DODA

DODAは既卒者に「最適」なエージェントなのか?

DODAは既卒者(卒業後未就職)の利用に適したエージェントなんでしょうか?

転職支援サービスを提供する会社ですから、正社員としての就業経験がない既卒者には厳しい側面がありそうです。実際のところはどうなんでしょうか。

この疑問を解決するため、DODAの既卒者利用について調査してみました。

 

DODAは既卒者の利用を不可とはしていないが…

DODAの公式サイトでは以下のように回答されています。

doda既卒

転職エージェントは「利用不可」などの断定表現を避ける傾向があるので、言葉を濁さず要約すると「正規社員としての就業経験がない既卒者を支援するのは難しい」ということですね。

各種情報を調査してみると「既卒未就職状態で申し込みをしてみたが、支援できない主旨のお祈りメールが届いた」という結果となる人が大半のようです。残念ですが、これがDODAの既卒者利用の実態です。

また、万一利用できたとしても、優先順位を低く設定され、後回し的な対応を受ける可能性も高いです。これでは、既卒状態から正社員への就職を実現できる可能性も低くなります。

そのため、「DODAは既卒者に最適なエージェントではない!」という評価で間違いはないでしょう。

ただ、落胆する必要は全くありません!
これはあくまでも転職支援サービスを提供するDODAでの話です。

 


 

既卒者をターゲットとしているエージェントを選ぼう!

昨今、転職(就職)支援サービスは充実の一途を辿っており、既卒未就職者やフリーターなど、社会的な立場が弱い人をターゲットにしている会社が増えています。

これらの会社を利用すれば、既卒者でも「メインターゲット」として扱ってくれるので、期待通りの支援が受けられます。また、扱っている求人も「経験を問わない未経験可」となるので、就職を実現しやすいのは言うまでもありません。

それ故に、利用できる可能性が低い「DODA」を検討するよりも、「既卒者を確実に優先対応してくれるエージェント」を選ぶのが賢明ではないでしょうか。

是非とも利用を検討して欲しいと思います。

<既卒をターゲットとする会社で可能性を見出す!>
 
⇒「既卒者におすすめの就職エージェント【厳選3社】
 
最適なエージェント選びの参考にご利用下さい。

 


関連記事


有益な転職サイト