リクルートロゴ

リクナビとリクナビネクストの違いを知って使い分けよう!

人材紹介業の大手として君臨するリクルートグループが運営するサイトに、
「リクナビ」と「リクナビネクスト」が存在します。

名前こそ似ていますが、対象者や役割は全く異なります。

そこで、ここでは両者の違いを簡単に解説しています。
自分が利用すべき求人サイトはどちらなのか?

こんな視点で参考にしていただければと思います。

リクナビを知ろう!

リクナビは一言でいうと「新卒(既卒)者が対象の就活準備サイト」です。

「リクナビ2017」
「リクナビ2018」

このように卒業年によって区分けされており、「2017年3月に卒業して就職する人はリクナビ2017」、「2018年3月に卒業して就職する人はリクナビ2018」を利用することになります。

本家リクナビでは以下のように解説されています。

リクナビ2018は、2018年卒業予定の新卒の皆様を中心として、すべての学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専)および既卒者を対象とした学生と企業を結び付ける、就職活動準備サイトです。
インターンシップ、企業研究、自己分析に役立つ情報や就活体験談やイベント情報などを提供!
就活準備を支える充実の機能であなたをサポートします。
リクナビ2018

2018年卒の新卒を採用する予定の企業を知ることができ、インターンシップ、会社説明会、合同企業説明会の情報を得たり、参加の予約・申し込みなどが可能です。

学生向けの就職活動を支援してくれるサイトであり、一部例外として既卒者(新卒として就職できず、一度も社会人経験のない人)も利用可能です。

逆に、学校を卒業し、新卒入社で社会人として働いた経験のある人は対象外となります。
新卒として入社したがすぐに辞めた!こんな人も使えません。

リクナビネクストを知ろう!

リクナビネクストは一言でいうと「転職希望者向けの求人サイト」です。

上記リクナビとは違い、社会人経験(正社員だけでなく、契約社員、派遣社員として働いた経験のある人)を持つ人向けのサービスであり、学生・既卒者・フリーター(アルバイト経験しかない人)は対象外となります。

「今、会社に属して働いているが転職を考えている!」
「今、会社を辞めて次の働き口を探している!」

こんな人が利用すべきなのが転職サイト「リクナビネクスト」になります。

リクナビネクストは求人検索の他、企業への応募や連絡ができる機能を有しており、サイト経由で独自に進めていく(応募、書類選考、面接日時の調整、面接、合否連絡)のが特徴です。新卒採用時のように、エントリー、説明会、といった手順は存在しません。

 

まとめ

以上が「リクナビ」と「リクナビネクスト」の違いです。
最も大きな違いは利用対象者(ターゲット)が異なるということですね。

自分はどちらを利用すべきか?
この疑問は解決できたでしょうか。

・新卒採用を目指す学生(既卒)⇒ 「リクナビ」公式サイトへ
・社会人経験を持つ転職希望者 ⇒ 「リクナビNEXT」公式サイトへ

新卒採用ならリクナビ!
転職ならリクナビネクスト!

こう言われるくらい両者共にその分野の代表的なサイトです。
有効活用して就職(転職)を成功に導きましょう!

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 三本

    エージェント

    転職エージェントが「食事」を誘う3つの理由と対策!
  2. 未経験者歓迎

    企業選び

    未経験者歓迎の意味と企業側の意図を知ろう!
  3. 働く女性

    女性の転職

    30代女性が事務職への転職でアピールすべき「安心・安定感」とは?
  4. 質問回答

    面接

    転職面接で「辞める必要はないのでは?」と問われた時の回答例
  5. 会社不満退職

    転職の現実

    今の会社が不満で転職を考えているあなたに伝えたいこと
  6. 真実と嘘

    職務経歴書

    職務経歴書の適正枚数は2枚!という常識に潜む嘘とは?
  7. もったいない

    転職の考え方

    転職するのがもったいない人!あなたは得難いものを捨てようとしているかもしれない
  8. geekly

    エージェント

    Geeklyの「評判」から見えてきた2つの利用価値!