転職履歴書

短期の職歴を履歴書に書く、書かないはあなたの覚悟次第

短期の職歴は履歴書に書く必要があるのか?

これも転職の際に出てくる悩みの一つですよね。恐らく、このページを見ているあなたの本音は、「可能であれば書きたくない!」にあるのではないでしょうか。

短期職歴は相手に「悪印象」を与える材料の一つです。また、短期間で辞めた理由を面接で伝える必要があるため、採用側が納得する理由(それなら仕方がないと思われるような理由)がない場合、創作による嘘がバレる・バレないなんて心配もしなければなりません。

要は、短期職歴とはデメリット以外の何者でもないわけで、書かないことを検討するのはごく自然な流れなんですね。では、実際問題として「短期職歴は書かなくてもいいのか?」というのが本題です。果たしてどうなんでしょうか?

 


 

ここは先に結論をお伝えします。

短期の職歴を書かなくても入社できるケースがあるのは事実だが、リスクを背負う覚悟と細心の注意が必要!

ここでは、この意味するところを詳しく解説すると共に、短期職歴を書かないことによる「リスク」と「注意事項」をお伝えしていきます。この事実を把握した上で、あなたにとってどちらが利益のあることなのかを考えて判断しましょう。

職歴詐称が発覚した場合のリスクについて

本当は存在するはずの職歴をあえて書かない…。

まぁ、これは当然のこと「職歴詐称」にあたるので、万一バレてしまった場合には不利益を被る可能性があります。たとえば「入社前に発覚した場合は採用取消」「入社後、一定期間経過後に発覚した場合は解雇」などが考えられます。

つまり、短期の職歴を書かない選択をする場合、これらの「不利益を受け入れる覚悟」を持っておかなければならないのです。

たとえ職歴詐称が発覚したとしても、あなたが「会社にとって必要な人材」となっていれば、恐らく解雇されることはないでしょう。(もちろん、会社によって対応は異なりますが) 但し、会社に弱みを握られることになりますし、それがどう転んでマイナスに転じるかは分かりません。

また、万一解雇された場合、退職理由が「不当行為による解雇」となるので、今後の人生に負の影響を与えることは言うまでもありません。

このリスクを背負う覚悟があるのか?
このリスクを背負う価値があるのか?

この疑問をしっかりと自分自身に問うて判断しましょう。

入社書類から発覚するケースを想定しているか?

入社時に提出する書類は会社によって異なりますが、基本的に「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」は全社共通の必須書類です。

これら3つの書類から詐称が発覚するケースもあるので注意が必要です。

  • 年金手帳
  • 極稀に、過去の加入履歴が記載されていることがある。

  • 雇用保険被保険者証
  • 直近の会社名と退職日が記載されており、提出必須の書類。

  • 源泉徴収票
  • 直近の会社を退職した同一年に転職した場合、年末調整の為に提出が必要。直近の会社名と退職日が記載されている。

 
これらの事実から一つ言うとするならば、「直近の会社を隠し通すことは難しい」ということです。

社会保険適応前や給料を貰う前に速攻で辞めた場合(数日、数週間といったレベルの場合)は隠せますが、ある程度の期間勤めていた場合は提出書類からバレます。つまり、間近の会社が短期職歴で隠したくとも、数か月、半年と勤めた事実があるのであれば、それは不可能だということです。

逆に、それ以前の職歴であれば、書かない選択をすることで隠すことが可能です。ただ、過去に遡って職歴を調べる会社がないとも限りませんし、バレた場合は100%不採用になるでしょうから、慎重に判断する必要があります。

 

履歴書に書かない会社に勤めていた期間の問題

短期の職歴を書かないとなると、消し去った会社に勤めていた期間が「空白」になってしまいます。この空白期間をどうするかを考える必要があり、これが結構な難問となります。

履歴書に書く会社の入退職年月を詐称する方法がありますが、「履歴書」「職務経歴書」「面接での受け応え」全てをその嘘の職歴に合わせなくてはなりません。細心の注意を払わないといけないのはもちろん、「嘘を隠す面接」となるのでしんどい思いをする可能性も高いです。

転職活動期間にする方法もありますが、半年程度働いていたのなら、転職するのに相当な時間を要したことになります。転職活動期間が長いと、「他社が不採用にした人」とマイナスに連想されるので、今回の転職で不利益を被る可能性があります。

この点に問題がないかもしっかりと考えましょう。

 

短期職歴に対する様々な考え方!

色々と書いてきましたが、はっきり言って「職歴は隠そうと思えば隠せる!(間近の会社を除く)」というのが実際です。過去の職歴を遡って調べる会社なんてのは一部の業界に限られ、今のご時世、そういったことも難しくなっているからです。

ただ、経歴詐称には様々なリスクや不利益が付きまとうので、「バレないなら隠してしまえ!」といった軽いノリで行うべきではありません。前述の内容から、「書かないと色々と面倒でリスクも多いな・・・」と感じた人も多いかと思います。これは正にその通りで、やっぱり「詐称」にはそれ相応のマイナス要素が付きまといます。

しかし、短期職歴が転職活動の「実害」となり、頭を悩ませている人も多いかと思います。仮に、短期職歴が多く、「職歴をバカ正直に書くと書類選考すら通らない」といったレベルであるのなら、覚悟を持って「書かない選択」をするのもアリなのかもしれません。

但し、短期職歴を書かない選択をするのなら、リスクを受け入れる覚悟を持ち、経歴を徹底的に作り込み、面接対策に全力を注いで下さい。これをしないと、「嘘や触れられたくない部分をいかにして隠すか」といったことに注視してしまい、重要な部分が抜け落ち、結局は不採用となってしまうからです。

また、短期職歴を隠さずに正直に記載し、面接で「短期職歴になってしまった自分の非を認め、今はそれを繰り返さないよう活動をしていることを伝え、その他の部分で勝負する!」という方法もあります。この方が意外に上手くいくことも多いですし、精神的にも楽です。

また、あなたの短期職歴が1回だけであれば、隠す必要は無いように思います。何故なら、転職市場には「ワンミスはOK、ツーミスはNG」という格言があり、1回のミスは大目に見てくれるからです。

 
最後にもう一つ言わせていただくと、「転職の採用基準は過去の職歴の長短ではない!」ということ。

要するに、短期職歴があるから不採用となるのではなく、短期の職歴を繰り返し、年齢相応の経験やスキルを有していないから不採用になるということです。

これが採用の本質なので、その点がずれていないかも振り返ってみて下さい。

<企業は職歴の長短を採用しているわけではない!>
 
・短期の職歴があろうが、あなたが企業の求める経験・スキルを有しているならば採用されます!
・短期の職歴がなかったとしても、企業の求める経験・スキルを有していなければ採用されません!
 
これに関しては、「職歴が短いは不利、長い場合は有利を採用側から考える」のページで詳しく解説しています。興味のある方はあわせてご覧下さい。

 

 


関連記事


転職サイトランキング