志望動機で「英語を活かしたい」をアピールすると不採用直結!?

英語力に自信があり、留学などを通して会話できるほどの語学力を身に付けた人であれば、仕事でもこれを活用したいと考えるのが普通です。「せっかく苦労して身に付けたんだから使わないと」と考えてしまいますからね。

その結果、就職(転職)活動で志望動機を問われた際、「英語力を活かしたいから!」を前面に押し出してしまう人がいます。一見すると聞こえのいい「英語を活かしたい!」という志望動機ですが、アピール力はゼロに等しく、マイナスにしかなり得ません。

つまり、志望動機として用いると不採用に近づくだけだ! ということなのです。

この意味するところを詳しく解説していきます。

 

1.企業は「英語が話せる人」を雇用したいのではない!

英語が業務上で必要な企業というのは、「英語が話せる人を雇用したいわけではない!」ということを理解しておく必要があります。企業が求めている人材は「雇用することで自社に利益をもたらしてくれる人材」です。

これが「採用の本質」であって、それ以上でもそれ以下でもありません!

つまり、業務上で英語が必要な企業に対し、「英語を活かしたいから!」をアピールしても何の効力もないということです。英語はあくまでも「仕事をする上で必要なツール」であり、かつ「該当企業に応募する必要最低条件」に過ぎません。

採用過程で行うべきは、募集職種で結果が出せること(利益を出して貢献できる)を伝えることであり、個人の願望を伝えることではありません。つまり、英語が話せることではなく、仕事ができることをアピールする必要があるのです。

気付き

分かり易く「一般的な日本企業」で考えてみましょう!

日本企業で働く上で、「会社内の人間」や「取引先(お客様)」とのコミュニケーション手段として、日本語が話せることは前提条件です。 だから、面接の場で志望動機を問われ、「日本語を活かしたいから!」と答える人はまずいません。

何故、誰も答えないかというと、当たり前のことだからです!

でも、英語力を活かしたいと考える人は、これを「面接の場」で言ってしまっているのです。 この観点で見ると、如何に効力のない個人願望を伝えているだけか、理解いただけるのではないでしょうか。

2.志望動機の回答として適切ではない!!

もう一つ知っておいて欲しい重要事項があります!

それは、志望動機とは「応募企業でなくてはならない理由(応募企業を選んだ理由)」を語らなければならないものである! ということ。

分かり易く言うと、「何故、数ある同業他社の中でうちの会社を選んだのですか?」を聞かれているということ。つまり、「英語を活かしたいから」という志望動機は、そもそも論として「ズレた回答」なんですね。

Q. あなたは、数ある同業他社の中で、何故、うちの会社を選んだんですか?
 
A. 英語を活かしたいからです!

 
おかしいですよね?
会話が成り立っていません!
応募企業を選んだ理由としても不適切です!

採用側からすると、「英語が必要な会社(仕事)ならどこでもいいんだ…」と感じてしまいます。結果、「この応募者は英語を使うことが第一条件で、仕事云々や会社選びは適当なんだ」と解釈するので、一発不採用です。

志望動機では、「数ある同業他社の中で応募企業を選んだ明確な理由」を語り、入社意欲をアピールしなければなりません。それにも関わらず、質問とかけ離れた回答をしていては、採用を勝ち取れるはずもありません。

英語力を活かしたい…

これは、あなたの心に秘めておくべき願望です!

 

あなたの「英語力」は強く求められている!

ここまで少し厳しいことを伝えしてきましたが、「英語力がある!」というのは、それだけで市場価値が「ぐんっ!」と跳ね上がります。つまり、あなたは大いなる可能性を秘めた人材なのです。

しかし、英語を活かしたい!と考える人の多くは、「外資系企業」や「貿易関連企業」を集中して狙い、高い競争率の中に飛び込んでいく傾向があります。これは、非常にもったいない。

何故なら、昨今はあらゆる業態で世界を相手にした事業が求められ、多くの企業で「英語力」が必要不可欠となっているからです。

つまり、求人情報に英語云々の条件が記載されていない企業であったとしても、あなたの「英語力」が高く評価されることがあるのです。また、そうした企業へ応募する人の多くは英語が話せないので、あなたは唯一無二の存在になれる可能性も秘めているのです。

実際、全ての人が英語を流暢に話せる会社にいるよりも、そうでない会社にいる方が「社内での価値」を高めやすく、安定した継続勤務や、昇進・昇給にも繋げやすいです。

是非、広い視野を持って企業を選び、市場価値の高さを存分に活かして下さい!

 


 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. マイナビ転職

    転職サイト

    マイナビ転職の「スカウト」は意味がない?【応募・返信・内定率考察】
  2. 記述例

    職務経歴書

    OK・NG記述例から職務経歴書の自己PRを作成する!
  3. リクナビNEXT

    転職サイト

    リクナビネクストは無料で利用できるの?不安を解消して登録しよう!
  4. 幼稚園児

    職業

    幼稚園の先生の「仕事内容」と「一日の流れ」を知ろう!
  5. 未経験OK

    転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  6. 成功要素

    キャリア形成

    転職でキャリアチェンジを成功に導く「逆側」の思考とは!?
  7. 明暗を分ける

    面接

    面接での給料・残業・休日の質問は「どう聞くか」が明暗を分ける
  8. 転職失敗例

    心得, 転職活動

    私の犯した転職を失敗に導く活動を反面教師に!