離職率が低い会社に転職したい!そんなあなたにお伝えしたい3つのこと!

転職において、離職率を企業選びの基準に据える人は多いかと思います。

これを一つの基準として企業を選ぶのは間違いではないですし、
離職率が低い会社に転職したいと考えるのは当たり前のことです。

でも、そんなあなたに伝えておきたい「転職と離職率の関係」が3つあります。

  1. 転職市場に求人を出している企業は総じて離職率が高い
  2. 離職率が高い会社が「悪い会社」とは限らない
  3. 離職率の低い会社の求人は隠れている

この事実を念頭に「離職率」を有効活用して欲しいと思います。

転職市場に求人を出している企業は総じて離職率が高い!

まず、転職に臨むにあたって知っておくべき一つの事実がこれです。

企業が中途採用で求人を募る理由。
それは、人が辞める(辞めた)ので、抜けた分の人員を確保しなければいけないからです。
そう、辞める人が多い会社だからこそ、求人を募らなければならないんですね。

例えば、あなたが転職すれば、あなたが在職中(辞めた)会社は人員が減ります。
だから、あなたが在職中(辞めた)会社は人員を確保せねばならず、求人を出して転職希望者を募ります。
つまり、あなたが転職先として選ぶ会社もこれと同じだということです。

逆に、離職率が低い会社は中途採用を行いません。
何故なら、人が辞めないので、求人を募る必要がないからです。
または、辞める人が少ないので新卒採用だけで事足りるからです。

それ故に、転職市場に求人を出している企業は総じて離職率が高いということなんですね。

もちろん、全ての求人がそうとは限りません。
ただ、離職率が高めの企業(業界)の求人が多いことは紛れもない事実です。

全て纏めると以下の通りとなります。

  • 転職市場で求人を募っている会社は離職率が高めである
  • 離職率が低い会社は中途採用を行っていない
  • 他の誰かが不満を持って辞めた会社に、その人の代わりに入るのが転職
  • あなたが入社する会社は、人が辞めるような何かを必ず持っている

転職に臨むにあたって、そもそも論としてこの事実を把握しておいて下さい。

厳しいですが、これが転職市場の実状です。
これが事実だからこそ、転職市場には離職率が高い会社(業界)の求人が溢れているんですね。

離職率が高い会社が「悪い会社」とは限らない

これもとても重要なので知っておいて欲しいことです。
離職率が高い会社であっても、優良企業は数多く存在します。

そもそも、離職率が高いことには様々な原因が存在します。
無賃労働を強要される、セクハラ・パワハラが横行している、休みが無いなど、
ブラック要素だけがその原因ではないんですね。

例えば、実力主義であったり、会社からの要求が厳しいといったことも原因の一つです。
これらの会社の離職率が高い理由、それは、実力主義や会社からの要求レベルについていけず、辞める人が多いからです。

例えば、実力主義で最も分かり易いのが「営業職」です。

高い営業成績を残せる人は、より多くの給料や好待遇を受けることができます。
逆に、営業成績が残せない人は、給料が一生横這いですし、待遇は悪くなります。
上司や会社からハッパを掛けられることはもちろん、休みも削られるかもしれません。

だから、辞めざるを得ないんですね。
これが実力主義の世界です。
それ故に、実力主義の会社は総じて離職率が高くなります。

気付き

ここで一つ私の例をご紹介させて下さい。
私はアパレル最大手の超有名グループ企業で働いていたことがありました。

どんな会社だったかというと、実力主義でかつ会社からの要求レベルも極めて高い!
毎年新入社員の〇〇%は辞めるなどと言われ、ブラックと呼ばれることもある会社です。

でも、給料(ボーナス)は業界随一で極めて高かったですし、
福利厚生は充実しており、休暇などの制度も徹底されていました。
会社の業績も良好であり、本当に優良企業であったわけです。

要は、そこに一流企業が故の厳しさが存在するということなんですね。

その厳しさは「多くの人が辞めるくらいのレベル」だったということです。
こんな会社でしたから、辞めていく人は確かに多かったです。
その意味では離職率は高かったと思います。

でも、その会社で充実して働き続けている人も数多くいるわけです。
給料も良いですし、会社としては非常に優良企業だからです。
「辞めるのは非常にもったいない」と言えるレベルの企業でした。

これが社会の実態です。

離職率が高いことは、決して「悪い会社」とイコールではないんですね。
「離職率が高いから検討もしない・・・。」
これはあなたの可能性を狭める非常にもったいない行為です。

だって、その中にも優良企業が五万と存在するですから。
離職率が鬼高の50%であったとしても、半分の人は残って働いているわけです。
この事実をしっかりと頭に入れて企業選びをして欲しいと思います。

離職率を企業選びの一つの基準として活用することは良いことです。
何故なら、離職率が高いということは「人が辞める何か」を持った会社だと判断できるからです。

要は、その「人が辞める何か」が自分にとってはどうなのか?
この視点で取捨選択することが大切なんですね。

離職率の低い会社の求人は隠れている

転職市場は離職率が高い企業の求人で溢れているとお伝えしました。

でも、離職率が低い会社の求人が存在しないわけではありません。
どんな会社であっても、優秀な人材(自社の利益となる人材)は常に求めているからです。
ただ、緊急性を要していないことが多いので、表だって求人は出していないんですね。

このような会社がどんなスタンスで人材を募っているのか?
それは、「優秀な人材(自社の利益となる人材)がいたら紹介して下さい」というスタンスを取っています。

つまり、非公開求人というスタンスなんですね。
そして、非公開求人と転職希望者を繋げてくれるのがエージェントです。

だからこそ、離職率の低い会社を望むならば、エージェントの利用を検討して欲しいんです。

エージェントはあなたの実力で内定を取れるだろう企業しか紹介してくれません。
だから、あなたの望むような離職率の低い会社が紹介されるとは限りません。
あなたのキャパ次第だという側面もあります。

ただ、そこには表だって求人を出す必要のない「離職率の低い会社」が如実に存在するわけです。
だったら、それを望むならば、非公開求人に可能性を見出すべきですよね。

緊急性を要し、余裕を持って非公開にできない企業が表だって求人を募ります。
転職サイトを始め、求人誌、ハローワークなどを使ってです。

だからこそ、これらの媒体には離職率が高めの会社が多いんですね。

これが転職市場の現実です。

 
最後に!
転職と離職率の関係についてお伝えしてきました。

転職がマイナスかのような話だったかもしれませんが、決してそうではありません。
転職にはこういった側面もあるんだと認識した上で活動して欲しいんですね。
これは全て、転職後に後悔することを防ぐためでもあります。

職率が高いことは、その全てが悪ではない!
離職率が高い会社が持つ「人が辞める何か」はあなたにも当てはまるとは限らない!
離職率の低い会社を求めるならば、非公開求人にも可能性を見出す!

これが最も伝えたかったことです。

転職の成功の秘訣は、あらゆる可能性を模索することです。
あらゆる求人媒体を使い、多くの求人を閲覧して企業との出会いを増やす。
転職エージェントも含め、あらゆる転職サービスを利用する。
 
大変なことを一気にやって短期間で活動を終わらせる。
結果的にこれが最も楽な方法です。
 
当サイトでも有益な「転職サイト」「エージェント」をご紹介しています。
媒体追加、非公開求人へのアプローチとしてご利用下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  4. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  7. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  8. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!