職歴短い転職不利有利

職歴が短い転職は不利、長い場合は有利を採用する側から考える

転職するにあたって、職歴の長短は非常に気になる問題かと思います。

  • 今すぐ辞めると職歴が短くなるので転職で不利になるかもしれない・・・
  • 最低3年以上は勤めた方がよいのだろうか?
  • よし、5年勤めたから大丈夫だろう!

先に結論お伝えすると、職歴の長短と有利・不利には関連性がない!となります。何故こう言えるかというと、職歴の長短なんてのは「採用の本質」からかけ離れているからです。

採用の本質とは「自社に利益をもたらしてくれる人材を採用すること」に尽きます。職歴が短くても、企業の求める条件を満たしていれば採用されますし、職歴が長くても、企業の求める条件を満たしていなければ採用されません。

 

職歴が短いが故の難しさがあるのは事実!

職歴が短い人は、十分な経験・スキルを積めていないことが考えられます。まぁ、働いていた期間が短いので、当たり前と言ったら当たり前のことです。

で、転職活動で内定を獲得するには、「企業の求める経験・スキル ≦ あなたの経験・スキル」を満たす必要があります。更に言うならば、条件を満たした人の中からNo.1が採用されるのが転職です。

つまり、職歴が短い人は経験不足から企業の求める条件を満たすことが難しく、ライバルにも勝てない。だから、転職活動で思い通りの結果を残すことができないということです。

また、転職の面接では「退職理由」が必ず問われますが、職歴が短い人は「誰もが納得できる理由」を語ることが難しい。何故なら、正当な理由ではなく、自己都合で辞めた人が大半だからです。

その結果、退職理由を創作することになるのですが、それが言い訳がましく聞こえたり、嘘だと見破られて不採用になることも多いのです。ここにも転職活動で上手くいかない原因があるんですね。

  • 職歴が短いので転職で最重要となる経験・スキルを積めていない
  • 職歴が短期となってしまった明確な理由(採用側が納得する理由)を語ることができない

ここまで見てくると、「やっぱり職歴が短いと不利じゃないか!」と思われるかもしれません。しかし、これは単に職歴だけが長い人(何の結果も残さず、惰性で長く働いてきた人)も同じです。だから、長ければ有利なんてことも一切ありません。

 

職歴が短い人に対する企業の見方と対策!

採用側の企業からすると、短期職歴の第一印象は100%マイナスです。そのため、このマイナスをいかに打ち消すかが、内定獲得に向けての重要課題となります。プラスまで持っていく必要はなく、プラマイゼロにするくらいでOKです。

企業は、短期職歴を持つ人に対して、「何か嫌なことがあればすぐに辞めるのではないか」「精神的に弱いのではないか」「逃げ癖があるのではないか」といった目を向けています。

だから、この真偽を探るべく面接で「短期職歴となった理由」を問うわけです。転職理由は職歴の長短に関係なく問われるものですが、職歴が短い場合はより深く突っ込まれると考えておきましょう。

採用側を納得させられる正当な理由があれば、堂々とそのことを伝えればOKです。

問題なのは正当な理由がない場合ですよね。
その場合に考えられる2つの対処法をご紹介します。

<対策1:嘘の理由を作る>
 
最初に浮かぶのが「嘘の理由を作ること」だと思います。
 
恐らく多くの方がこれを選択するでしょうし、面接なんてものは「嘘と本音と建前が織り交ざった探り合いの場」ですから、この行為自体に問題はありません。
 
ただ、ここで頭に入れておかなければならないのは、「採用側も嘘も方便だと知っている!」ということなんです。採用側というのは、応募者が面接で語ることが全て真実だなんて全くもって思っていません。
 
そのため、話の正当性、話している態度、表情などから嘘が見抜かれる可能性が非常に高いのが実情です。人は何か不利なものを隠そうとすうとしたり、後ろめたいことがあると、どうしても態度や表情に出てしまいますからね。
 
あなたもこれまでの人生で「あっ、こいつ絶対嘘を付いているな」なんて経験があったかと思います。だから、この対策で乗り切る場合には、嘘がばれないように徹底的に作り込まなくてはなりません。
 
ただ、徹底的に作り込んだとしても、想定外のことを聞かれたり、深く突っ込まれることでボロが出てしまうこともあります。私もこの方法で対処したことがありますが、どうしても「嘘を隠す面接」になってしまうので辛かったですね。
<対策2:素直に本当のことを語る>
 
短期職歴となった理由を素直に話す方法です。
 
もちろん上手く話す必要はありますが、本当のことを話した上で自分の甘さ(企業研究ができていなかった等)を認め、今はそれを改善して繰り返さないように活動していることをアピールします。
 
辞めた理由をある程度正直に述べ、その他の部分(企業研究、志望動機等)で勝負する方法です。こちらの方が転職理由以外の部分に力を割けますし、精神的にも楽です。
 
また「前向きな面接」に持っていきやすいので、どちらかというとこちらをおすすめします。

この二つの対策に正解はありません。

ただ、採用側は職歴が短くて転職する人の理由なんて大体分かっています。それだけでなく、転職者の考えそうなこと、やりそうなこと、全て知っています。それを考えた場合、後者の方がまっとうな対処法と言えますし、自分自身も楽ですね。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、必ず聞かれるであろう「理由」が鍵を握ることは確かです。

 

職歴が長い人に対する企業の見方と対策!

職歴が長いから転職に有利という要素は一切なく、短期職歴を持つ人よりも第一印象が良いだけです。

また、職歴が長ければ「その会社で何を成し遂げてきたのか」により注目されます。ここは「数値で示せる実績」や「昇進による地位の向上」を示したいところです。仮に、職歴に見合った実績がなければ、能力を疑われることになります。

職歴がある程度長く、それに見合った実績がある状態で、「その実績を捨ててまで転職する理由があり、その理由を払拭してくれるものが御社にある!」と伝えることができれば最高です。

これで採用側を納得させることができれば、長いこと働ける人であり、理由も明確なので採用を考えてくれます。ここまで来て初めて職歴が長いことが有利に働くわけです。職歴が長い場合は、「転職理由と志望動機の連動」&「職務経歴書の充実」を核に活動に臨むことが大切ではないでしょうか。

 
職歴の長短についてお伝えしてきましたが、単に職歴が短い・長いは何の意味も持ちません。

ただ、短期職歴を持つ場合はそれ相応の準備(理由)が必要で、ここをクリアできないと何を言っても説得力に欠けてしまいます。そう考えると、採用の合否には直接関係はないが、職歴が長い方が転職活動を進めやすいことは確かなのかもしれません。

 


関連記事


転職サイトランキング