ピタジョブ

ピタジョブの口コミ評価(特徴、メリット、デメリット)を探る!

ピタジョブは新しい価値を提供してくれる新興転職サイト!

転職することが珍しくなくなった今、それに伴って転職支援サービスは充実の一途を辿っています。その中で誰しもが利用するのが「転職サイト」なんですが、特に大手(リクナビNEXT、マイナビ、エン)は実に多くの転職者が利用しています。

もちろん、大手転職サイトには非常に利用価値があるのですが、「大手であるが故の弊害」が現れてきたのも事実です。

  1. 利用者(ライバル)が多く内定を勝ち取ることが難しい
  2. 求人を閲覧するだけで時間が掛かる
  3. 自分に合った会社を見つけるのが困難

この弊害が「大手サイトから応募しても内定に繋がらない」「応募したい企業がない」という問題を生んでいます。事実、人気企業への応募は何百、何千という規模になっており、とんでもない倍率になっているんですね。

そうした状況から、転職者のニーズが多様化してきているのが今の転職市場なんです。そうした中で、特に転職者が求めているニーズが3つあります。

  1. ライバルが少なく、内定を勝ち取り易いサイトを利用したい
  2. 企業選びをもっと効率良く短時間で行いたい
  3. 自分に合った良質な求人を素早く見つけたい

あなたも、いずれかのニーズを求めていることはないでしょうか?

もしあなたが、これらのニーズを抱えているのなら求人・企業情報サイト「ピタジョブ」を強くおすすめできます。その理由は、当サイトがそんなニーズを解決してくれる「新しい価値」を提供してくれるサイトだからです。

ここでは、そんな「ピタジョブ」に関して、口コミ内容、求人特徴、メリット、デメリットからこのサイトが提供してくれる新しい価値についてお伝えしていきます。

 

ピタジョブの特徴と口コミ

ピタジョブは、その名が示す通り「企業の求める条件と自分の求める条件を瞬時にピタッとマッチングしてくれる」という機能をもっています。

この機能を有している為に、「求人閲覧時間の短縮」「あなたに合った企業の抽出(ミスマッチの軽減)」を実現してくれるんですね。また、「求人・企業情報サイト」の名の通り「求人掲載企業の情報量も圧倒的に多い」という特徴も兼ね備えています。

実際に利用しているユーザーからは以下の口コミ評価を得ているサイトです。

「情報量が豊富で分かり易い」
「応募に繋がる企業を短時間で見つけられるようになった」
「自分にとって良質な企業が見つけられる」
「何が足りないのかを瞬時に判断できて便利」
「企業が求める人材も分かるので、何をアピールすべきかも知ることができる」

ピタジョブは「マッチング機能」や「豊富な情報量」を武器に、今までの転職サイトにはない「新しい価値」を提供してくれるんですね。

ピタジョブの求人特徴

ピタジョブは2015年にサービスが開始された新興サイトですから、転職者にまだあまり知られていません。つまり、利用者が少ない(ライバルが少ない)状況であり、内定を勝ち得やすいサイトと言えます。

ただ、新しいサイトであるが故に「求人数が少ないのでは?」という不安を抱くと思います。ですが、その点も心配無用で、求人保有数は20,000社を超えており、新着求人に関しても業界内の上位レベルに到達しています。
ピタジョブ求人数

何故、この求人数を実現できるのかというと「大手転職サービスの求人」「ピタジョブ独自の求人」「企業HPにしか出ていない求人」の3種類を扱っているからなんですね。

ピタジョブ求人数

提携している大手転職サービスの求人を「ピタジョブ」から纏めて閲覧・応募することが可能です。また、ピタジョブ独自の求人も当然あります。また、面白いのが「企業HPにしか出ていない求人」を扱っているところです。この求人を分かり易くお伝えすると「転職サイトなどに求人掲載しておらず、HP上のみで募集している企業の求人」となります。

 

ピタジョブを利用するメリット

今までの転職サイトには存在しない「あなたと企業のピッタリ度」を求人毎に表示してくれる機能。これこそがピタジョブの利用する最大のメリットです。あなたの保有するスキルや希望条件を登録しておけば、後は自動的に求人を閲覧する度にピッタリ度を一目で確認できます。
ピタジョブマッチング

 
ピタジョブ収入

気になる企業とのマッチング度を瞬時に把握することができますから、希望に合わない求人を閲覧する無駄な時間を短縮できます。また、逆にあなたのスキルや希望条件にマッチした企業を抽出することも可能ですから、採用過程を通過しやすいであろう企業を見つけることもできます。

また、企業が求めるスキルも分かり易く表示されており、採用側が何を求めているのかを知ることができます。つまり、応募書類や面接において「何をアピールすべきなのか」を瞬時に判断することも可能です。

 
更に、「直近に勤務していた会社」と「閲覧している会社」の比較データも表示されます。つまり、直近の会社と比較して「何が優れていて」「何が劣っているのか」を客観的に見ることができます。これも全ての求人毎に自動で表示されます。
ピタジョブ企業比較

これらのマッチングデータと比較データがあれば限りなくミスマッチを防ぐこともできますよね。

ピタジョブが提供するこのツールこそが、今までの転職サイトにはない新しい価値となります。転職サイトもどんどん進化を続けており、今後、間違いなく利用者が増えていくだろう「利用価値の高い転職サイト」と言えるのではないでしょうか。

つまり、利用するのなら知名度が低い「今」がチャンスだということです。

ピタジョブを利用するデメリット

ピタジョブには利用することによるデメリットは特にありませんが、新興サイト故の残念な点があります。それは、データ不足の企業も存在するというところです

上記で取り上げた以外にも様々な比較ができるのですが、データ収集中の企業は全てのデータ比較ができないことがあります。これは月日が経つにつれて解消されていくでしょうが、中にはそんな企業も存在します。これはピタジョブの利用価値を下げますから残念な点ですが、新興サイトということで少し我慢が必要な点ですね。

 
以上が「新興転職サイト:ピタジョブ」となります。

この新しい価値を享受して、あなたの転職ニーズを解決してみてはいかがでしょうか。

*ピタジョブは既にサービスを終了しています!
 
利用登録は「ピタジョブ」公式サイトよりどうぞ!
 
登録内容に関しては「ピタジョブの登録・初期設定方法」にて画像付きで詳しく解説しています。初期登録時の参考にご利用下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 休日

    面接

    面接で「休日の過ごし方は?」の質問をする企業の意図と回答例!
  2. 重視すること

    面接

    面接で聞かれる「転職で最も重視することは?」の回答例と質問意図
  3. 閃く

    職務経歴書

    派遣から正社員に転職する場合の「職務経歴書」記載ポイント
  4. もったいない

    転職の考え方

    転職するのがもったいない人!あなたは得難いものを捨てようとしているかもしれない
  5. マイナビジョブ20s

    エージェント

    マイナビジョブ20’sは既卒未就職者も使えるのか?
  6. マイナビエージェント

    エージェント

    マイナビエージェントの登録方法とその後の流れ
  7. 日程変更

    面接

    転職面接の日程は変更しない方が良いのか?
  8. 無視は駄目

    エージェント

    転職エージェントへの「美人・かわいい」という感情に潜む落とし穴!