳しかったですが、振り返ってみると、最も成長できた時期であったと思います。
 
当初は計画通りに業務を進めることは無理だと感じていましたが、チームのためを思って行動したことが、結果的にチームのためにも、自分のためにもなったことは大きな収穫だったと思います。

チームに貢献することを目的にとった行動が、結果的にチーム・自分自身双方にプラスに転じる。ありがちな話ではありますが、面接官にも受け入れられやすく、回答として適切です。

マネージャー(リーダー)の立場での回答例
数年前に課長として新たな会社に転職し、3人の部下を持つことになりました。2ヶ月経過した時のこと、上司の部長が急遽退職することになり、突然会社に来なくなりました。自分はまだ現場に慣れてきた程度でしたが、やむを得ず部長の仕事を引き継ぐことになり、現場の実質的なリーダーとなりました。
 
問題というのは重なるもので、一番の売り上げを上げていた部下が、部長と共に退職することも判明。一気に戦力ダウンとなり、特に辞めた部下が担当していた顧客との新しいプロジェクトが立ち上がった矢先であったため、まずはそのプロジェクトリーダーを自分が肩代わりすることにしました。
 
顧客に頭を下げ、全てのスケジュールを組み直しながら、その顧客の仕事に追加で担当者を割り当て、注力する仕事を一時的に絞る戦略をとりました。もちろん、現場は大変だったのですが、結果としてその顧客からの受注も増え、深刻な戦力ダウンがあったにも関わらず、当初の売上目標を達成し、会社からの信頼を得ることにもなりました。
 
結局、部長の後任探しは保留になり、自身は半年で課長から次長に昇進し、実質的には部長の仕事を任されることにも繋がりました。

マネージャーにとってのチームワークとは、チームメンバーをサポートすることであるのと同時に、「チームの成績を維持し、成長させることに」あります。当然、その中には危機管理対策も含まれますので、この類いの回答例は、相手にも伝わりやすい内容になります。

このように、面接官のような「初対面の相手」にインパクトのある話を伝える際は、危機対策の話を選ぶと有効に作用しやすいです。

自分自身が面接で伝えるべきチームワークとは何か?

この点をしっかりと考えて適切な答えを準備しましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. エージェント

    リクルートエージェントとパソナキャリアの特徴比較!
  2. 覚悟

    心得, 転職の考え方

    転職したいけど怖い、それは覚悟を決めていないからかもしれない
  3. 流れ

    面接

    転職面接の流れと重要ポイントの把握が心に余裕を与える
  4. 転職のリスク後悔

    転職の現実, 転職の考え方

    転職のリスクを受け入れる覚悟がないから後悔が生まれる
  5. 要注意

    エージェント

    大量の求人を紹介してくる転職エージェントには要注意!
  6. リクルートエージェント

    エージェント

    リクルートエージェントの登録方法とその後のサービスの流れ
  7. 何故の理由

    転職の考え方, 面接

    面接で転職理由として「人間関係」を語るのが絶対にNGな理由!
  8. 課題と弱み

    面接

    転職面接「当社の課題は?」に関する採用側の質問意図と回答例!