ポイントハンド

転職の選考途中の辞退に関するルールと常識!

転職活動における選考途中(内定前後も含む)の辞退についてお話ししていきます。

基本、選考途中であっても、内定後であっても、企業の選考を途中で辞退することに問題はありません。ただし、面接の日時が確定し、先方の予定を押さえてしまった場合は、足を運びましょう。確定したアポをドタキャンしないのは社会の常識です。

特に、転職エージェントを利用している場合は、このルールを絶対に守らなければなりません。確定した面接をキャンセルする行為は、エージェントのメンツを潰すことを意味します。そうなると、あなたへの信用は急落し、今後の支援が期待できなくなります。

今の時代、どこでどうエージェント同士が繋がっているかも分かりませんし、転職サイトなどと連動しているエージェントも多数存在します。それ故に、あなたの「社会人としてあるまじき行為」が今後の活動の支障となる恐れがあります。

 


 

最もやってはいけないことが、面接当日に「今日は行けません」というもの。体調不良や仕事が忙しくてというのも、理由にはなりません。面接ドタキャンの事実は、企業にも、エージェントにも、データとして残る可能性があります。

辞退後や数年後、再転職の際、「やはり気が変わったので、もう一度受けさせて下さい」と言っても、書類すら通らない(支援さえしてもらえない)リスクを背負うことになります。

  • 日時確定後の面接辞退は避ける
  • 当日ドタキャンは絶対にご法度
  • 選考途中の辞退は、次選考の日時確定前に行う
  • 内定の辞退は、期限内に確実に行う
  • 辞退する際は、電話(メール)にて丁寧に行う

社会人としてのルールや常識に乗っ取った上で、選考を途中で辞退する行為に何ら問題はありません。しかし、ルールを無視した自分都合による辞退は、あなたにデメリットとして跳ね返ってくる危険性があります。

辞退した会社が次の転職先や取引先になる可能性もあります。「一生、この会社に応募することはない」「今後、このエージェントを利用するつもりはない」「面接を辞退するくらい問題ないだろう」などの勝手な思い込みでルールを破ることがないようにしましょう。

社会はルールを守れない人間には冷たいです!

 

 


関連記事


転職サイトランキング