転職履歴書

短期の職歴を履歴書に書く、書かないはあなたの覚悟次第

短期の職歴は履歴書に書く必要があるのか?

これも転職の際に出てくる悩みの一つですよね。

恐らく、このページを見ているあなたの本音は「書きたくない」ではないでしょうか。短期の職歴は良い心象を与えませんから、その気持ちは凄く分かります。また、短期で辞めた理由を面接で伝える必要がある為、新たな手間も発生してしまいます。

つまり、短期の職歴にはデメリットしかないわけです。
書きたくないですよね、書かなくても大丈夫なんでしょうか?

ここは先に結論をお伝えすると「短期の職歴を書かなくても入社できるケースがあるのは事実だが、リスクを背負う覚悟と細心の注意が必要」となります。

ここでは、短期職歴を書かないことによる「リスク」と「注意事項」をお伝えしていきます。
これらを把握した上で、あなたにとってどちらが利益のあることなのかを考えて判断しましょう。

 

職歴詐称が発覚した場合のリスクについて

これは説明するまでもないと思いますが、「入社時に発覚した場合は採用取消」「働き始めて一定期間経過後に発覚した場合は解雇」が考えられます。

つまり、これを受け入れる覚悟を持っておかなければなりません。

職歴詐称が発覚したとしても、刑法上の罪に問われることはありませんし、あなたが会社にとって必要な人材となっていれば解雇されることもないでしょう。但し、会社に解雇理由を与えることにはなります。

また、万一解雇された場合には退職理由が「不当行為による解雇」となりますから、今後の人生に負の影響を与えることは言うまでもありません。

このリスクを背負う覚悟があるか。
このリスクを背負う価値があるか。

これをよく考えて判断しましょう。

入社書類から発覚するケースを想定しているか?

入社時に提出を求められる書類は会社によって異なりますが、「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」は一般的にどこの会社でも必要になります。

これらの書類から詐称が発覚するケースもあるので注意が必要です。

  • 年金手帳
  • 極稀に、過去の加入履歴が記載されていることがあります。

  • 雇用保険被保険者証
  • 直近の会社名と退職日が記載されており、提出必須の書類です。

  • 源泉徴収票
  • 直近の会社を退職した同一年に転職した場合は、年末調整の為に提出が必要です。
    直近の会社名と退職日が記載されています。

 
この事実から一つ言うとするならば「直近の会社を隠し通すことは難しい」ということです。社会保険適応前や給料を貰わずに速攻で辞めた場合は隠せますが、ある程度の期間勤めていたのならば提出書類からバレます。

つまり、書きたくない短期職歴が直近の会社である場合は難しいというのが結論になります。

逆に考えると、それ以前の会社であればバレないことになりますが、過去にさかのぼって職歴を調べる会社がないとも限りません。その場合は100%不採用となるでしょうから覚悟しておきましょう。

 

履歴書に書かない会社に勤めていた期間の問題

短期の職歴を書かないとなると、消し去った会社に勤めていた期間が「空白」となってしまう問題もあります。

転職活動していた期間にする方法もありますが、半年程度働いていたのなら、相当に転職に時間が掛かったことになります。転職活動期間が長いと「他社は採用しなかった人」とマイナスに連想されるので、今回の転職で不利益を被る可能性があります。

履歴書に書く会社の入退職年月を詐称する方法もありますが、履歴書・職務経歴書・面接での受け応えを全てをその嘘の職歴に合わせないといけなくなります。細心の注意を払わないとボロがでる可能性もありますし、「嘘を隠す面接」になるのでしんどい思いをする可能性が高いです。

この点に問題がないかもしっかりと考えましょう。

 

最後に

これらのリスクと注意事項を見てどう感じたでしょうか。

「書かないと色々と面倒でリスクも多いな・・・。」

大多数の人がこの種の感想を抱いたのではないでしょうか。
これは正解で、やっぱり詐称には面倒とリスクが伴います。

ただ、短期の職歴があって実害を感じているからこそ「書かない選択」が頭に浮かんだんだと思います。もし、短期職歴が多く、書くと書類選考すら通らないといったレベルであるのなら、覚悟を持って細心の注意を払ってやるしかないかと思います。

正直に言うと、注意点さえ押さえておけば、基本はバレないですからね。

逆に、隠すのではなく「短期の職歴になってしまった自分の非を認め、今はそれを繰り返さないよう活動をしていることを伝え、その他の部分で勝負する!」という方法もあります。

仮に、短期の職歴が1回であれば、隠す必要は全くありません。転職には「ワンミスはOK、ツーミスはNG」という格言があり、1回のミスは大目に見てくれるからです。また、隠そうとすると、面接で「嘘や触れられたくない部分をいかにして隠すか」ばかりに気を取られてしまい、肝心の部分が抜け落ちてしまうからです。

もし、短期職歴を書かない選択をするのなら、リスクを受け入れる覚悟を持ち、経歴を徹底的に作り込み、面接対策に全力を注ぐ必要があります。

もう一つ言うとすると「転職の採用基準は過去の職歴の長短ではない!」ということ。

<企業は職歴の長短を採用しているわけではない!>
 
・短期の職歴があろうが、あなたが企業の求める経験・スキルを有しているならば採用されます!
・短期の職歴がなかったとしても、企業の求める経験・スキルを有していなければ採用されません!
 
詳しくは「職歴が短いは不利、長い場合は有利を採用側から考える」で解説しています。

つまり、短期の職歴があるから不採用となるのではなく、短期の職歴を繰り返し、まともな経験やスキルがないから不採用になるということです。

これが転職採用の本質ですから、その点がずれていないかも振り返ってみて下さい。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  4. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  5. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  6. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  7. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  8. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く