リクルートエージェント

リクルートエージェントは「既卒者」でも利用できるの?

リクルートエージェントは既卒者も支援してくれるのだろうか?

既卒未就職状態からの脱却を目指している人にとっては気になりますよね。

この実態について調査してみました。

リクルートエージェントにおける既卒者利用の実態

リクルートエージェントの公式サイトでは以下のように定義されています。

リクルートエージェント既卒

言葉を濁さず要約すると「正社員としての実務経験がない既卒者に紹介できる求人は極少のため、サービスを提供できない可能性が高いです!」ということですね。

残念ながら、これが既卒者利用の実態です。
転職エージェントは「転職」を支援するものですから仕方のない部分でもあります。

「登録を試みてみたものの、利用できない主旨のお断りメールが届いた・・・。」

この結果となる人が大半を占めるようですね。

 

利用できたとしても価値は薄い!?

リクルートエージェントの回答内容から判断すると、可能性がゼロだとは言っていないので、既卒者であったとしても「正社員として通用するような経験・スキルを有している」と判断されれば利用できる可能性があることになります。

ただ、利用できたとしても「優先順位を低く設定される可能性が高い!」と考えられます。
その理由は、以下の条件を持つ「就職希望者」として扱われるからです。

  • 紹介できる求人が極端に少ない
  • 社会人経験がないので市場価値が低い
  • 未経験への応募となるので、年収が低く、企業から支払われる料金(売上)も低い

優先順位が低くなると、有益なサポートを享受できない可能性が高まります。
結果的にこれが「就職を実現できない・・・」に繋がってしまうんですね。

全ての人がそうだとは言えませんが、可能性が高いことは否めません。

既卒者属性を活かせるエージェントを利用するのが賢い!

昨今、転職(就職)支援サービスは充実の一途を辿っており、
既卒未就職者や第二新卒に特化したサービスを提供する会社も増えています。

これらの会社を利用すれば、既卒者をメインターゲットとして優先対応してくれます。
また、扱っている求人も「未経験可」となりますから、就職を実現しやすいのは言うまでもありません。

リクルートエージェントにダメ元で登録してみるのも一つの手ですが、
既卒者属性を優先してくれる会社を選ぶことがベターな選択ではあります。

当サイトでも既卒者の支援に強いエージェントをご紹介しています。
⇒「既卒者におすすめのエージェント【厳選3社】
是非、利用を検討していただければと思います。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  4. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  5. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  6. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  7. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  8. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!